« ノラ・ジョーンズ:not too late | トップページ | 夕張市美術館の閉館に思うこと »

2007/02/05

宮城県美術館の「アートみやぎ2007」

 昨日は久しぶりに宮城県美術館に行ってきました。いま、企画展「アートみやぎ2007」が開催されています。この企画は宮城県ゆかりの現代作家の仕事を紹介するシリーズ展。出展しているのは、30代から70歳まで、年齢、作風も多彩な8人です。その作品も、絵画、写真、インスタレーションなど様々。
 これだけ、いろいろな現代アートをみせられると、ちょっと戸惑います。8人の作家のうち、その作品と会話ができたのは、3人かな。あとは、うまくコミュニケーションが出来なかった気がします。
 いちばん、印象に残ったのは及川聡子さんの作品。日本画の新しい境地が感じられます。
 機会があれば、再訪して、作品と語り合いたいと思います。

アートみやぎ2007WEB

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/13787012

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県美術館の「アートみやぎ2007」:

コメント

デハポ1000さん
なるほど、シュールですね。でも、佐藤さんの作品、見慣れてくると(?)面白味を感じてきます。

投稿: 自由なランナー | 2007/02/25 22:19

>以前、教えていただいた佐藤淳一さんの作品は、水門をひたすら撮ったもので、会話は成立しませんでした。

他にもあるんです彼の作品は。シュールです。撮影に同行したこともあります。
ご参考:かれの個人的サイト。
http://www.jsato.org/

投稿: デハボ1000 | 2007/02/23 23:06

デハポ1000さん
コメント遅れてすみません。
そんな、芸術の認識感のはるか高くはありません。
以前、教えていただいた佐藤淳一さんの作品は、水門をひたすら撮ったもので、会話は成立しませんでした。うちの大学の先生なのに、残念です。

投稿: 自由なランナー | 2007/02/13 18:59

>8人の作家のうち、その作品と会話ができたのは、3人かな。あとは、うまくコミュニケーションが出来なかった気がします。

いや、ここで「会話」という言葉をお使いになるところに、(比較対象として不祥なるも)当方に比べ、芸術の認識感のはるか高きこと、及び認識感に自分の主義主張がとりこまれているところを、「味わ」せていただきました。

投稿: デハボ1000 | 2007/02/11 13:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。