« 白龍のじゃじゃ麺を家で味わう | トップページ | 気骨の人、城山三郎さん »

2007/03/22

松島、瑞巌寺へ

 日本三景のひとつ、松島は仙台から電車で30分あまりでいけます。仙台にきた3年前にいって以来、この観光地には行ったことがありませんでした。昨日、松島にある瑞巌寺に行ってきました。このお寺は、伊達政宗が建立したもので、本堂、庫裡が国宝に指定されています。見事な建物です。

 庫裡。中には高村光雲(高村光太郎の父)の作った観音像があります。
Imgp0461

 本堂。中の襖絵は復元模写ながら、見ごたえがあります。
Imgp0469

 また境内にあり宝物館にも、貴重と思われる所蔵品が多く展示されてます。以前、松島に行ったときには、なぜかここは訪れていません。もっと早く訪れれば、とちょっと後悔しました。

☆美術品の詳しいことはこちら

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松島、瑞巌寺へ:

コメント

>この鳥瞰図、見たくなりました。大学生の身分を明かしたら見せていただけるかしら

美大なら歓迎光臨でしょう、知人はD1で専攻が美学だったはず。

ご参考:吉田初三郎の広告図案の例
http://homepage1.nifty.com/kurochan/link6.htm

投稿: デハボ1000 | 2007/03/26 00:23

デハポ1000さん
瑞巌寺の宝物館って、敷居が低そうに感じました。この鳥瞰図、見たくなりました。大学生の身分を明かしたら見せていただけるかしら。

投稿: 自由なランナー | 2007/03/25 08:45

観光図案の大家に昭和初年ごろ吉田初三郎さんと言う方がいらしゃいまして、瑞巌寺の周囲の鳥瞰図(観光パンフレット用)もかかれています。それは今の「広告」に通じるものがあるんです。

そこで知人は、瑞巌寺の博物館で「あると聞いているが」と相談したところ、研究家(文学部のD1でしたからそう思われてもおかしくない)「これはこれは・・・」と別室で見せてもらったそうです。見に来る人は珍しいが、見るだけの価値があったと聞いております。

投稿: デハボ1000 | 2007/03/23 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。