2022/08/08

映画「ELVIS」のサントラは2種類

 公式ホームページには大ヒットとある映画「エルヴィス」ですが、確かにそうかも(エルヴィスマニアは信じられないところがありますが)。でも今日(8月8日)でも例えばTOHOシネマ日比谷では3回の上映です。7月1日上映開始ですから、1ヶ月以上のロングランです。シネコン全盛の時代には不人気の作品はすぐに上映を打ち切られので、ヒットかな。
 映画のサントラ盤<ELVIS (Original Motion Picture Soundtrack)>も人気でアマゾンでは一時品切れでした。このサントラ盤ですがCDとダウンロードヴァージョンと内容が違います。CDは全22曲収録ですが、ダウンロードヴァージョンは37曲です。Apple MusicではCD発売前から公開されていたのですが、CDを買って曲数の違いに気づきました。
 これまではダウンロード版はCDでのボーナストラックがなく、これを含めて聴きたいのであればCDを買っていたのですが、この「常識」が通用しないということ。更に、CDは2200円に対し、ダウンロードは1800円ほどです。ダウンロードがずっとお得です。ただ、ダウンロード版をCDにするにはちょっと手間がかかりました。ダウンロード版37曲は1枚の音楽用CD-Rには収まらず、2枚組に。
 もう、CDという物質を所有して音楽を聴く時代ではないのかも。年寄りはついていけません。

Elvis-original-motion-picture-soundtrack



| | | コメント (0)

2022/08/07

ランニング市場でのアシックス

 ランニングシューズではNIKEの厚底が市場を席巻していますが、日本のアシックスも反撃しているようです。先日、日経新聞にアシックスの広田康人社長のインタビュー記事が掲載されていました。
 コロナ禍でランニング人口は増えているそうです。
「人々の健康志向が高まった一方で集団スポーツがしづらくなった。ランニングは人との距離をあけながらできるスポーツということで世界的に人気が出た」(8月4日 日経新聞)
 コロナ禍後も「「国内では過去に大きなブームが2度訪れたが、いずれも一段落した後もランニング人口は減らなかった。今回も減らないと思う」と広田社長はいいます。そして、
「コロナ禍後は中止していた大会も再開され、シューズを新調するモチベーションが生まれて商機となる。」
 とビジネスは拡大していきそうです。
 ランニングシューズの動向で重要な厚底へのアシックスの策は。
「我々は挑戦者の立場。ナイキに対抗して出した厚底シューズ『メタスピード』シリーズは6月に新モデルを出した。『頂上から攻めよ』という創業者の精神にのっとり、トップランナーのシェアを高めたい」
 とアシックスの厚底『メタスピード』に注力すると言います。
 でもなあ、メタスピード高いし。普段のトレーニングには使うにはもったいない。ずっとアシックスを履いているので、頑張って欲しいです。





 





| | | コメント (0)

2022/08/06

コンデジの終焉

 小型デジタルカメラがなくなりつつあります。今日の日経新聞の記事「小型デジカメ開発停止 パナHD、低価格モデル対象 ニコンはミラーレスに集中」(8月6日 日経新聞)によれば、
<カメラ大手が小型デジタルカメラの開発を相次ぎ停止する。パナソニックホールディングス(HD)は「LUMIX」ブランドの低価格機種の開発を停止した。ニコンも「COOLPIX」ブランドの小型デジカメの新規開発を取りやめた。>
 と小型デジタルカメラ(コンデジ)は新商品が望めない状況になっています。
「カメラ映像機器工業会(CIPA)によると2008年の世界出荷台数は1億1007万台に達した。」というマーケットが「21年の世界出荷台数は301万台と08年比で97%減の水準にまで落ち込んだ。」とコンデジの生産台数は激減しています。
 パナソニック、ニコンだけでなく、
<富士フイルムも1998年から展開してきた小型カメラのブランド「FinePix」の廃止を決め、既に生産を止めた。新商品も開発しないという。>や、<キヤノンは「IXY」の新商品を2017年以降は出していない。>という状況。ソニーは、<19年から「Cyber-shot」ブランドで小型デジカメの新商品は発売していない。>とこれも新商品は期待薄。
 ソニー「Cyber-shot」のRX100VIIをサブカメラとして使っています。2年半程前に買い、いいカメラなので毎日使っています。でも後継の新機種はないのかもしれません。
 コンデジが終わるのは、まもなくのようです。

Dscrx100m7














| | | コメント (0)

2022/08/05

NTTの電話サービス

 少し前ですがNTTから封筒での案内がきました。開封してみると<2024年以降の固定電話でのご案内>というパンフレットが同封されています。これを読むと、
「2024年以降の固定電話について、基本料金は現状通り、通話料金は全国一律に変わります」
 というのが要点です。
 遠距離通話は料金が高い、ということが刷り込まれていたのですが(実際の料金も高い)、これが全国一律になるということ。でも、いま固定電話で遠距離には電話をかけないです。これは固定電話の設備がIP網に変わることによるものです。
 これにともない、パンフレットには<2024年1月に終了するサービス>が載っています。サービスはいくつもあるのですが、知らないものも多いです。例えば、
「ナンバー・アナウンス」:「136」をダイヤルすると、着信した呼の日時と電話番号を5件まで案内するサービス
「トーキー案内」:録音再生装置を電話網に接続し、電話回線を介した情報案内を実現するサービス
「114(お話し中調べ)」:相手方の電話番号がお話中か受話器外しか等を調べるサービス
 など。
 NTTも古い時代のサービスを引きずっていたのです。時代は変わっています。

