« 天花がつまらないんです | トップページ | 東京の美術ファンは恵まれていますね »

2004/07/24

「邂逅の森」売ってました

週末は実家に帰ってます。地元・自由が丘の書店でも「邂逅の森」が平積みになってました。直木賞受賞後、増刷したようですね。
青山ブックセンターの跡(?)に行ったら、「7月16日で閉店しました」との張り紙が。もうあの白いブックカバーをかけてもらえ無いかと思うと、ちょっと寂しい。
妃殿下さんのページによると、新宿の青山ブックセンターの後に、ブックファーストが入るとか。大規模書店も生き残りに必死だな、という印象です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「邂逅の森」売ってました:

» 青山ブックセンター再建へ-空気にも21世紀性が求められる [BigBan]
洋書販売の取り次ぎである洋販により再建の動きがあるという。 多くのファンを持つこ [続きを読む]

受信: 2004/08/04 02:46

» 邂逅の森、動物記、を読んで [かえるリポート]
熊谷達也の直木賞受賞作「邂逅の森」と新堂冬樹の「動物記」を読んだ。先日読んだ「いのちの食べかた」に、牛や豚を屠殺する際作業に当たる人々はなるべく苦痛を与えないよ... [続きを読む]

受信: 2005/02/27 03:02

コメント

うちは女房に買っておいてもらいました。「邂逅の森」は、「相克の森」に続くマタギをテーマにした作品ですね。熊谷さんは仙台の地元NHKのニュースのインタビューで「直木賞の受賞で、足元のブレがなくなり自信をもって創作に取り組める」という趣旨のことを話されてました。

投稿: 自由なランナー | 2004/07/25 16:08

こんにちは。
「邂逅の森」は、結局地元の本屋に予約して
おきました。一昨日、入荷の連絡があり、昨夕
取りにいきました。そのあと所用で出かけたの
であまり読んでいません。直木賞は、ほとんど
読んでいませんが、やはり大人の小説ですね。
昨日の新聞朝刊に大きな広告がでていました。
地元の本屋でも、店の前面の棚に7~8冊程度
飾られていました。
芥川賞の方は、ずいぶん前に「ついていけな
い」と感じて以来読んでいません。

投稿: 登霧 | 2004/07/25 12:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。