« 今が旬の、甘い桃 | トップページ | 夏休みは、いつですか »

2006/08/15

科目試験に合格しました

 こんなとこでご披露することではないんですが、大学の科目試験に合格しました。「東洋美術史」です。この科目、ムサビ通信生の間では、超難関として有名。今月初めの試験、5回目の挑戦で、やっと受かりましたよ。
 
「東洋美術史」は、美大ではいわば教養課程の科目。本来は1,2年次で取得するものです。4年にもなって、なぜ、いまごろこんな基礎科目を受けているかって? この東洋美術史の単位取得が、学芸員資格取得の条件なのです。ともあれ、ひとつ山(丘かもしれないな?)を越えた感じです。
 
 ちなみに、この前受けた試験問題のうち、一問を公開してみます。

問題】キジル第38窟の壁画を描くために使われた濃青色の顔料は何か

 この秋、アートナビゲーターを受けようと思っている腕(頭)に自信のある方どうでしょうか?これがさらっと答えられたら、かなりの東洋美術史通です。

☆答えを知りたい方は、コメントをください。こっそり(?)教えます。

教科書は、こんなになってます
Img_5439


 通信の科目評価の方法はいくつかあります。面接授業(スクーリング)がない科目(教養的基礎科目に多い)は、課題(レポート)と科目史試験で評価がされます。それも、課題は試験を受けられる条件でしかありません。つまり2単位の科目の場合、2回の課題を提出し、それがC以上の評価を得られた段階で、科目試験が受験できます。しかし、その科目の評価は、科目試験の成績のみでされます(課題の成績は加味されない)。試験に合格しなければ(試験の合格ラインは60点以上)その科目は評価されません。たとえば課題が2回ともAでも、試験が60点ぎりぎりだと、科目はC評価です。厳しいシステムです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 科目試験に合格しました:

» 通信教育でハヤリの資格をゲットしよう! [通信教育@ナビ]
ウェブデザインやネットでの株取引を学んでみませんか?そのほか様々なジャンルの講座を紹介しています! [続きを読む]

受信: 2006/08/16 22:08

コメント

demain_soir さん
おめでとうございます。3回目で合格なんてすごいです。私なんか、5回目ですからね。
これで、学芸員取得に大きく前進ですね。私も追い越されないよう頑張ります。

投稿: 自由なランナー | 2007/02/05 22:50

こんにちは。私も年度最後の試験で合格できました。点数はギリギリでしたけど。
頂いたアドバイスどおり、教科書に繰り返し繰り返し目をとおしておいたのが良かったようです。

一つ山を越えましたが、こちらは卒業までまだ最短で2年間。先は長いです。

投稿: demain_soir | 2007/02/04 05:31

tomomi-maruさん
こんにちは。お久しぶりです。
あるがとうございます。通信の大学はなかなか大変ですが、なんとかやっています。
でも、この東洋美術史はほんと大変でした。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/23 08:06

明るい空さん
こんにちは。
貴重は情報ありがとうございます。
私はは石関係、あまり興味がないのでラピスラズリは初めて知りました。古代の顔料、とても面白そうです。
こんど上京の折には、紀伊国屋によってみます

投稿: 自由なランナー | 2006/08/22 07:56

お久しぶりです。MAUの通信教育をされていたんですか!恥ずかしながら私はMAU卒ですが東洋美術史、西洋美術史すべてやりませんでした。もう覚える事が一杯ありそうだったので手もつけませんでした。
アートを好きな人が学芸員になってくれると頼もしいですね。頑張ってください。

投稿: tomomi-maru | 2006/08/21 09:10

うさこさん
こんにちは。
ありがとうございます。大変でしたが、私のようなオジサンでもなんとかなるので、うさこさんなら簡単かもしれません。頑張ってください。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/21 07:34

お久しぶりです。まずは凄いですね。そして、合格おめでとうございます。あれって難しいので有名ですもの。うーーん感動。

でもね、この問題だけは私でも出来ました。というか当時の顔料で青といったらたいていラピスラズリですよね。私はビーズが好きでかつて良く作ったのですが、そのうち半貴賓石を使いたくなり、いろいろと調べた事があります。その中でラピスラズリという石が気になり、ネックレスなどいくつか持っています。多少高価な石ですが、半貴賓石なので、手が出せないものではないです。新宿紀伊国屋の一階の石屋さんで買えますから、ぜひ、現物をお手にとって見てくださいね。柔らかい石なので、顔料にしやすかったそうですから、扱いは慎重にしないとすぐに傷つきます。でも、これが古代珍重された青かと思うと胸に来るものがあります。ぜひ、探してみてくださいませ。

