« 銀座にて 1:桑原史成の「水俣の肖像」 | トップページ | ブリヂストン美術館、充実の企画展 »

2006/04/16

銀座にて 2:「本の仕立屋さん」の仕事

 銀座にあるポーラ ミュージアムで「本の仕立屋さん」という企画展にいってきました。『仕立屋』という言葉、ちょっと懐かしい響きです。最近はあまり仕立て、という言葉はききません。
 この企画展、書籍の装丁デザイナーに焦点をあてたもの。会場では4人の装丁家の作品(書籍)が並べられ、その仕事をみることができます。
 本屋で、単行本を選ぶとき、まず気になるのが装丁。本の装丁、そして帯がすてきなデザインだとつい手に取ってします。装丁は、いわば本のお化粧、とでもいえば、言い過ぎでしょうか。
 本好きには、とても楽しい時間が過ごせる企画展です。

ポーラミュージアム「本の仕立屋さん」

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀座にて 2:「本の仕立屋さん」の仕事:

» 本好きには堪らない++本の仕立屋さん +++ [お気楽SOHO人の今日はこんな日]
仕事友達とのランチで、銀座に行ってきました。 久々の銀座なので、ウィンドーショッピングしようと中央通りを歩いていたら たまたま目に付きました「本の仕立屋さん」展の大きなポスターが。 本好きのわたしにはたまらない魅力的な文字です♪ さっそく行ってみました。... [続きを読む]

受信: 2006/04/20 01:11

» 本の仕立て屋さん。 [*photo album*]
ポーラミュージアムアネックスで 「本の仕立て屋さん」という展示を 見てきました。 田中淑恵さんの美しい豆本を 間近で見られて感動しました ドールハウス用の壁紙からアクセサリーパーツ、 ネクタイの生地まで・・・材料が豊富でびっくり 本を作る上で装...... [続きを読む]

受信: 2006/04/24 21:30

コメント

デハポ1000さん
こんにちは。
本の装丁も、昔ほどは凝らなくなりました。かつては箱入りの本、装丁もかなりコストが高そうなものも少なくなかったのですが、最近はあまり見かけなくなりました。

投稿: 自由なランナー | 2006/04/21 07:37

知人(としてもかなりのお年)に表装技術者がおられ、色々技術の裏話を聞いたこともあります。腕のいい職人が減っているそうで、それは修繕作業をさせると顕著にでるということです。広い意味では本の装丁とつながるところがあると考えますがね。

投稿: デハボ1000 | 2006/04/20 22:13

riverさん
こんにちは。
ご無沙汰してます。
竹葉亭でうな重、いいですね。私もいきたくなりました。

投稿: 自由なランナー | 2006/04/18 07:50

こんばんは。
内容とは関係ないのですが、週末銀座に用事でいってました。ニアミスしてたかもですね。竹葉亭でうな重食べました。

すいません、どうでもいい話で・・・。

投稿: river | 2006/04/16 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。