« まめ王国の「でん六」、ご存じですか? | トップページ | ブログの文字の大きさ »

2006/04/29

ウェル.com 美術館、って?

 昨日の日経新聞の夕刊に、「携帯端末で美術品と対話」と題されたコラム。これは上野の国立西洋美術館ではじめられた実験の紹介で、文庫本ほどの携帯端末で作品の基本データや、動画、音声での作品解説が呼び出せるもの。
 先日、発表された「ウェル.com 美術館」って、このことだったんですね。記者発表の記事みただけでは、なんのことやらよくわからなかったんですが、要は手元の端末で、作品の鑑賞をサポートするための、知識、情報を提供しようということ。この取り組み、青柳館長は、
「国立西洋美術館は面積あたりで計算すると、おそらく世界一の来館者数となる。これほどの効率化をしているので、来館者を増やすというより、来てくださった方々が、今まで以上の満足感を得られるようにやっていくことが目的」
といっています。
 とういうことは、ミュージアムでのCS(顧客満足度)を高めることが目的ということですね。考え方はいいことだと思います。企画展などでは、作品の解説が掲示されていることも多いですが、これが難しい文章が多い。私のような素人美術愛好家にとって、なんの知識もなく作品をみるより、情報があったほうが作品をより楽しめます。このシステムでは、できるだけ分かりやすい言葉、表現で作品解説がされることが重要でしょう。
 連休中に、希望者に携帯端末を貸しだしてくれます。試してみたいですね。

国立西洋美術館の関連ウェブ

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェル.com 美術館、って?:

» 国立西洋美術館〔東京都台東区〕 [ブログで情報収集!Blog-Headline/travel]
「国立西洋美術館〔東京都台東区〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べしてみてください。 =2006年5月3日収集分... [続きを読む]

受信: 2006/05/04 09:40

コメント

Takさん
こんにちは。
いろんな課題はありそうですが、まずは新しい試みには期待したいですね。
私もぜひ試してみたいです。

投稿: 自由なランナー | 2006/04/29 17:29

ユビキタスの実験のような企画ですね。
実は勘違いして昨日から体験できると
思い込んで西美へ行ったのですが
受付で「明日からです」と笑顔で言われ
肩落として帰ってきました。。。

投稿: Tak | 2006/04/29 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。