« 夜のストレンジャー | トップページ | 戸栗美術館にみる「17世紀の伊万里焼」 »

2006/05/05

"SALUS"は人気があるようです

 Salus1 首都圏にて無料で配られているR25は人気のようで、手に入らないこともしばしば。このR25のような無料誌が東京にはたくさんあります。特に充実しているのは、鉄道会社系の無料誌。PR誌ではあるものの、電車の中での、ひまつぶし以上の情報が載っていたりして、あなどれません。
 特に東急沿線で配られている「SALUS」は、このところ人気のようです。『東急沿線スタイルマガジン』とサブタイトルのつけられた50ページ弱の月刊誌ですが、駅頭に置かれると(確か毎月20日くらいの発刊だったはず)、最近はすぐになくなってしまうようです。以前はずっとあったのですが、このところすぐに売り切れ(?)です。
 Salus2 表紙のセンスもよく、掲載されている情報は見逃せないものも少なくなく、かなり読み応えがあります。写真は5月号の目次ですが、このデザイン、ふつうの雑誌では見られない斬新なもの。また、この号には「みなとみらいパブリックアート案内」があって、アートファンにはうれしい情報。
 SALUSファンは、多いようです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "SALUS"は人気があるようです:

コメント

ふうかさん
こんにちは。
熊谷守一は、独特の絵画世界のようですね。私はまとまってみたことがないので、機会があれな、じっくり見たいです。
デザインは、おっしゃるとおりシンプルな感じをちょっと狙ってます(笑)。

投稿: 自由なランナー | 2006/05/07 22:14

お久しぶりです
間違えたかと思いましたm(__)m
なんだか、すっきりですね
ふうかはこの間、市立美術館へ熊谷守一展に行ってきました(^_-)
飄々とした作品っていう感じですが
ネコの絵の輪郭線が絵の具を削って下地の色を浮き上がらせて、それが簡潔な線なので、何か、きゅんっと、胸に迫りましたよ
ちょっと仙人みたいな人だったのかな?

投稿: ふか | 2006/05/05 10:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。