« 「こちらまる特漁業部」のランチ | トップページ | 日本一めんどくさい、さくらもち »

2006/03/04

なかなか読み進めない「ギャラリーフェイク」

 先日みた「美の伝統展」は、美術商が集めた名品も多くみられました。美術商といえば、連想するのはコミックの「ギャラリー・フェイク」。昨年、大学のスクーリングのとき、先生が「内容はしっかりしていますよ」と推薦されていました。
 以前、『ビックコミック・スピリッツ』に連載されていたときは、まじめに(?)読んでいませんでした。先生に言われて、俄然読みたくなり、昨年の秋、全32巻をヤフーのオークションで手に入れました。でも、忙しいせいか、ほとんど読み進めません。まだ、1巻を読み終わっただけです。
 しかし、この「ギャラリー・フェイク」、美大生の立場で読んでも、確かによくできいますね。勉強になることが、多々あります。また、このコミック、PSPのゲームソフトにもなっています。これも、発売された直後に買ったのですが、ほとんど進んでません。もうすこし、時間を捻出せねばいけないようです。

galley_fake


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/8928625

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか読み進めない「ギャラリーフェイク」:

コメント

bubu@ さん
こんにちは。
細野不二彦さん、すてきな作品が多いですね。とくにこの作品は、絵のうまさが光ります。

投稿: 自由なランナー | 2006/03/05 22:45

スタジオぬえ所属時代からこの方知っております。たしかデビューが高千穂遥のクラッシャージョウでしたね。某(?)朝日ソノラマの連載からだったようです。
懐かしいなあ~~。

投稿: bubu@ | 2006/03/04 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。