« DOUGHNUT PLANTの巨大ドーナッツ | トップページ | 最近のラーメン国技場はどうでしょうか? »

2005/03/07

「談話室 滝沢」の閉店に思うこと

昨日の朝日新聞・東京版に『笑顔で接客39年 全店月末に幕』という記事がありました。東京近郊の方はご存じでしょうが、新宿、池袋などのある「談話室 滝沢」という喫茶室があります。全店、制服のウエートレスさんが礼儀正しく接客してくれ、静かな雰囲気な喫茶室です。私も昔ここを仕事で、よく利用しました。
記事によると、当初ここのウエートレスさんは全寮制で、徹底的に社員教育を行った。身だしなみや言葉遣いから茶道、華道、英会話まで教えたとか。この徹底した社員教育のおかげで、礼儀正しい接客ができていたんですね。
現在ではコーヒー一杯1000円なんですが、このサービスに満足するお客は利用しますよね。何時間粘ってもいいようですし。
閉店する理由は何でしょう。かつてはすべてのウエートレスが社員だったが、いまは全寮制を嫌う女性も多く、アルバイトが増え、社員は2割。「接客教育も満足にできないようじゃ、高いコーヒー代はとれない」とは滝沢社長の弁。
最近のサービス業では、どうアルバイト活用をするかがポイントのようです。あくまで社員のこだわった滝沢の閉店。社員とは何か、を考えさせられました。

閉店までにいかなくては。東京の名所が、またひとつ消えることになり、寂しいです。

☆談話室 滝沢の閉店を惜しむブログにTBさせていただきます。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「談話室 滝沢」の閉店に思うこと:

» 談話室滝沢 閉店 [生活ブログ]
「談話室滝沢」を知っているだろうか 私のような中年のおじさんなら、新宿の代表的な喫茶店といえば談話室滝沢である。 ただ、若い時入った事は少なかった。 入店する... [続きを読む]

受信: 2005/03/07 20:33

» 談話室滝沢が消えるなんて [べるちゃん aktuell]
首都圏在住の人なら誰でも知っている『談話室滝沢』。ついに3月末で閉店になってし [続きを読む]

受信: 2005/03/08 00:07

» サヨナラ、談話室 滝沢 [タコ壺]
今日の朝日新聞の朝刊に「談話室 滝沢」が、今月末で全店閉鎖するという記事が出ていた。コーヒー一杯1000円。その代わり、何時間でも粘れるし、ウェイトレスさんもイ... [続きを読む]

受信: 2005/03/08 02:16

» 談話室滝沢が消える?! [hirokoの徒然Blog]
滝沢……。 ほんの1月ほど前、企画記事の打ち合わせで利用しました。 その前に使ったのは…… う〜んと、苦い苦い思い出。 室内なのに何故か小川? が流れていたりす... [続きを読む]

受信: 2005/03/11 01:27

コメント

しょうこさん
談話室滝沢のような店は、他にほとんどないので、ほんと残念ですね。特に、よく利用したものにとっては、なんとも惜しいです。
またおいでください。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/15 06:02

さきほど「The Gates」つながりで訪ねてきた者です。

こちらに「談話室 滝沢」についての記事があったので、おおっと思いました。
先日、新聞記事で閉店の話を読み、ちょうどその数日後に読んでいた小説にも登場してきたため、何か縁を感じていました。

やはり多くの人に愛されているお店だったということが、こちらからも伝わってきました。

時代の流れとはいえ、そういうすてきな喫茶店がなくなってしまうのはかなしいですね。

投稿: しょうこ | 2005/03/14 22:21

no nameさん
ご来訪ありがとうございます。
滝沢で働いていらしたんですね。ファンはすごく思います。私は、新宿の店を、よく打ち合わせで使わせてもらいました。ほんと、閉店は残念です。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/13 10:22

閉店がテレビや新聞をにぎわせております。パソコンで検索すると、色々な所で滝沢へのコメントが。嬉しい限り。閉店前に一度はと思い上京して、行って来ました。懐かしい上司と言葉を交わしてきて。
元社員としても全店閉店というのはものすごいショックで、去年寮が取り壊されたのもものすごいショックでしたが、1店舗でもいいので残して欲しいと思いつつ、社長の考えや気持ちも分かるなあと思いました。
複雑な気持ちです。

