« 浅虫名物「板かりんとう」の素朴な味わい | トップページ | はまりますね「青春のうた」 »

2006/02/04

節分でみつけた柏屋の「福つつみ」

昨日は節分でした。仙台駅の地下では、「恵方巻」を求める人で列ができていました。のり巻きは、あまり好きではないのでパス。そのかわり、ちょっと縁起がよさそうなものを買ってみました。
薄皮饅頭で有名な柏屋で、節分にちなんだ「福つつみ」という詰め合わせ。

fukututumi

かわいい竹の容器にはいっています。なにが詰め合わされているのでしょう?

fukututumi2

豆が3種類。「鬼打ち豆」、「福々豆」そして「ごんさい豆」。ごんさい豆というのが珍しいですね。郡山(柏屋の本店があるところ)の名物らしい。それに落雁と生菓子3個が入っています。
家に帰って、さっそく豆を食べました。福が来ますように。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 節分でみつけた柏屋の「福つつみ」:

» ブルボン 抹茶のチョコケーキ [★裏京都検定★]
「ブルボン・抹茶のチョコケーキ」あ、でもこれ新商品なのかな?限定ではなさそう袋 [続きを読む]

受信: 2006/02/05 09:47

コメント

夢子さん
こんにちは。
仙台駅の恵方巻売り場は、どこも混雑でしたね。
我が家も豆まきをしました。
またお越しください。

投稿: 自由なランナー | 2006/02/06 07:50

かんさん
こんにちは。
そうですね、仙台もそうですが、美術とか、舞台とかは、やはり東京にみにいったほうが、いいものに出会えますね。文化的には、東京集中なのは残念です。

投稿: 自由なランナー | 2006/02/06 07:43

こんばんわ。時々、楽しく読ませて頂いております。私も仙台駅で買い物をしていたのですが、行列ができていて諦めました(私もあまり好きじゃないのですが)。

家でひそかに豆まきをしました☆

投稿: 夢子 | 2006/02/05 20:53

これは、福がきそうですね。札幌にはこういうのは売ってないです。
私の書道の師匠が、昨日東京に行って、「書の至宝展」を見たそうです。プロの目からもとてもよい展覧会だったようですよ。
やはり、芸術・文化の中心は東京ですよね。札幌など地方都市にも来るには来るのですが、やはり東京には全く及びません。
私もそろそろ、旅に出て、印象派や日本画などをゆっくり見たい気分です。

投稿: かん | 2006/02/04 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。