« ひとり「牡蠣鍋」 | トップページ | 酸っぱい林檎 »

2006/11/20

宮城県美術館の賑わい

 昨日は、午後から宮城県美術館へ。お目当ては「パウル・クレー 創造の物語」です。すでに、先月から始まっていますが、週末仙台のいないことが続き、やっといくことができました。 このパウル・クレー展は、川村記念美術館、北海道近代美術館から巡回してきたものですが、国内有数のクレー作品を所蔵する宮城県美術館から多くの作品が出展されています。
 チケットを買い会場にはいると、かなりのひとがいます。ちょっと意外。この美術館の企画展は、玄人好みのものが少なくなく、鑑賞者が多くないこともよくあります。ちょうど、学芸員さんによるギャラリートーク「ウィークエンド・トーク」が始まりました。10人以上の人が聞き入っています。宮城県美術館にしては珍しい賑わいではないでしょうか(関係者の方、すみません)。

Img_6372

「パウル・クレー 創造の物語」、約160点の作品が内外のミュージアムから集まった本格的なクレーの回顧展です。おすすめです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県美術館の賑わい:

コメント

ヒロ子さん
こんにちは。
このクレー展は、かなりいい作品が揃っていると思います。ぜひ時間をつくっていってください。
宮城県美も週末は、夜遅くまで開館してほしいですね。

投稿: 自由なランナー | 2006/11/25 10:18

クレーは大好きなので、とても見に行きたいのですが、なかなか行く暇がありません。せっかく平日が休みになっても、美術館も休館ですし。無理に時間を作らないと、終わっちゃいますよね。

投稿: ヒロ子 | 2006/11/23 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。