投稿: | 2005/03/11 21:31

バウムクウヘンさん
こんにちは。ご来訪ありがとうございます。
いまのマニュアル化された接客は、時として鼻につきます。ホント、閉店は残念です。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/10 05:30

TBありがとうございました!
全寮制で育てられたウェイトレスだったとは知りませんでした。確かに,ガチガチのマニュアル主義ではなく,シンプルだけれどソツのない接客でしたよね。うーん,残念ですよねえ。
またお邪魔させていただきま~す。

投稿: バウムクウヘン | 2005/03/09 23:49

タコ壺さん
ご来訪ありがとうございます。
おっしゃるとおり、滝沢の閉店はサービスの本質を考えさせられますね。効率だけで判断すると、滝沢のような店は、評価されないかもしれませんが、残して欲しかったです。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/08 07:55

べるちゃんさん
ご来訪ありがとうございます。
私はサービス業ではないんですが、はたからみていると、アルバイトの登用、マニュアル化である程度のレベルのサービスは提供できると思うのですが、ほんとに心のこもったサービスがどこまでできるのか、とも思いますね。難しいところです。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/08 07:52

kazu.sさん
ご来訪、TBありがとうございます。
私もいってみます。
また、ブログにお邪魔させてください。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/08 07:48

ゆーたんさん
ご来訪ありがとうございます。
ホシヤマ珈琲店、いいとこ教えてもらいました。かき徳の上にあるのは知っていましたが、入ってことはありません。こんどいってみます。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/08 07:47

れーみ。さん
こんにちは。私も、ここ10年くらい滝沢に行っていないことに気付きました。こんど東京に戻った時に、ぜひいってみようと思います。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/08 07:41

TBありがとうございました。
滝沢の閉店を惜しむ人がこんなにいるなんて…!
自由なランナーさんの書いていらっしゃる通り、
サービス業の本質を考えさせられます。
最近では効率の良さや人を使う側の利益ばかり追求され、
数字で結果が出ればイコール成功、外側からの評価にもつながるのが当たり前。
滝沢のような姿勢の店がなくなるのは本当に残念な限りです。
今月2回は行きます!

投稿: タコ壺 | 2005/03/08 02:29

TBありがとうございました。
私の勤める会社も接客業なのですが、バイトさんたちになかなか店頭での言葉遣いや作法などについての教育をすることができません。これがけっこう悩みの種でして。
確かに人件費をカットするために社員ではなくバイトを増やすというのは、最近の会社の運営にとって必要なことだというのは理解できます。ただそれによって店頭での接客のクォリティーが少しずつ落ちてしまっているというのが、我が社の現状です。本当に社員とは何なのでしょう、トホホ……。

投稿: べるちゃん | 2005/03/08 00:03

トラックバックを付けさせていただきました。
滝沢に3/31までにもう一度行って見ようと思います

投稿: kazu.s | 2005/03/07 20:37

はじめまして。
仙台のアエルの2F(スタバの奥)と一番町かき徳ビルの確か5Fにも滝沢さんのようなお店ありますよ。
名前は ホシヤマ珈琲 さんです。確かこちらも一杯1,000円でしたね。
 清潔感のある従業員さんの教育にはとても熱心なオーナーです。多分ですが 滝沢さんをお手本にされていたのかな?

投稿: ゆーたん | 2005/03/07 14:44

こんにちは~。
あら、滝沢さん、なくなってしまうのですね。
学生時分に一度だけ利用させて頂いた時には
どんなとこよここ!?とびっくりしたものですが、
今になって思い返すととても良い印象なので
これはちょっとショックです…。
こういうお店がなくなるのって悲しいですね。
私も、月末に上京した時に寄ってみたいです~。

投稿: れーみ。 | 2005/03/07 11:46

よ。さん
ご来訪ありがとうございます。
今、こんな社員教育ができない状況は理解できますが、やはり閉店は寂しいです。
おっしゃるとおり、「一流のホステス教育」に似ているかもしれませんね。

投稿: 自由なランナー | 2005/03/07 07:49

TBありがとうございます。
全寮制とか、お茶やお花まで習わせるという社員教育があったから、件の都市伝説も発生したのでしょうね。
昔ながらの花嫁修業のようでもあり、ある意味一流のホステスのようでもあり…。

投稿: よ。 | 2005/03/07 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。