それにしても素敵な夢をお持ちでいらっしゃいますね。それに向かって頑張られていらっしゃる姿には敬服いたします。私も頑張らなくちゃv

投稿: 明るい空 | 2006/08/20 14:21

わー、合格っ! やりましたね〜(^_^)v

そうそう、超難関と聞いている
MAUの東洋美術史。私はぜーんぜん、
手をつけていません。。。(^_^;)
自由なランナーさんで5回目…!??
そんな、私なんかどうなるんでしょう。
心配が恐怖に変わりそうな勢いです。
でも単位取得をしなければならないので
がんばらねばっ。

ホント、おめでとうございます!

投稿: うさこ | 2006/08/18 12:44

ふうかさん
こんにちは。
芝木好子さんの「貝紫幻想」、興味惹かれますね。こんど、時間があったら読んでみたいです。

解答ですが、「ラピスラズリ」です。瑠璃ともいわれる鉱石。そこから抽出した顔料もラピズラズリといっているようです。中央アジアにあるキジル石窟にある鮮やかなラピズラズリ色で描かれた壁画は、見事な作品のようです(私も写真しかみたことがありません)。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/18 11:27

デハポ1000さん
こんにちは。
社会人の教育マーケットは、大きなものかもしれせんね。通信教育も、いつもCMやっているし。学びたい人、意外と多いのでは。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/18 11:14

a_demain_soirさん
この科目の難関さは、ほんとすごい。でも、オジサンの私でも5回で受かったので、若い方はもっと簡単だと思いますよ。がんばってください。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/18 11:11

163さん
こんにちは。
いやいや、この科目は大変でした。「東洋美術史」突破しないと、学芸員資格が手にはいらなので、ある意味大変なカリキュラムかも。でも、学芸員も試験とかで、取得に厳しくてもいいかもしれません。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/18 11:08

FUKAWAさん
社会人になってから学ぶことは、違った観点でアプローチができ、面白いな、と感じることが多いですね。大変だけど、生涯学習は意味があることだと思いますね。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/18 11:04

おめでとうございます
難関突破ご苦労様でした
皆さんコメントでお聞きになっておられないということは皆さんご存知なのですね??う~~~む(恥)
芝木好子さんの「貝紫幻想」を読み終えたばかりなのですが、こちらは染料なのですがシェル・パープルといって貝から染料を採るお話です
さて、濃青色の顔料はなにでできていますか?お教えくださいませm(__)m
日本画の千住博さんのブルーもすてきですね
「千住・スペシャル」という名前だそうですよ(;^_^A

投稿: ふうか | 2006/08/18 06:19

私の机上に、設計計画の教科書を書くための資料がのっていますが、写真となんかよく似た体裁だと思ってみると・・・「プロダクトデザイン」という大学の教科書でした。要するにわたしのも通信教育のテキストなのですね。

投稿: デハボ1000 | 2006/08/16 20:33

合格おめでとうございます!
5、6回目にしての合格って、よく聞きます。
ということは、私は今年度の合格は無理かも。
とほほ・・・
私も教科書をもっといじめながら頑張らなくてはと思いました。

投稿: demain_soir | 2006/08/16 04:43

単位取得おめでとうございます。
ホント、東洋美術史は当学部最大の難関かもしれませんね。(^^;

先日スクーリングで、某先生が
「これで皆さんにも、学芸員の資格が転がり込みます」とコメントされ、驚愕でした。
そんな言い方が許されるようなカリキュラムでいいのでしょうか?とも思いました。

ちょっと横道にそれました、すみません

投稿: 163 | 2006/08/15 22:08

おめでとうございます。
私もここ数年、仕事関係の通信教育に取り組んでいます。
以前は「仕事は現場で学ぶもの」と思っていましたが、やっぱりきちんと体系的に勉強をするのは大いに意味がありますね。

投稿: FUKAWA | 2006/08/15 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。