« はじめての大戸屋 | トップページ | 宅配ピザの楽しみ »

2005/06/26

隠れた名美術館:日本民藝館

mingeikann最近、比較的小さな美術館にいく機会がふえています。まだまだ訪れたことのないミュージアムも多いです。先日、初めて東京の駒場にある「日本民藝館」にいってきました。民藝とは、民衆的工藝のこと。この日本民藝館の創設者・哲学者の柳宋悦らによってつくられた言葉。
この「民藝」とはいったいなんなのでしょう?私なりに解釈すると、『有名なアーティストがつくるものと対極にあるもの』。器とか生活道具、染織品とか、生活の中で使うものに美を見いだそうということ。日本民藝館ではこれを「用の美」と表現し、作品を通じて伝える美術館だと言っています。

日本美術館は、井の頭線の駒場東大前駅から徒歩5分くらいの、住宅地の中にあります。重厚な扉を開けて中に入ると、まず靴を脱いで館内に。開館は昭和11年とのことですので、かなりの歴史です。ただ、本館の改築、新館の増築など手が入れられ、古さを感じません。
展示は、年四回の企画展が行われています。また、常設の展示も、1万点をこえる収蔵品から、年四回季節ごとに展示替えを行っています。
展示されている陶磁器、織物、染物、木・漆工、絵画、金工、石工、竹工などの作品は、どれも制作した作家の名前はありません。しかし、無名な人の作品といっても、質は高いです。私にとっては、見応えがある作品が揃っていました。

今月号の「芸術新潮」はなぜか、この日本民芸館の特集。決して大きくない美術館ですが、館の主張が明確です。大きな美術館で、企画展をみることの意味を、考えさせられました。

日本民藝館 WEB

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隠れた名美術館:日本民藝館:

» 民藝館 [おけいはんのみたもん、きいたもん。]
 昨日、妹のきょんと一緒に、気になってた日本民藝館いってきました。  中の写真がとれなくて残念だけど、ほんとにすてきだったのでご紹介します。  日本民藝館は、民藝運動を進めた柳宗悦の集めたコレクションを中心に、日本で民衆、つまり私たち一般ピープルが...... [続きを読む]

受信: 2005/07/23 23:49

コメント

おけいはんさん
ご来訪ありがとうございます。
落ち着いて美術品(民芸品)を鑑賞できるところですね。私もまたいこうと思ってます。

投稿: 自由なランナー | 2005/07/30 17:25

TBありがとうございました。

民藝館すてきなところですよね。
おもわず、ふうううっつと、深呼吸したくなるような気持ちになりました。
展示品は入れ替えがあるんですね。
また秋になったらいってみようと思います。

投稿: おけいはん | 2005/07/28 18:44

郁さん
ご来訪ありがとうございます。
おっしゃるとおり、お宅にお邪魔している感覚、私ももちました。館内にある椅子に座って、ゆったりとするの時間が、気持ちよかったです。

投稿: 自由なランナー | 2005/06/26 22:24

TBありがとうございます。日本民藝館はどこかのお宅に上がらせてもらって、お家の中のものを見せてもらっているような感じが好きです。建物もいいですよね。

投稿: | 2005/06/26 21:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。