« 自由席と指定席の微妙な関係 | トップページ | 「なんばん」って、青とうがらし?ねぎ? »

2005/07/27

3割の私大で定員割れ

東京で電車の車内広告をながめていると、この時期オープンキャンパスの広告が目立ちます。夏休みは、大学にとってはオープンキャンパスの時期なんですね。大学側も、受験生集めに大変だな、と感じます。今朝のニュースでは、愛知万博見学付きのオープンキャンパスツアーもあるとか。オープンキャンパスなんて、私が大学受けるときには、なかったですよ。
昨日の新聞によれば、私大の約3割が定員割れ。2年後には「大学全入時代」となり、私大経営はいっそう厳しさを増します。これからは、入学した大学が、経営破綻でそ卒業ない、ということがおきそうです。
これからは、大学側も質の高い、個性的な教育を提供することが必要なことは、いうまでもありませんね。また、大学で勉強するということも、高校卒業した直後だけでなく、社会人になってからも学べる環境をいまよりも、整える必要があると思います。いわゆる「社会人教育」は、社会側(雇用側)、大学側とも、いま以上に「学べる」状況をつくることが、大事かなと感じますね。

☆読ませていただいた、「私大定員割れ」を書かれているブログにTBさせていただきます。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3割の私大で定員割れ:

» <4年制私大>定員割れが160校、過去最多を更新 [〜猫と大麦とゲームと紅茶〜本館]
 今春の4年制私立大(学生募集した542校)の入試で、新入生の数が入学定員を割り込む「定員割れ」が160校(29.5%)で、学校数では過去最多を更新したことが、日本私立学校振興・共済事業団の調べで分かった。入学者が定員の7割未満の大学も52校(9.6%)..... [続きを読む]

受信: 2005/07/27 10:44

» 大学の存在意義とは [だんなの屋根裏部屋]
今春の私大入試で定員割れが169校と全体の3割弱に及んでいるそうです。 これらの大学の中には、定員の14%しか新入生が集まらないところもあります。 しかしながら首都圏や近畿圏の名門校では入試倍率も10倍を超え、 定員の2倍以上の新入生を受け入れた私大も存在します。 私が受験生であった頃は、入試倍率が低いのは国公立の前期日程であり、 それでも3倍とか4倍という倍率でした。実際には「足切り」がありましたが・・・。 169校という定員割れとなった大学の数にも驚きですが、 それ以前にこの母... [続きを読む]

受信: 2005/07/27 21:27

コメント

ISAO&KOUさん
ご来訪ありがとうございます。
楽しいニュースの記事が満載のブログをお作りですね。東京の情報もいいです。
また、お邪魔します。

投稿: 自由なランナー | 2005/07/29 07:19

yanyan_akikoさん
こんにちは。
石川県は、私がいたころと大学名が変わっていたりしてますね。金沢くらいの人口規模だと、大学も生き残りの大変でしょうね。

投稿: 自由なランナー | 2005/07/29 07:14

トラバありがとうございました。仙台は出張でよくいきました。そういえば私のblogの4月23日の記事で仙台のうまい鮨勘を載せてみました。最近は東京でも大人気です。また遊びにきますね。

投稿: ISAO&KOU | 2005/07/27 13:35

私も4年制私大出身ですが、将来学部・・いや、大学そのものがなくなってしまうのでは!?とたまに心配になりますね。
地元の大学も女子大が共学になったり、短大が4年制になったり、新しい学部を作ったりしていろいろ工夫しているみたいです。

投稿: yanyan_akiko | 2005/07/27 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。