« 「卒論」、書けるでしょうか? | トップページ | 仙台の「茶豆」 »

2006/07/18

ブリジストン美術館の心地よさ

 きのう、仙台に帰る前に、久しぶりにブリジストン美術館に行ってきました。この美術館のカレンダーが我が家にあるのですが、今月はマティスの「縞ジャケット」。この作品を女房が気に入って、「本物」を見にいってきました。折しも「なつの常設」と題し、このマティス作品も展示されています。
 ブリジストン美術館は、いつ訪れても、心地よくなります。来館者も多くはありません、好きな絵を、じっくりと見られます。しっかりとしたパンフレットも、受付で渡されます。絵画を楽しむ時間が、贅沢で濃厚です。このミュージアムの、余裕がある雰囲気がとても好きです。京橋、というロケーションもいいのでしょうね。
 
 ブリジストン美術館でお気に入りの絵画をみて。そのあと銀座で一杯、なんてコースが最高なんでしょうが、単身赴任オヤジには、ちょっと難しい夢かもしれません。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブリジストン美術館の心地よさ:

コメント

shamon さん
こんにちは。
ブリヂストン、落ち着いてみられるミュージアムです。この常設展もいいです。さりげなく、素敵な作品が並びます。

投稿: 自由なランナー | 2006/07/23 21:31

こんばんは。

「なつの常設展示」、行ってこられたのですね。私も来週仕事帰りに行く予定です。

あの美術館は目立たないけどいい作品をしっかり押えているので大好きです。

投稿: shamon | 2006/07/20 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。