« 山形デラウェアワイン-すっきりとした味わい | トップページ | 仙台のタウン情報誌には満足せず »

2004/10/06

ゆうパックと宅配便

仙台と東京を行き来していると、いろいろ送りたいものが出てきます。どうしても宅配便を使う必要がでてきますね。ひとりなので、受け取りは自宅の宅配ボックスを活用したり、隣が猫さん(ヤマト)の集配センターなので、受け取りに行ったりして、何とかしてます。
先月末にヤマトが郵政公社を訴えました。ローソンでゆうぱっくを扱うことの停止を求めるもの。ヤマトによると、日本郵政公社が納税義務免除など不当な利益を活用し、ローソンとのゆうパック取扱契約を結んだなどとして、契約撤回を求めています。

「ビジネス法務雑感記」さんが法務上の観点から詳しく書かれています。興味深く読ませていただきました。
また、10月1日からゆうパックの料金が改訂になりました。これまでの重量制からヤマトなどが使っている料金体系(基本は荷物の長さ、高さ、厚みの合計に応じて料金が設定される)に変更。

例えば、仙台から東京の実家へよく送る段ボールサイズの80サイズ(長さ、高さ、厚みの合計が80センチ以下)の荷物を送ると、ヤマトだと950円(ペリカンも同じはず)、ゆうパックだと900円。どちらも持ち込みは100円引き。ゆうパックのほうが50円安い。今のところ仙台ではコンビニでゆうパックは扱っていないし、近くの郵便局では土日や平日の遅い時間は受け付けていないので、単身者はまずゆうパックは使えません。
でも、これがローソンで受け付けたら、安いほうを選ぶでしょうね。私としては、今は官業である郵政公社がこのように民業が創出したビジネスに、民より安い設定をすることは、気分がよくないです。いずれ民営化するんだかという理論もおかしい。なにはともあれ、不快感がありますね、郵政に行動には。
ヤマトを個人的には応援したいところです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/1601102

この記事へのトラックバック一覧です: ゆうパックと宅配便:

コメント

こんにちは。
目に留まった記事なので、コメントしていきます。
クロネコヤマトについては、以前自分のブログ(※)で取り上げた本でそのルーツを知り、感銘を受けました。企業の姿勢としてすばらしいなぁと思いました。
なので、個人的にはクロネコヤマトというブランドを応援したい、頑張って欲しいという気持ちがあります。
なので、便利になるのはいいけれど、後発者が規模や立場上の特権によって先発者を追い上げるのは、なんだかなぁとも思います。
ということで、わたしもクロネコがんばれ派!ですね。

※食べ物のブログ以外に、読書感想のブログもあるのです(^^;)
 関連記事はコチラです→http://rekkolog.cocolog-nifty.com/rekkos_library/2003/09/no039.html

投稿: れっこ | 2004/10/15 15:39

 自由なランナーさん、こんばんは。
 トラックバックしていただき、どうもありがとうございました。
 私もある会社の総務部にいたとき、郵便とクロネコメール便の距離別の料金比較をしたことがありますが、その時(といっても4年ほど前になりますが)は、距離が長くなるほどメール便の方が安かったと記憶しています。今は、新しいサービスのゆうぱっくの方が安いようですが、いつまでこのようなコスト度外視のサービスが続けられるか大変疑問です。ヤマト運輸を市場から追放したら、じわじわと値上げしてくるのではないでしょうか?
 本来ならば、民間業者同士、対等な立場で競争する方が長い目で見てよりよいサービスが国民に提供されるはずですが、民営化を前にして郵政公社が存続するために、まさになりふりかまわぬ業務拡張路線を進めています。
 そして、おそらくはそれが中央官僚の規定路線なのだと思います。このまま普通に民営化したら、事実上の債務超過状態にある郵政公社はたちまち破産してしまいます。とにかく民営化を成功させるために、この際市場の健全性にはとりあえず目をつぶっておこう、というわけなのでしょう。もちろん、最終的なコストは税金やら税制上の優遇措置という極めて分かりにくい形で国民が負担します。
 私は、最終的には郵政事業の民営化は必要だと思います。ですが、現在の危険な郵政公社を「民営化」することはいいことなのかどうか。郵便市場を歪な状態で規制を緩和してしまうことがいいことなのかどうか。そしてもっといえば、携帯メールがこれだけ普及している現在において、郵便が「全国一律のサービス」をする必要が本当にあるのかどうかという、社会設計に踏み込んだ議論が行われるべきなのに、郵政事業を民営化にイエスかノーかといういかにも小泉首相が好みそうなケンカにみんな乗ってしまっているのが残念でなりません。

投稿: foresight1974 | 2004/10/06 20:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。