« ロダンとカリエール、新しい出会い | トップページ | 朝食は、パン、ご飯、それとも? »

2006/03/13

三越本店でみるフランス近代絵画展

 かつてデパートでの美術展が隆盛を誇った時代がありました。伊勢丹美術館や、西武百貨店・セゾン美術館など、デパートに美術館があり、魅力ある展覧会を開催していました。最近はデパートでの美術展とは縁がなかったのですが、先日、大丸ミュージアムでみた「パウル・クレー展」は充実した企画でした。
 昨日、日本橋三越で開催されている「フランス近代絵画展」を最終日駆け込みで、鑑賞してきました。この展覧会はセルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)の首都ベオグラードの国立美術館のフランス近代絵画123点を公開するのものです。会場は、予想通り中年美術ファンで混雑していました。

 この展覧会では、バルビゾン派から印象主義、象徴派、そして20世紀初頭のフォービズム、キュビズムまで近現代の絵画が、時系列に展示。近現代のヨーロッパ絵画を、ユーゴスラビア流コレクションでみせてくれる展覧会です。特にルノワールは、盗難にあい、その後修復された「水浴」をはじめ、多くの作品が公開されています。

 ルノワールは、いいですね。「パリスの審判」はギリシャ神話の女神アフロディテの、もっとも美しい女神を選ぶ情景が、あでやかに描かれています。豊満な4人のアフロディテに、ふくよかな生命力を感じます。

 ゴッホの「室内の農婦」(1885)は、小品ながら画面全体が暗色で描かれ、中央に立ちつくす女性の存在感が不気味。ちなみにこの作品目立たないようで、混雑している会場内でも、作品にみいっている人は多くありませんでした。私がメモをとりながら別の作品をみていたら、とある男性から「ゴッホの作品、どこにあります?」って尋ねられたくらいです。

 ピカソ「女性の頭部」は1909年のキュビズム作品。「アビニョンの娘たち」でキュビズムを創始したピカソが、進化し、分析的キュビズムを洗練した感があります。モデルは、ピカソが多く描いているフェルナンドですが、画面からは、なぜか日本人的な印象を受けました。

 実はこの展覧会、招待券が手に入ったため、足を運びましたが、予想外に充実していました。素人美術愛好家でも知っている巨匠の作品が多くあり、楽しんで鑑賞できました。

  その反面、がっかりしたのがその展示のしかた。会場が狭いのはしようがないとしても、照明が蛍光灯なんです。どうして、と思ってしまいます。絵によっては、額のガラスが反射して、絵がよく見えない、なんてのもありました。会場内の展示解説はしっかりしたものだったので、キューレーターもちゃんとついていたはず。それなのに、蛍光灯の照明はないでしょ。珠玉の名品が揃っていたのに、残念です。

ピカソ「女性の頭部」とルノワール「帽子を被る女性」 

kinndaikaiga

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/9058329

この記事へのトラックバック一覧です: 三越本店でみるフランス近代絵画展:

» 「フランス近代絵画展」 三越日本橋本店ギャラリー 3/5 [はろるど・わーど]
三越日本橋本店新館7階ギャラリー(中央区日本橋室町1-4-1) 「ベオグラード国立美術館所蔵 フランス近代絵画展」 2/22-3/12 セルビア・モンテネグロの首都ベオグラードの国立美術館から、フランス近代絵画コレクション123点が日本橋の三越へやって来ました。バルビゾン派から印象派、フォーヴィズムを経てピカソまで見せてくれるという盛りだくさんな絵画展です。いわゆる大作こそ少ないものの、巨匠たちの小品をじっくりと楽し�... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 00:50

» 「フランス近代絵画展」 [弐代目・青い日記帳]
日本橋三越本店新館7階ギャラリーで開催中の 「ベオグラード国立美術館所蔵 フランス近代絵画展 ルノワール、ドガ、ゴーギャン、 ゴッホ、ユトリロ、ピカソ…」に行って来ました。 「フランス近代絵画展」なんてストレートなタイトル! そのタイトルそのままのまさに直球勝負の展覧会です。 「三越の展覧会だから、どうせ・・・」 なんて思ってはいけません。 会場がたまたま三越なだけで 作品は中々どうして驚きの充実ぶりです。 セクションは以下の4つ。 1.写実の系譜〜バルビゾン派... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 20:24

» フランス近代絵画展 [GLOG]
日本橋三越本店にフランス近代絵画展を観に行きました。ひとりで自発的に絵を見に行くのは、恥ずかしながら、はじめてです。 僕は美術のセンスに乏しく、たとえば中学生の頃、ペーパーテストで100点を取っても通知表の値は3という扱い。酷いよね。とにかく、それだけに美術館や美術展などには足が遠かったのですが、今年はそれすら愛でてみようか、と。まァ、たぶんにそれは、流行のダヴィンチコードや平野啓一郎の葬送の影響が大きいと思います。... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 22:35

» フランス近代絵画展 -鑑賞会 No.5 [Floral Musée]
ここの所、海外からのお客さん対応でバタバタと本当に神経を使う日々でしたが、そ [続きを読む]

受信: 2006/03/14 23:04

» 日本橋三越「ベオグラード国立美術館所蔵フランス近代絵画展」 [きままにARTSダイアリー]
先日、湯原誠さんの個展を拝見した後、日本橋三越新館ギャラリーで開催されている「ベ [続きを読む]

