« 梅雨明けの東京で | トップページ | 学食のランチ »

2006/08/01

黒板のある教室で学ぶ

 Dsc001192 きのうからムサビの本校で、勉強です。大学は、国分寺から西武線で二つめの鷹の台駅から歩いて20分と、ちょっと遠い。夏期のスクーリング(通信過程の面接授業)に出席するのは初めてですが、一大イベントのようです。駅に8時過ぎにつくと、大きな作品を抱えた人が目につきます。実技系の作品課題なんでしょうか。暑いなか、学校までの道のりが、ちょっと大変そうです。
 私の授業科目は「文化支援研究」。6月に受けたスクリーングでは、ミュージアムでの実習があったのですが、今日からの授業は、ずっと講義です。先生の授業は、ハードながら、面白く、興味深いテーマで、飽きることがありません。
 教室には黒板があります。先生は、 白いチョークで板書しながら、授業をしてくれます。少しだけ、懐かしい気持ちになりました。
 さて、今日も大学です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒板のある教室で学ぶ:

コメント

bubu@さん
そうなんですね。黒板のある教室、少ないようです。うちの息子の学校は、まだ黒板。おじさんからは、ちょっと郷愁がかんじられます。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/05 21:19

daisyさん
はじめまして。
私も武蔵美の通信なんて、入る直前に知りました。大学の通信課程にいくことになるなんて、自分でも信じられません。でも、まったく違う生活が堪能できます。おすすめします。

やっぱり圧力釜、良さそうですね。こんどの休みに店に見に行こうかな、と思います。
また、お越しくださいね。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/03 22:21

デハポ1000さん
朝鮮大学校のそばなら間違いありません。のどかな場所です。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/03 22:17

黒板がある学校も少なくなって来てるようですね。ホワイトボードが主流になりつつあるようで、今年出来た京都の同志社や立命の小学校も黒板がもう無いようです。

投稿: bubu@ | 2006/08/03 00:06

はじめまして。
以前から興味深く拝見させていただいています。
仙台在住のものです。
武美に通信課程なんてあるんですね。
私も時間が落ち着いたら是非チャレンジしてみたいなと思いました。
あと、以前の記事のことで申し訳ないのですが、玄米を普通の炊飯器で炊くときにお湯でといてからだと1時間くらいで炊いても美味しいみたいです。3合に対しヨーグルトを大匙2杯くらい入れるとギャバがアップするともテレビで言っていました。私は圧力鍋でたいていますがモチモチになりますよ。

投稿: daisy | 2006/08/01 23:01

貴大学にお邪魔したことはないのですが、国立駅から北方にバスをのると、誘導員の指示と無線で(単線の鉄道と同じように)閉塞運転をおこなっている立川バスがありますね。それには乗りに行きました(爆笑)。終点が大学の近く(+朝鮮大学校の近く)ですからたぶん間違いないと・・・

投稿: デハボ1000 | 2006/08/01 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。