« 君の瞳に恋してる | トップページ | 単身赴任は、無駄が多いなあ・・・ »

2006/04/25

城山三郎対談集:「気骨」について

Img_5066「国家の品格」という本があります。言わずもがな、藤原正彦氏のベストセラー。この本をよんだのですが、若い頃には持っていた誇りみたいなものを、どーんと突きつけられ、目が覚める思いでした。
 同じ時期、城山三郎さんの対談集「気骨について」を本屋でみつけ、読み終えました。作家の城山さんと、伊集院静さん、辺見じゅんさん、澤地久枝さんなど8人との対談集。本の帯には「人生の『流儀』と『品格』」とあります。しかし、医師の徳田虎雄さんとの対談で、城山さんはこういいます。

「品格」という言葉はもう死語になっています。

「気骨」という言葉も、死語かもしれません。
気骨、辞書でひくと「自分の信念に忠実で容易に人の意に屈しない意気」とありました。
とても難しいことです。
 かつては熱心に読んだ城山さんの作品を、再読してみようと思いました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城山三郎対談集:「気骨」について:

コメント

bubu@さん
おっしゃるとおり、なくなっているものが多いですね。一方で、なにをてにいれたのでしょうか?

投稿: 自由なランナー | 2006/04/27 07:55

そうですね、「はずかしい」とか「恥と外聞」、「倫理と道徳」他に、「法令順守」も無くなってきている感じがする。
他にあげたら限が無いほどのものが無くなってる気がする。勘違いであって欲しいものですね。

投稿: bubu@ | 2006/04/25 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。