« 出前一丁と香港-その2 | トップページ | やはりすごかった女子マラソン »

2004/08/22

「百万人の英語」とJ.B.ハリス先生

J.B.ハリスさんが亡くなったニュースを知り、あの「百万人の英語」の時代を懐かしく思いだしました。
関東地区では確か文化放送で夜11時からの放送だったと記憶しています。高校生になった頃、週何回かお世話になりました。まだまだ学校英語以外での教材が乏しい時代、貴重な英語学習番組でした。
私と同じことを、basso451コニーさんのblogでもかかれていますが、ハリスさんの軽妙な語り口は英語学習にとって、大いに力になりました。

下記のWEBでも紹介されていますが、私が「百万人の英語」を聞き始めた頃(昭和46,47年頃)はまだカセットテープがやっと世の中に普及し始めたころ。英語学習に使うなんて考えられませんでした。
http://allabout.co.jp/study/english/closeup/CU20020920A/

今は、例えばi-podにWEBから教材をダウンロードして、学習なんてことができる。ほんと便利になりました。
便利になった分、日本人の英語力はアップしているんでしょうか?

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「百万人の英語」とJ.B.ハリス先生:

コメント

コメントありがとうございます。ハリス先生は確か、大学受験講座でも講師をされていたと思います。なにせ、私にとって古いことなので、記憶にないことも多いです。ラ講といえば、数学の勝浦先生はどうされしたかね。突然思い出しました。

投稿: 自由なランナー | 2004/08/24 22:43

確か、旺文社のラ講でも講師してませんでしたでしょうか。この記事を読みはじめて知りました。いやぁー懐かしいと同時に、ちょっと悲しくなりました。

投稿: dragon2011 | 2004/08/24 16:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。