« 仙台の丸の内? | トップページ | 動詞の-en形 »

2004/07/08

国分町の焼き鳥の価格構造

会社の帰り道の国分町によってみました。(国分町は仙台最大の歓楽街)。夕食は自炊が多い私は、夜一人で飲みにでることは少ないんです。で、店がわからないので、うろうろした結果、古っぽい雰囲気の焼鳥屋に入ってみた。カウンターのみ、定員約8名、エアコンなし。職人肌の女将さんがひとり。聞くとコースがあるという。それを注文。で、結果供されたものは、焼き鳥10本。ビール中瓶1本、冷酒(一口呑みビールグラス一杯)+付き出し(豆腐)。以上で勘定3800円なり。なんで、こんなに高いんだ!確か壁にあったお品書きには焼き鳥1本180円と。とすると、焼き鳥10本で1800円。あと、なんで2000円もかかるの?誰か教えてください。
肝心の焼き鳥の味は、ちょっと焼きすぎ、ボリューム感のないものでした。
店は「Iの支店」とういう店。また行かないな。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国分町の焼き鳥の価格構造:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。