« グッゲンハイム美術館展のこと | トップページ | 山形デラウェアワイン-すっきりとした味わい »

2004/10/04

牛タンボールはちょっと変わった味

仙台と言えば、「牛タン」ですね。米国産タンが輸入禁止になっても、大手の牛タン屋さんは営業を続けてます。牛タンの料理といえば、焼いたものにテールスープ、麦飯が定番。でも、派生的にたとえば牛タンカレーなんてのは結構ポピュラーで、レトルトものも売ってます。
うちのそばのお肉屋さんには「牛タンボール」なるものがあります。

IMG_1135.JPG

たぶん牛をミンチにしたものの中に、牛タンを刻んだものを混ぜ、ボール状にして衣をつけて揚げたもの。直径5センチほどのまんまるいボールです。
口にいれると、結構歯ごたえがあり、牛タンの堅さと旨味が美味しいです。

この、牛タンボール、一番町四丁目商店街の「濱屋」というお肉屋さんで買えます。一個74円なり。

濱屋のweb(三越のそばです)

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牛タンボールはちょっと変わった味:

コメント

牛タンボール、なかなか買えないですけどね。「松ヶ枝最中」って知りませんでした。
仙台のおみやげは牛タンに尽きるかもしれません。(肉がダメなヒトにはおすすめでしませんが)

投稿: 自由なランナー | 2004/10/05 19:46

おいしそうですねぇ。
仙台へは、ずいぶん前に1回だけ行ったことがあるのですが、確か牛タンは食べないまま帰ってきたような気がします。
仙台=萩の月・松ヶ枝最中(字、合ってるかしら?)・ずんだ餅・カマボコ、そして牛タン、とチェックして行ったのですけどね。
牛タンボールが目についていたら、きっと真っ先に買っていたと思います。

投稿: kazumi | 2004/10/05 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。