« 鶯谷、立ち飲みで焼き鳥 | トップページ | 根津美術館:唐物茶入展の魅力 »

2005/06/20

横浜美術館、民営化への動き

美術館の置かれている状況は、厳しいようです。
昨日の東京新聞によると、

横浜美術館が民間に門戸を開く公募方式で運営主体を選ぶことを決めた。

とのこと。
美術館の運営については、2003年の自治法改正で、「指定管理者制度」が導入され、民間企業も受託できるようになりました。この法改正を受け、兵庫の芦屋市立美術館は、2006年度までに民間に委託、委託先がみつからない場合は休館、という方針が発表されました。このことに対し、「芦屋市立美術博物館を考えるワーキンググループ」がつくられ、このことに反対する運動を展開しています。

公立の美術館は、大胆な改革が必要だと思います。このままでいくと、日本にミュージアムは一部の美術ファンだけに支えられる構造になってしまいます。日本の美術館は、もっと開かれるべきでしょう。いまでも、美術館は敷居が高い、行きずらい。子供は連れていけない、など、なにか閉じられている印象は、否めません。民間の血をいれ、大胆に改革して欲しいと思っています。
横浜美術館は、充実した企画展を開催し続ける、素晴らしい美術館です。素人からみても、収益面では問題はないのかな、と感じているのですが、そうではないんでしょうね。
また、私を含め住民も、もっと美術館に提言していかなければいけないと、改めて思いました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜美術館、民営化への動き:

» 次はラジオ出演!&バーベキューアーム!? [アームレスリング日記]
昨日は下道さんの所で練習。 大会で痛めた右肘は、まだ全力で組めるほどではないが大分良くなってきた。 それよりも大会前に痛めてた左肘の方が、まだ完全に治ってないっぽい方が気になるかな。 どっちも早く治してガンガン練習したいものだ。  今日は百万馬... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 06:40

» 恐竜は空を飛んだ? [ここに行きました (I'm sorry. It ...]
 午後から、突然に雨。西洋美術館の広場を横切る頃に、大粒の雨が落ちてきました。すぐに科学博物館に入ってしまい、その後雷雨になった事は、屋内にいて気づきませんでした。常設展から企画展に移る時に、いったん外の通路にでるのですが、その時には雨は上がった後でしたが、すごい雷鳴が聞こえました。 科学博物館の企画展は『恐竜博』でした、大変凝った展示で、恐竜が鳥類へと変化して行く様子が展示されていました。子供達も多く来場し、展示品の写真撮影も可でした。珍しいことです。HPも充実していますので、覗いてみてください... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 09:26

コメント

まめどまめさん
こんにちは。ご無沙汰しています。
横浜美術館は、企画展も充実していて、館の企画力もあると感じていますし、ワークショップもこまめにやっている感があります。
確かにすべて民間に移管したら、いい結果がでる、という考えは危険でしょうね。

投稿: 自由なランナー | 2005/06/21 07:56

もともと横浜美術館は「公設民営」。といっても第3セクターの財団がやっていたわけですから、公営も同然です。
指定管理者制度で、公立の文化施設や病院などが「民営化」されつつありますが、「税金の無駄遣い」の反省のポーズですかね。決して無駄遣いでない素晴らしい活動をしている美術館などはあるのに、「民営だったらとっくに潰れてるよ」の一言で片付けられる風潮にはちょっと疑問があります。
横浜美術館は(ちょっと個人的に「ひと悶着」あったので!)経営母体を替えてもいいと思っているのですが!

投稿: まめどまめ | 2005/06/20 22:27

kokoniさん
ご来訪ありがとうざいます。
先週末、東京国立博物館に行ってきました。じっくりみられるとよかったのですが、資料探しが目的で時間がなく、ちょっと残念でした。科学博物館もリニューアルして、面白くなったらしいですね。
やり方によっては、ミュージアムももっと来場者が増えるのでは、と思うのですが。

投稿: 自由なランナー | 2005/06/20 18:46

最近『国立』博物館、美術館は、独立行政法人に移行して、ボランティアの解説委員なども多くなり、面白くなってきましたね。科学博物館などは子供優先、という感じでした。「恐竜博」だったからよけい。

投稿: kokoni | 2005/06/20 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。