« 福井でも豪雨 | トップページ | おばんです »

2004/07/19

仙台の書店について、再び

直木賞受賞作家・熊谷達也氏の著作「邂逅の森」が仙台で手に入らないことの不満を書いたら、お二人から優しいコメントをいただきました。今の本の流通状況は悪く、特に東京以外の地域では、思うように書店に本が並びません。東京・多摩地区にお住まいの登霧さんがお書きになっているように、新直木賞作品がすぐに本屋で手に入らない、寂しい状況です。
ただあくまで個人的な感想ですが、仙台にはいい本屋が少ない。以前住んでいた40万都市の金沢より劣っていると思います。なぜかな。不思議です。仙台は100万都市、文化的にも十分な土壌がある街なのに。どなたか、教えてください。いい本屋に飢えてます、ホンと。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台の書店について、再び:

コメント

登霧さん、コメントありがとうございます。
わざわざ、ネット書店まで調べていただいて。アマゾンはありませんでしたね。紀伊国屋のWEBは、書店在庫とリンクしてるので、便利ですね。
また、BLOGで交流させてください。

投稿: 自由なランナー | 2004/07/20 11:28

トラックバックありがとうございました。
さきほど、オンライン書店をいくつか調べました。
新宿・紀伊国屋に在庫があるようです。
今後もよろしくお願いいたします。
仙台には、若干縁があります。

投稿: 登霧 | 2004/07/20 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。