« 人生を刻んだカミーユ・クローデル | トップページ | 仙台の純連 »

2006/06/14

東北歴史博物館で「中国★美の十字路展」

 Img_5277多賀城市にある東北歴史博物館に、初めていってきました。仙台駅から東北線に乗って15分ほど、国府多賀城駅前にあります。思っていたよりすっと立派な建物です。ネットで調べてみると、開館は1999年と、比較的新しいミュージアムです。
 現在、特別展の「中国★美の十字路展」を開催しています。これは昨年夏に森美術館で行われたものの巡回。当時はまったくノーマークだったのですが、かなり見ごたえがありました。
 中国の後漢から盛唐にいたる長い時代に生まれた、一級品の作品ばかりが展示されています。俑(よう:墳墓に副葬された人形)、壁画、仏像、工芸品などが200点以上もあり、中国造形の技量の高さと、奥深さを堪能できます。
 特に俑、これだけ様々な時代のものをまとめてみたのは初めてで、その造形の細かさ、人物の表情の豊かさに驚きます。
 また正倉院の遺品との関係が指摘されているササン朝ペルシャの切り子ガラスも興味深いです。中国とイランとの交流ををうかがい知る貴重な資料です。
 
 中国の美術品は、ほんと膨大です。その歴史も充分に頭に入っていない状態でみてしまったため、展示されていた作品の価値が理解できなかったものも多かったのが実態。東洋美術史は、どうも苦手ですね。
ともあれ、中国と西方圏との交流を、一流の作品でみせてくれる、素晴らしい展覧会であることは間違いがありません。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北歴史博物館で「中国★美の十字路展」:

コメント

鍛冶屋(HM)さん
こんにちは。
この展覧会、思っていた以上に混雑していましたね。中国の歴史に思いをはせるすてきな展覧会でした。
ぜひ、またお越しください。

投稿: 自由なランナー | 2006/06/20 08:34

18日が最終日、滑り込みで、前売り無駄にならず済みました。ショップで、蝉型含のレプリカ(?)買ってしまった。
和田氏の件で、安直な書き込みをし、済みませんでした。
単身頑張ってください。
私、今は家族で、塩竈ですが、数年後は単身東京でしょう。

投稿: 鍛冶屋(HM) | 2006/06/19 14:00

賽目さん
捏造事件は、多賀城が舞台でしたか。
この博物館は、いいですね。記事には書きませんでしたが、常設展示もしっかりしています。

投稿: 自由なランナー | 2006/06/15 08:09

ヒロ子さん
こんにちは。
大アンコールワット展は、見損なってしまいまいました。東洋美術は、ほんと奥が深いな、と思います。仏像だけでも、様々な顔に出会いますよね。

投稿: 自由なランナー | 2006/06/15 08:07

石器捏造事件の舞台となった研究所が多賀城にありまして、そこに事件発覚の直前まで通っていました。レンタサイクルを借りて、ぶらぶらして、東北歴史博物館にも行きました。いい博物館ですね。

投稿: 賽目 | 2006/06/15 03:29

私は大アンコールワット展と前後してこちらの美の十字路展を観たので、仏像の顔など比較できて面白かったです(バタバタしていて、ブログに記事を書いていませんでした^^;)

東北歴史博物館、時々いい企画をやっていますよね^^

投稿: ヒロ子 | 2006/06/14 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。