« ココログ、メンテナンスのためお休みします | トップページ | COOL BIZの普及度 »

2006/07/14

AHAUS(アーハウス)という雑誌

 先週、仕事で青森に行った折、珍しい雑誌を手に入れました。「AHAUS(アーハウス)」というデザイン性の感じられる雑誌。サブタイトルにARCHITECURE,DESIGN,LIFEとあり、建築とデザインをテーマにした本です。これ、青森で発行されているもので、現在今年の3月の出たものが最新号。Img_5354

 この号では、昨日開館された青森県立美術館の特集です。「祝 青森県立美術館完成」と題された記事では、美術館を設計した青木淳さんのインタビューがとてもおもしろい。また、かなり細部まで取材した美術館の紹介もあります。
 このAHAUS、創刊号の特集は「前川國男と弘前」、2号は「青森・モダニズム残像」が特集。これも心惹かれるテーマです。青森のこのようなすてきな雑誌があったとは、ちょっと驚きです。

アーハウスウェブ

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AHAUS(アーハウス)という雑誌:

» prestito veloce dei soldi [prestito veloce dei soldi]
prestito auto istante prestiti di allievo di governo federale 500 prestiti di giorno di paga [続きを読む]

受信: 2006/07/14 23:28

コメント

photo_hiyoriさん
こんにちは。初めまして。ご来訪ありがとうございます。
青森市には、仕事でよく行きます。この雑誌もとあるところで見つけて、持ち帰ってきました。県立美術館を見た後、読み直すといろいろ考えることが多いですね。
また、ブログにお邪魔します。

投稿: 自由なランナー | 2006/08/13 09:56

はじめまして、photo_hiyoriと申します。
コメント&TBありがとうございます。

河北新報の記事等を拝見し、ちょくちょく寄らせてもらっておりましたが、コメントするのは初めてです。

私も青森に転勤してはじめて「Ahaus」の存在を知り、第3号を衝動買いしたクチです。

青森の建築物=弘前といった漠然としたイメージがあったのですが、こんなにも精力的にまとめている冊子があったのかと感心しました。

加えて、6月にむつ市に出張した際に見かけた廃墟(=日本特殊鋼管大湊工場)も載っていたので、ますます「Ahaus、おそるべし」と思った次第でした。

青森県美術館はオープンしてまだ一ヶ月ではありますが、閑古鳥が鳴かないよう心配しております。まだまだ思うところは多々あるのですが、ちょこちょこ更新したいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いします(コチラからもTBさせていただきます)。

投稿: photo_hiyori | 2006/08/12 14:15

AZUMIさん
青森より東京の本屋のほうが手に入りやすいかもしれません。私もバックナンバーを買おうと思っています。

投稿: 自由なランナー | 2006/07/18 07:43

何度もごめんなさい!
調べたら東京の限られた書店で入手可能みたいです~(> <)

投稿: azumi | 2006/07/15 13:48

こんにちは★
面白そうな本ですね。。
東京で手に入るかな??

投稿: azumi | 2006/07/15 13:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。