« 見ごたえあるブリジストン美術館の常設展 | トップページ | iPod nanoと電波時計の故障後の違い »

2006/01/31

堂本尚郎の織りなす色と形の世界

世田谷美術館で開催されている「堂本尚郎展」を見てきました。副題に「絵画探求60年の足跡とその未来」とつけられ、堂本の画業を振り返る本格的な回顧展です。
堂本の作品をまとめてみるのは初めてですが、色、形の織りなす世界に魅了されました。展示された作品は、初期の日本画作品以外はすべて『抽象絵画』に属する作品です。
 展覧会は年代に沿って、6つのパートに分けられ作品が展示されています。抽象絵画を言葉で表現することは難しいのですが、堂本の作品は、現実世界を、図形と鮮やかな色彩で描いた絵画といっていいのではないでしょうか。作風は、年代を追って変貌していますが、基本たる創作表現は変わっていないように思えます。
 フランスに渡った20代の作品は、キャンバスに厚い油彩を塗り、そのボリューム感と絵の具の色彩に引きつけられます。
 そのあと「連続の溶解」と名付けられた一連の作品では、更に色彩表現に重点が置かれているようです。例えば63年の「連続の溶解 1963-58」はカンバスに油彩と金箔を使って制作され、独自の色彩世界をつくっています。
 60年代後半から、その色彩表現は更に力を持ちます。78年の大作「宇宙」は、そのあでやかな色彩で、絵を見ているとなにか幸せな気分になりました。
 また「臨界」と題された作品群は、規則的に並ぶ図形と、青、ピンク、黄色などの明るい色彩で、絵画との会話が弾みます。

 IMG_4685堂本は50年代のフランスでの美術運動「アンフォルメル」の中心として活躍した画家。作品をみていると、20世紀初頭の様々な美術運動、主義の影響を感じます。キュビズム、ドイツ表現主義、シュルレアリスム(オートマティスム手法)など。また作品で多用されている絵の具を垂らす手法は、抽象表現主義でのアクションペインティング、ドリッピング技法です。堂本は、まさしく20世紀の美術を体現している画家かもしれません。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 堂本尚郎の織りなす色と形の世界:

» 「堂本尚郎展」 世田谷美術館 1/8 [はろるど・わーど]
世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2) 「堂本尚郎展 -絵画探求60年の足跡とその未来1945〜2005- 」 2005/12/17〜2006/2/12 世田谷美術館で開催中の、「戦後日本美術をつねに最先端にあって牽引してきた」(パンフレットより。)画家、堂本尚郎(1928-)の回顧展です。初期に手がけた日本画から昨年の最新作まで、その画業の全てを見せてくれる大規模な展覧会です。 堂本は、長いキャリアの中で何度となく作風を変化させてい�... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 23:42

» 堂本尚郎の緩やかな転変(1) [てつりう美術随想録]
 堂本印象という日本画家がいる。京都に生まれ、西陣織の図案を描いていたこともある彼は、卓越した線描の技術をもっていて、正統的な日本画に傑出した仕事をした。しかしその一方で、現代的なモチーフや大胆な抽象表現を貪欲に取り入れ、独自の画境に至った人物だ。その変貌ぶりは周囲を驚かせ、保守的な愛好者たちをたいそう残念がらせたという。  文化勲章を受章した巨匠でありながら、型破りなアバンギャルドでもあるこの画家の仕事に、ぼ�... [続きを読む]

受信: 2006/02/03 05:06

» 堂本尚郎展 [ミュージアムにいこう]
堂本尚郎展 絵画探求60年の足跡とその未来1945‐2005 12月17日(土)~2006年2月12日(日) 世田谷美術館に行ってきました。 この作家のの絵を見るのは初めてです。 チラシにのっていたこの作品にインパクトを受けて なんの知識もなく見てきました。 チラシで見ると分かり難いけど、本物の絵には黒い線の下絵が見えています。 円が規則正しく並んでいる線です。 堂本は渡仏してアンフォルメルで大成功した画家ですが、 ある時期を境にして無数の正円から構成した作品をつぎつ... [続きを読む]

受信: 2006/02/03 15:03

コメント

a_demain_soir さん
お久しぶりです。ブログ、新装されたんですね。
堂本の作品をみていると、20世紀美術史の動きを体現しているアーティストなんだな、と思いました。
図録、素敵でした。私も思わず買ってしまいました。

投稿: 自由なランナー | 2006/02/04 07:45

こんにちは。
tamakoあらためa_demain_soirです。

アンフォルメルや日本的な金箔の作品など
いろいろあったのに、すっかり円・円・円で
頭の中が充満してしっていました。
こちらの記事を見て復習しています。

トラックバックさせていただきました。

投稿: a_demain_soir | 2006/02/03 15:10

はろるどさん
こんにちは。
堂本の創作過程がみられる充実した美術展でした。とにかく、あの空間にいると幸せな気分になりました。

投稿: 自由なランナー | 2006/02/02 12:59

れおだびさん
はじめまして。
アートのこどが素敵に書かれていて、楽しいブログですね。
うちのブログは、拙い独り言ですが、よかったらまたおこしくだい。
ブログにもお邪魔します。

投稿: 自由なランナー | 2006/02/02 12:05

自由なランナーさん、こんばんは。
コメントとTBをありがとうございました。

アンフォンメルから抜け出して、
独自の色彩と形を作り出したところがスゴいですよね。
しかも今現在もまた新たな境地を切り開いておられる。
非常に見応えがありました。

投稿: はろるど | 2006/02/01 00:25

TBありがとうございました。

私は、ブログをはじめたばかりの初心者で、TBがくると、そのたびに感激してしまいます。

ページをざっと拝見しました。関心が広範にわたっており、私が目指すブログのお手本にさせて頂こうと思っております。

また時々おじゃますると思いますが、よろしくお願いします。

投稿: れおだび | 2006/01/31 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。