« 歴史的町名の保存とは | トップページ | 歴史を感じる大町あたり その2 »

2005/04/11

歴史を感じる大町あたり その1

仙台一の歓楽街はいうまでもなく国分町ですが、その隣町の「大町」。ここは、なかなか歴史がありそうな町並みです。毎朝のジョギングで通りかかるのですが、個性豊かな店があり気になっていました。この前の休み、探検に出掛けてみました。

IMG_2695  IMG_2697 >IMG_2699 いちばん左は「菅井光男かばん店」です。オーダーでかばんを作ってくれるのでしょうか。「オーディオパーツセンター」とか渋い定食屋さんもありました。 大町で前から気になっていたのが「上村(うえむら)豆腐店」

IMG_2700

私は豆腐とか、納豆とか、大豆関係が好物、さっそく店に入ってみました。美味しそうな豆腐や、がんもが並んでいます。 「ざる豆腐」と「御譜代ずんだ」というのを買ってみました。

IMG_2713

「御譜代ずんだ」は仙台ならでは、緑大豆を使った豆腐。どちらも、甘みがあり、豆腐の風味たっぷりの味わいでした。ここはどうも有名なお豆腐屋さんらしいです。なんでも120年以上の歴史があるとか。また、買いにいきたくなる店です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を感じる大町あたり その1:

コメント

りょうたさん
ご来訪ありがとうございます。
おっしゃるとおり、麻布十番の雰囲気はあるかもしれません。六本木と麻布十番、国分町と大町の関係になっているのかな(勝手な理屈ですが)。仙石屋さん、ぜひいってみますね。
私も、単身赴任、2年目に入りました。また、遊びにおいでください。

投稿: 自由なランナー | 2005/04/11 22:35

はじめまして仙台単身赴任暦1年です。
わたしが住む大町が紹介されていてうれしく思いました。大町は昔よく遊んだ麻布十番の雰囲気があっていいなと勝手に感じています。大町唯一の酒屋の仙石屋では頼みもしないのにやたら地酒を試飲させてくれるのでジョギング帰りは立ち寄られると吉でしょうでも飲みすぎに注意。

投稿: りょうた | 2005/04/11 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。