« 仙台でのCD、DVDの買い方 | トップページ | 森の中の国際芸術センター »

2005/05/20

個性的な二色丼の食堂

先日、青森に仕事でいったとき、以前ここで紹介した「サーベイ青森」というガイドブックにのっていた店に入ってみました。その店は『埼玉屋食堂』で、青森の駅前にあります。アウガという駅前のビルのすぐそばなのですが、うっかりすると見過ごしてしまいそうな地味なお店です。カウンター含めて7,8人位が座れるかな、というこぶりな店。ここは、二色丼がおすすめということで、「いくらとマグロの二色丼」をたのみました。

二色丼大盛り(1200円)
IMG_2889

この二色丼、いくらもマグロも、かなり醤油がきいた味です。いくらは当然醤油漬けですが、これはかなり醤油が濃いめ。また、マグロも醤油に漬けてある「づけ」ですね。口に運ぶと、かなり濃い味で、パンチがあります。かなり個性的な二色丼ですね。
ここでは、丼のほか、汐さば、かれい、ほっけ、つぼだいなどの焼き魚とか、「本日のお総菜」として「竹の子とみがきにしん」、「みつばかずのこ」などもあります。焼き魚と、ごはん、みそ汁というオーダーもよさそうです。駅前の見せながら、お客さんは地元の方が多いようでした。
魚を食べたいなら、なかなか、おすすめのお店です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 個性的な二色丼の食堂:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。