受信: 2006/03/15 22:41

» ベオグラード国立美術館所蔵フランス近代絵画展 [隆(りゅう)のスケジュール?]
11日に「ベオグラード国立美術館所蔵フランス近代絵画展-知られざる近代美術の物語 ルノワール、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、ユトリロ、ピカソ・・・」を観に行きました。この展覧会は、セルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)の首都ベオグラードの国立美術館からフランス近代絵画コレクション123点(うち46点が日本初公開)を紹介するものだそうです。 ~展示構成~Ⅰ写実の系譜 コローから印象派へ Ⅱルノワール 身近なものたちへの眼差し Ⅲ印象主義を超えて 後期印象派と象徴派 Ⅳ20世紀絵画の旗手たち フォーヴィ... [続きを読む]

受信: 2006/03/17 00:31

コメント

りゅうさん
こんにちは。
展示されている環境は、必ずしもよくはありませんでしたが、作品はすてきでした。もっとゆったりみたかったですが。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/18 11:23

snow_dropさん
こんにちは。
想像していたより、ずっと充実した展覧会でした。
千足先生が監修されていたんですか。知りませんでした。もう少し早めにいけばよかったと、ちょっと後悔しています。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/17 06:04

こんばんは、TBありがとうございました。
私は前日、土曜日の鑑賞でした。
蛍光灯、見事にガラスに反射していましたね!!もう少し広いところでゆったりと鑑賞したかったです。そのあたりはチョットがっかりしましたが、質の高い作品が揃っていて素晴らしい展覧会でした。

投稿: りゅう | 2006/03/17 00:30

Daikeyさん
ご来訪ありがとうございます。
ピカソの作品、私もまったく同じ感想を持ちました。着物姿の日本人のような、不思議です。
ブログ、またお邪魔します。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/16 08:13

junkointhemoodさん
ご来訪ありがとうございます。
照明のことをのぞけば、申し分のない内容でした。
私は、いつも鉛筆用意していっています。慣れちゃうと、堂々とメモでしきますよ。
ルノアールの盗難、ショックですよね。修復作は、見事のつくられていましたが。
また、ブログお邪魔します。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/16 06:10

Juliaさん
こんにちは。
すてきなフランス絵画の数々でしたね。
デパートの展覧会は、遅くまで開場しているので、いいですね。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/16 06:04

Takさん
こんにちは。
予想外の充実した企画でした。もうちょっと、ゆったり見たかったところです。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/16 05:59

自由なランナーさん、はじめまして。
TBを、どうもありがとうございます。
実は私も、いただいた招待券があったので、別の個展を観たついでに立ち寄った展覧会だったのですが、思いの外ステキな作品に出会え、とても楽しい良い時間が過ごせました。

監修は、NHKの美術番組等にも良く出演される成城大学の千足伸行先生のようですね。
カタログもなかなか充実していました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: snow_drop | 2006/03/15 22:13

はろるどさん
こんにちは。
ゴッホの作品は、年代でみるとパリにいく前の作品のようですね。不思議な魅力がありました。
照明のことは、だめでも言い続けなければ、と思ってます。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/15 07:47

ふうかさん
こんにちは。
リャド、知りませんでした。ホームページで検索してみましたが、淡路島のミュージアムがあるようですね。すてきな絵のよう。機会があったら見にいきたいと思います。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/15 07:44

はじめまして、Daikeyデス。コメントありがとうございます。

ボクもピカソの「女性の頭部」は、日本的だと感じました。まるで、着物姿の明治の女性がモデルだったかのようで、とても不思議な気分になりました(笑)。

投稿: Daikey | 2006/03/15 00:34

はじめまして、TBありがとうございました☆。

あたしも、三越の美術展、照明がちょっとがっかりでした(>-<)。
でも本当に内容は充実していましたねぇ。

あたしもメモ、とってました(笑)、
ほかにあまりそんな人いないし、美術館だと、鉛筆じゃないとメモ書き注意されるのでドキドキでしたが、今回はつっこまれることもなく。

盗まれた作品は、ちょっと衝撃でしたね、もっと大事に盗めよ、ってカンジです。
見事な復元かもしれないけれど、それはもう100%ルノワールじゃないですもんね…。
あれはけっこう、衝撃でした。

投稿: junkointhemood | 2006/03/14 23:00

自由なランナーさん

コメント&TBをありがとうございました。

素敵な作品が多くて私は2回も鑑賞して、とても幸せでした。

モネやピサロやロートレック・・・本当にフランス絵画が溢れんばかりで素晴しかったですね! 

最近はデパートの展覧会も充実してきて、夜間まで空いているので絵を観ることができると本当に癒されますね~♪

mixiにもメッセージ、送らせて頂きました。

投稿: Julia | 2006/03/14 22:46

こんばんは。
TBありがとうございました。

デパートの展覧会だから
私も期待せずにいたのですが
あにはからんや、充実してました。
あちらの美術館が改装中だからこそ
これだけ貸してもらえたのでしょうね。

投稿: Tak | 2006/03/14 20:26

まちがえました
すみません
小豆島ではなく淡路島だったかも・・・m(__)m

投稿: ふうか | 2006/03/14 08:09

自由なランナーさん、こんばんは。
確かにデパート系美術館はどこも縮小、もしくは撤退してしまいましたよね。
しっかりした企画展を開催しているデパートとなると、
都内では三越と大丸くらいしか思いつきません。

>私がメモをとりながら別の作品をみていたら、とある男性から「ゴッホの作品、どこにあります?」って尋ねられたくらいです。

私も思わず通り越してしまいそうになりました。
構図に妙な違和感がありました。不思議な作品です。

>照明が蛍光灯なんです

大概はいつも蛍光灯なので、
この辺はもう限界かもしれないと思って諦めて見に行ってます…。

投稿: はろるど | 2006/03/14 00:55

自由なランナーさん・・
以前の日記は全部は拝読させていただいてないのですが・・・
ふうかは「リャド」の「バラ」を見に小豆島まで出かけたことがあります・・
リャドについてはご存知ありませんか?

投稿: ふうか | 2006/03/13 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。