« 「週刊文春」の発売日が木曜になりました | トップページ | 東京の雪は、大事件? »

2006/01/21

女子大生のアイディアでつくった駅弁

今週は実家に帰京です。帰りの新幹線に乗る前に、久しぶりに駅弁屋さんをのぞいてみました。暫く食べていなかったせいか、いつのまにやら「新製品」が登場しています。そのなかで気になったのが「仙山芭蕉めぐり」。芭蕉、というのが引っかかって、買ってしまいました。

basyobento1

かなりの豪華版です。せっかくですから(?)「おしながき」を紹介しますね。
・三陸産若布(わかめ)と山形県六浄豆腐の酢の物
・仙台名産笹蒲鉾梅肉のせ
・生麩の牛肉巻
・牡蠣と帆立のチーズ焼き
・紫蘇巻き胡麻揚げ
・卵焼き
・秋鮭の柚香焼き
・菊の胡麻和え
・煮物盛り合わせ
紅花寿司
・山形名物おみ漬け
・仙台名物小茄子漬け

美味しそうでしょ。この駅弁は、松尾芭蕉が訪れた仙台・山形地域をイメージしてつくったもの。また、宮城学院女子大と宮城大学の学生さんが、アイディアを提供してつくられました。弁当のパッケージには、2人の女子大生の名前が書かれています。

basyobento2

値段は1200円とちょっと高めですが、ユニークな味が楽しめる駅弁です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女子大生のアイディアでつくった駅弁:

コメント

くんたまさん
女子大生のアイディアをつかった駅弁、というのはちょっと珍しいかも。この駅弁は、なかなかお勧めですよ。

投稿: 自由なランナー | 2006/01/22 21:48

へぇ ユニーク!
二県の学生のコラボというのが
面白いですね。
中もヘルシーでおいしそう。
今度食べてみなきゃ。

投稿: くんたま | 2006/01/21 16:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。