« 富貴豆のどら焼は、味わい深い豆の香り | トップページ | 貴重な資料としての「瀧口修造図録」 »

2005/04/06

厚い教科書復活、におもうこと

昨日の教科書検定の結果は、テレビや新聞でもトップ扱いです。この報道をみて、いちばんの気になったのは「発展的記述」が中学教科書に取り入れられたこと。この「発展的記述」なるもの、私は知りませんでした。讀賣新聞の解説のよると『学習レベルの高い児童生徒が興味関心に応じて学べるように』記述が可能になったもの。学習指導要領を越えたもので、入試の範囲外の内容。すでに、高校教科書では取り入れらえているもの。
讀賣新聞には、教科書編集者のこんな言葉がありました。

「ふたこぶラクダに対応しました」

「ふたこぶラクダ」とは「伸びる子」と「つまずく子」の二つの山の学力分布のことだとか。
この「発展的記述」は教科書ごとの違うのでしょうね。そうすると、採択する側の判断が、極めて重要になってくるでしょう。現状は、教科書採択は教育委員会での決定です。この採択に各学校の意志はどの程度反映されているのでしょうか。公立校でも、、自治体によっては学校選択ができるところも増えているなか、使用する教科書の選択に対し、現場の意見が取り入れられることが重要だと思います。

当然、この「発展的記述」が盛り込まれたことで、先生の負担はますます増えるでしょう。公立校の授業時間で、どう対応するのか、難しい面が多いでしょうね。教育現場の実情を、反映した教育の改革をして欲しいと思います。

☆教科書検定について書かれた、参考になったブログにトラックバックさせていただきます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/3585865

この記事へのトラックバック一覧です: 厚い教科書復活、におもうこと:

» 来春から 中学校教科書が厚くなる [明るいサロン 長吉川辺教室]
教科書改訂  脱 ゆとり教育で  教科書が厚く 中学教科書検定結果発表。 教科書検定結果が発表されました。 来春から中学校で使用する教科書が厚くなるようです。... [続きを読む]

受信: 2005/04/06 11:38

» よくわからない教科書問題 [花崗岩のつぶやき]
今朝の新聞の第一面はいずれも中学校の教科書について取上げています.話題の一つは「脱ゆとり教育」で発展的記述という指導要領以外の内容を載せても良い,とした点,そし... [続きを読む]

受信: 2005/04/06 19:07

» 教科書検定 [MAC'S GADGET]
公立学校の教科書検定が固まったようです。 でも、なぜわたしたち日本国民が知らない検定前の教科書の内容を、他国の政府筋が知っているのでしょう?不思議ですよね。 ... [続きを読む]

受信: 2005/04/06 22:52

» 教育の復興へ [日々の感想文]
脱ゆとり、16年前の厚さに 文科省の中学用検定 (共同通信) - goo ニュース 詰め込み教育は不要だ。だが、必要な知識を与えず、競争とトレーニングから遠ざ... [続きを読む]

受信: 2005/04/07 00:18

コメント

空キャットさん
ご来訪ありがとうございます。
時計がついたブログ、珍しいですか。けっこう見かけるような気がしてましたが。
教科書問題、こと教科書が変わっただけでは、解決しない難しいことですね。これからも議論が必要だと思いますね。

投稿: 自由なランナー | 2005/04/07 19:14

statesさん
ご来訪ありがとうございます。
おっしゃるとおり、基本的にはいい方向だと私も思います。指導要領からはみ出した部分を「発展的記述」として許してしまう文科省の考えも、いかにも日本的だと思いますが。

投稿: 自由なランナー | 2005/04/07 19:11

tantanmenさん
ご来訪ありがとうございます。
私も子供の教科書を見てみましたが、ほんと薄いし、教科書らしくないですね。教える教師の力量に、左右されてしまう気がします。
いっそ、国定教科書にしてしまったほうがいいかもしれません(暴論)。

投稿: 自由なランナー | 2005/04/07 19:05

riverさん
こんにちは。
あくまで主観ですが、いまの子供の素質は昔と変わっていないと思います。ただ、今は勉強に没頭出来る環境が薄れているのでは。授業時間の削減という学校の問題、ゲームなどの誘惑という家庭面の問題など、環境が変わりすぎました。

投稿: 自由なランナー | 2005/04/07 19:00

tantanmenさん
こんにちは。
今回の教科書検定のことは、竹島問題などの外交面に議論がいってしまい、新聞なども「発展的記述」についてはつっこんで報道していないようです。
要は公立校では、授業時間が根本的に足りないということをどう解決するかではないでしょうか。

投稿: 自由なランナー | 2005/04/07 18:51

自由なランナーさん、TBありがとうございます。時計があるBLOGというのは初めてみました。おもしろいですね。
教科書の問題は難しいですね。少なくとも言えることは、今の先生はとても大変だということですね。

投稿: 空キャット | 2005/04/07 17:33

TBどうもありがとうございます。

おっしゃるように、現場教師の負担は増える
でしょうね。結局、教師がどう料理するかなので。
ただ、料理する材料(発展箇所)が増えたので、
教科書についてはいい方向だと思います。
あと、教師の環境(雑務の多さなど)を段階的に
整理する改革も必要でしょうね。色々考えるべき
箇所があり、難しいと思います。

投稿: states | 2005/04/07 00:58

トラックバックありがとうございます。
僕たちが中学校で勉強した教科書は、ギリギリゆとり教育の範囲外だったので、発展的内容も本文に普通にかかれてたと思います。
しかし、弟の教科書を見せてもらって感じるのは、明らかにカラーの写真が多く、本文が削られていることです。
カラー写真を増やすのは構いませんが、それによって教科書が教科書らしく見えないというのが率直な感想です。
そういう点も今後は議論されてもよいのではないかと思います。

投稿: twovaio | 2005/04/07 00:30

先日はトラバありがとうございました。

発展的記述ですが、ニュースで見ると元素記号が復活とか・・・。ゆとり学習で削除されていた内容も復活したみたいですよね。でも昔は普通に習っていた事なので、どうなんでしょうか?

本当に現代っ子ってそんなにデキがわるいんでしょうか?先生のデキも良くない人がおおいんでしょうか?私にはよくわかりません。難しい問題です・・・。

投稿: river | 2005/04/06 23:30

お書きになっている通り,生徒の間で学力に差が出てきて,ある程度内容に柔軟性を持たせるのならば,教育委員会毎の教科書選択というのは,教師にも生徒にもメリットは無いですよね.どうも色々いじり回す割には,本質的な改善につながっていない感じがします.これは教育だけに限りませんが…同じ話題で記事を書いたのでトラックバックさせて頂きます.

投稿: tantanmen | 2005/04/06 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。