« 下町、ちいさな博物館の旅 | トップページ | 実家に帰る頻度と、そのタイミング »

2005/05/23

THE BIG ISSUEという雑誌

昨日、東京・渋谷で雑誌「THE IG ISSU JAPAN」を買ってみました。この雑誌、かねてから気になっていたものでですが、ホームレス支援を目的として発刊されていて、その起源はイギリス。一冊200円での販売ですが、この雑誌の販売者は、ホームレスの人。現在首都圏と大阪で売られているようです。

big_issue

この「THE IG ISSU JAPAN」は月2回刊ですが、今号の内容は女優サンドラ・ブロックのインタビューに、特集「カッコいい! 農・林・漁業」です。ホームレス支援という発想は、いいのですが、雑誌としての内容は、ちょっともの足りません。たとえば、R25と比べたりすると個性がないような気がします。定期的な購読者を獲得するには、もう少し内容を充実する必要があるのではないでしょうか。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: THE BIG ISSUEという雑誌:

» シュテファン・バルケンホール 劇団八時半公演『黒い空とふたりと』 黒い靴 饒舌な展示 [こぐれ日乗 50さいから いんきょの じゅんび]
おおむかし、土曜半ドンで働いていて、土曜の夕方、銀座や代官山をぶらぶらしたことを思い出す。隔週に、大学院の講義が1,2時限連続であるからだ。 やっぱり、土曜日の開放感があって、聞きたい人が集まっているという教室は心地よい。しかも大学院だと普通に自分の言葉でしゃべっても半分以上は通じると思うから、とても楽チンなのである。 ただ、「共時的―通時的」とかいう用語を無意識に使っていたりするので、ちょっと、ソシュール言語学の初歩知識などを補っておいてあげるぐらいのサービスはする。すると、レヴィ・ストロ... [続きを読む]

受信: 2005/05/23 19:43

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。