« 個性的な二色丼の食堂 | トップページ | 下町、ちいさな博物館の旅 »

2005/05/21

森の中の国際芸術センター

art_center_2先日青森にいったとき、ちょうど近くまでいったので、「国際芸術センター青森」による時間がありました。ここは建築家・安藤忠雄さんが設計した建物で、展示棟、創作棟、宿泊棟の3つの建物があります。この芸術センターでは国内外のアーティストを招き、センターに宿泊しながら創作活動をしてもらう「アーティスト・イン・レジデンスプログラム」と名付けられたものが特徴。アーティストの滞在期間は2ヶ月余り。その期間中、展覧会やワークショップなどの交流プログラムを行うことになっています。青森市でも、かなり郊外に位置する場所にあるセンターに滞在し、アーティストに創作してもらうという発想は、かなり独創的なものだと思います。現状、活動状況は盛況なんでしょうか?ちょっと気になります。

art_center_aomori


訪れたとき、ちょうど河口龍夫さんの「時間の時間」と題された展覧会が行われていました。展示棟の中は、安藤建築らしい打ちっ放しを使ったスペースです。また、このセンターの屋外には、いくつもの作品が設置されていて、自然と解け合っています。

アートと自然の共生が実現した国際芸術センター、近くにあればしばしば訪れたいような施設です。

国際芸術センター青森

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森の中の国際芸術センター:

コメント

きよさん
ご来訪ありがとうございます。
この「国際芸術センター青森」は安藤建築らしい建物ですね。森の中にあり、よく調和しています。
またブログにお越しください。

投稿: 自由なランナー | 2005/05/24 17:50

はじめまして、TBありがとうございます。
「国際芸術センター青森」とても行ってみたい場所です。数年前に、棟方志功生誕100年記念で青森に行った時に行けば良かったとほんと悔やんでいます。
安藤建築は、北海道に2つしかないんですよ。そのうちの1つが、トマムにある水の教会です。とって素敵な建築です。

投稿: きよ | 2005/05/23 09:05

青森太郎さん
はじめまして。ご来訪ありがとうございます。
青森には仕事でよく行きます。ACACには、また機会があれば寄りたいとおもいます。
また、ブログにお邪魔させてください。

投稿: 自由なランナー | 2005/05/23 05:23

小市民さん
ご来訪ありがとうございます。
ここは街中からも、かなり離れていますから、いくのもちょっと大変かもしれませんね。私もワークショップを体験してしてみたいです。
ブログ、またお邪魔します。

投稿: 自由なランナー | 2005/05/23 05:19

小暮宣雄さん
ご来訪ありがとうございます。
また、ブログお邪魔します。

投稿: 自由なランナー | 2005/05/23 05:16

なんちゃってオジサンさん
こんにちは。
中札内の美術村、良さそうです。自然の中の美術館ですね。北海道は、青森とは違った自然の様子なんでしょう、

投稿: 自由なランナー | 2005/05/23 05:14

初めまして(じゃないですが)。以前みちのく温泉マンさんのBlogでお見かけしました(ニコッ)。
私のつたない記事にトラックバックありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
・・・国際芸術センター青森(ACAC)には年に2回ほどしか行きませんが(近いのに)、とても落ち着ける良いところです。青森へ出張で来て、時間が空いてたら是非寄られる事をお勧めします。

投稿: 青森太郎 | 2005/05/21 21:05

トラバありがとうございます!
確かに、近くにあったら私も通いそうです。
行ったときは閑散としていたので(笑)ワークショップ開催中の様子ものぞいてみたいなと思いましたー。

投稿: 小市民 | 2005/05/21 14:54

担任赴任さんへ
はじめまして。トラバ、ありがとうございました。小暮宣雄

投稿: 小暮宣雄 | 2005/05/21 09:55

おはようございます。
環境の良さそうな所ですね。
行って見たいけど遠いなぁ~。

そうそう、この間帰省したときにちょっと遠出をしました。
中札内の美術村に行って半日過ごしてきました。
http://www.vill.nakasatsunai.hokkaido.jp/midokoro/bijutumura/bijutumura.html
六菓亭のお菓子を食べる度に「坂本直行」さんの絵を見たいと思ってましてね。
でも、小樽からでも遠いわ・・・。

投稿: なんちゃってオジサン | 2005/05/21 08:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。