« 仙台の本屋とアマゾンとアフィリエイトと | トップページ | 酒飲みにぴったりの駅弁です »

2005/01/28

週刊分冊「日本の美術館を楽しむ」の魅力

IMG_2251週刊分冊、週刊百科というシリーズがありますね。毎週(もしくは隔週)でて、すべて揃えるとちょっとした百科本になるもの。書店へいくと、たくさん出てますね。「まじぇゴはん by ミイ子さん」によると、この分冊、これといった大ヒットはないそう。私も結構この分冊百科買ってます。過去に絵画に「挑戦する!DO ART」というのを100冊買いましたが、実家で睡眠中。一昨年から1年間は「週刊 鉄道の旅」を買いそろえました。
最近「日本の美術館を楽しむ」を買ってます。これ、最初は「所詮、本でみる絵画なんだから」とあまり期待していなかったのですが、意外といいです。毎回、メインとなる美術館の所蔵品の紹介がされている本ですが、素人美術愛好家には、解説がかなり勉強になります。また、面白い切り口だなと思えるのは、この本は毎号美術館の所蔵している画家をテーマにして、たとえば『シャガールのある美術館』というページをつくっていること。全国どこでシャガールが見られるかがわかります。
この「日本の美術館を楽しむ」には結構はまってしまいます。全部で50号まで出るようですが、最後まで買ってしまいそう。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊分冊「日本の美術館を楽しむ」の魅力:

コメント

hilarionさん
こんにちは。全部買い揃えないで、お気に入りの美術館のものだけ買うのも手ですよ。

投稿: 自由なランナー | 2005/01/30 22:45

自由なランナーさん
こんにちは!
今日、本屋で初めて中身見ました。
なかなかいいですね~!
私も欲しいけど、全て揃える自信がないので
立ち読みで我慢です(^_^;)

投稿: hilarion | 2005/01/30 20:44

ミイ子さん
私は「鉄道データファイル」というのを買ってましたが挫折して、この「美術館を楽しむ」を買い始めましたよ(笑)
一冊は安いに、まとめると結構するんですね、冷静に考えると。

投稿: 自由なランナー | 2005/01/29 08:03

こんばんわ、トラバありがとうございます!
週刊分冊・百科というのは、自分の趣味にあった本が
出ると本当に嬉しいものです。
私も以前「THE MOVIE」、「世界の美術館ラ ミューズ」
(うわ~12年前^-^;)というのを買ってました。
美術館系の本は高価なので、分冊という形態は
私の様な万年金欠病には助かりマス。

投稿: ミイ子 | 2005/01/29 03:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。