« 和田義彦氏作品は、盗作なのか? | トップページ | にらなんばんラーメンの「宝介」 »

2006/06/06

神田神保町「金ペン堂」の万年筆

 前からずーっと欲しかった万年筆を、ついに購入しました。古本屋街の神保町にある万年筆の専門店「金ペン堂」にいって、一本を衝動買いです。このお店、万年筆業界(?)では有名なところ。売っている万年筆は、すべて調整がしてあり、ベストの状態になってます。

Kinpendo2_1

 万年筆初心者としては、まずは国産老舗パイロットの1本を選びました。

★使用上の注意書き(手書き)を付けてくれます。

Kinpendo1_1

  店主の方(古矢さんとおっしゃるらしい)に、親切に説明していただきました。万年筆の構造、インクの入れ方、インク壺の使い方まで、懇切丁寧に教えていただきました。
インクにブルーブラックはウォーターマンがいいそう。パイロットにはどうしても滓が残るそう。
「パイロットにもずいぶん言って、よくさせたんだが、もうひとつ」
 万年筆の世界、奥が深いです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神田神保町「金ペン堂」の万年筆:

コメント

bubu@さん
こんばんは。
実は、私も初めてはこの店で買いました。
京都にも、老舗がありそうですが・・・。

投稿: 自由なランナー | 2006/06/08 22:05

デハポ1000さん
調べてみると、まだお店はあるようですね。こんどいってみます。こけしの工法を使う、というのは東北らしいかな、とも感じます。

投稿: 自由なランナー | 2006/06/07 23:09

一度行ってみたい店ですね。(^^
京都にいる私にはなかなか神田までは出れませんけど(^^;

投稿: bubu@ | 2006/06/07 01:59

http://www.lapita.net/hotline/0304/01.html
これは、長年エボナイトを旋削した万年筆を作る「大橋堂」という店でかなり前は、エンドー仙台駅前店(いまのイーブレインビル)に本店があり。東京駅大丸に支店があったこともありますが
まだ元気でやってらっしゃるみたいですね、
こけしの工法を適用した由。
かなり高価だったので、其のころの私では買えませんでした。

投稿: デハボ1000 | 2006/06/06 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。