« 朝食は、パン、ご飯、それとも? | トップページ | 「迷宮美術館」の魅力 »

2006/03/15

月2回刊・百科本「にっぽん列島 鉄道紀行」

 IMG_4903きのう本屋に立ち寄ったら、見逃せない雑誌を見つけました。「にっぽん列島 鉄道紀行」という、いわゆる週刊百科です。ただこの本、週刊ではなく、月2回(10日、25日)刊です。2年ほど前、講談社から「鉄道の旅」が全50回で出されていましたが(これは全部買いました)、この二番煎じでしょうか?全30巻のシリーズ、今月の10日創刊。
 創刊号は、60分収録のDVD付きで350円。ふらふらと買ってしまいました。このシリーズ、どちらかと言えば、マイナーな路線に絞って取り上げています。鉄道と同じくらい旅紀行に焦点があてられた編集。発行がJTBですから、当然といえば当然。
 IMG_4906
毎号掲載される企画のうち、売りは「鉄道車窓マップ」。トンネル、鉄橋など車窓風景のすべてがわかる地図付き記事。「日本初」らしいです。それに立松和平さんの『線路はつづく』と題されたエッセイも連載されています。
 鉄道ファンは、どんな感想なんでしょうか。2号以降を購入するかは、微妙です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月2回刊・百科本「にっぽん列島 鉄道紀行」:

コメント

ぞうさん
こんにちは。
国鉄全線走破の旅とはすごい。何もなかったときのほうが、イメージがふくらみ、よかったのかもしれませんね。いまは、なんでもありますから。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/17 06:15

おはようございます。鉄道小僧?だったぞうです。

僕も20-30年前、国鉄全線走破の旅に出ました。その時は、ちょっと詳しい日本地図を持って、地図から風景を推測して車窓を眺めていました。
写真を撮影する時は、国土地理院の地形図を購入して事前にいろんなイメージを作って出かけました。

最近、グラフィックが発達してビジュアルな本が多いですが、至れり尽くせりで良いのかな?って感じています。

投稿: ぞう | 2006/03/16 03:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。