« 日本とアメリカのアマゾン | トップページ | 鉛筆は MONO派 uni派? »

2006/11/05

週刊文春のカルティエ

 今週号の週刊文春をみて、ちょっとびっくり。派手なカルティエの広告が目をひきます。まずは、表紙が折り込みになっていて、それを広げると…。

Cartie1


 華麗な虎の図。片隅にアクセサリー(豹の指輪)が配されています。この絵の作者は、日本画家の河島淳司氏。『時代を映す鏡。引き継がれていく美のDNA』のコピー。

裏表紙の前のページには、ちょっと幻想的な花の絵。日本画家・鳥山玲氏。これも絵の中に花をモチーフとしたアクセサリーが配されます。『ジュエラーは、自然のエッセンスを結晶させる』

Cartie2


 その前のページには、美術史家・山下祐二の文章。そして裏表紙もカルティエの広告。

Cartie4

 なんとも贅沢な宣伝です。


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊文春のカルティエ:

» カルティエ 結婚指輪について [カルティエ 結婚指輪]
カルティエ 結婚指輪情報満載のHPです。より良い記事をアップしますので、宜しくお願い致します♪ [続きを読む]

受信: 2006/11/08 00:11

» 結婚指輪を選ぶ【冠婚葬祭情報web】 [冠婚葬祭情報web]
●結婚指輪 [続きを読む]

受信: 2006/11/28 07:50

コメント

カルティエの美術心、なかなかです。展開が、ほんと斬新。

投稿: 自由なランナー | 2006/11/11 08:27

カルティエと和。
屏風に宝石がちりばめられているようで、斬新ですね。
すごく見事な広告。実物を見たいです!
雑誌といえど、捨てられなくなっちゃいそうですね。

投稿: | 2006/11/07 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。