202207-ntt



| | | コメント (0)

2022/08/04

東京の猛暑日記録

 昨日も東京都心は最高気温36.1度で猛暑日でした。これで今年猛暑日は13日となり、過去最多の記録と並んだそうです。これまでの最多記録は1995年と2010年の13日です。
 1995年は暑かったです。この時代にはクールビズなんてありませんでした。クールビズは「2005年(平成17年)4月に行われた環境省の一般公募によって選ばれたものである。」(ウィキペディアによる)。
 当時は営業の仕事していたので暑い夏でもネクタイをして、スーツの上着は(とても暑くて着られないので)手に持って外回りをしていました。上着が汗でびっしょりになった記憶があります。ひどかった。
 2010年は夏に仕事でトラブルがあって、身体を壊しました。たぶん、暑さのせいです。
 今日はまだ8月4日です。猛暑はまだまだ続きそうで、猛暑日の新記録達成は確実でしょう。もういい加減にして欲しいと思っているのは、私だけか。高齢者には厳しい夏です。

| | | コメント (0)

2022/08/03

「ベイビー・ブローカー」が織りなす物語

 是枝裕和監督の「ベイビー・ブローカー」をやっとみてきました。是枝監督の最新作で、なおかつ韓国制作の映画です。公開当初は是枝監督もメディアに登場し、話題になっていたようですが、意外と注目されていない気がします。東京地区では今週末で公開を終了する館が多いみたいです。
 この映画は、
<「パラサイト 半地下の家族」の名優ソン・ガンホを主演に初めて手がけた韓国映画。子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていく「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」を介して出会った人々が織り成す物語を、オリジナル脚本で描く。>(映画comより引用)
 で監督、脚本、編集を是枝裕和が手がけています。
 いい映画です。作品からは様々なメッセージが投げられていますが、それをどう解釈するかは見る側の自由。結論はひとつではないし、結論はないかもしれません。
 是枝裕和が日本語で書いた脚本を韓国語に翻訳し、これを韓国の俳優、スタッフらでの制作は、簡単なことではなかったはずです。しかし、素晴らしい作品に仕上がっています。俳優もソン・ガンホしか知らないのですが、どの人も好演です。撮影も確実に物語を伝えています。いい映画をみました。



| | | コメント (0)

2022/08/02

10キロ走るのもつらい

 ここのところ何回もかいている気がしますが、猛暑がひどい。
<今日2日(火)は西日本、東日本の広い範囲が太平洋高気圧に覆われ、夏空が広がります。各地で35℃以上の猛暑日となり、内陸部では40℃に達する所がある見込みです。>(ウェザーニューズより)
20220802

 朝5時頃起きたら、すでに気温は29度になってます。というか夜中もずっと高い気温のままだったのでしょう。

20220802_20220802084201

 気温、何度までならジョグしていいのか。個人差があるでしょうが、環境省の「運動に関する指針」では、28度から31度だと<警戒>で、「熱中症の危険が増すので、積極的に休憩をとり適宜、水分・塩分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休憩をとる。」とされています。
 また「暑さ指数」も重要。ジョグ開始時にはチェックしていなかったのですが、8時の時点では29.8。これは<厳重警戒(激しい運動は中止)>です。
 今日も東京では35度越えの予報です。厳しいな。


| | | コメント (0)

2022/08/01

ジャズファーストのライブ

 細かなことは覚えていないのですが、ブログつながりで知り合いになった方がミュージシャンをしています。元々は会社勤めをされていたのですが今は「トマソンズ」というユニットで活動されています。
「トマソンズ」のライブが横浜のジャズファーストで<トマソンズの夏>として開催されました。正直言ってジャスは苦手です。でも、ライブはいいですね。特に小さなスペースでのライブは演奏が迫ってくる感があり、楽しいです。
 ほぼ音痴のオジさんは楽器ができる人が羨ましい。いいなあ。


トマソンズ

20220731

 

 

| | | コメント (0)

2022/07/31

汗が滴るTシャツ

 暑いですね。一時、戻り梅雨みたいな気候だったけど、最近は夏真っ盛り。まだ7月なんだけど、各地で猛暑日予想です。
「7月最終日となる明日31日(日)は近畿から関東、東北南部で危険な暑さが予想されます。東京都心をはじめ広い範囲で35℃以上の猛暑日となり、38℃前後まで上がる所もある見込みです。」(ウェザーニュースより)
 早朝ランでも暑い。気温は4時台でも既に29度近い。そんな中、走り終えてTシャツを絞ると汗が滴り落ちます。9キロを7分をこえるペースなので、ハードなランではないんですが。
 これで今月はなんとか220キロを達成。これが限界かも。これ以上走ると、昼間疲れてスポーツクラブのレッスンをサボろうとする。真夏はあと1ヶ月以上あります。今年の長期予報も平年より高めです。おまけにコロナの新規感染者が爆発的に増えている。
 ちょっとサボってもいいかな、と思うこの頃です。

202207-runlog






| | | コメント (0)

2022/07/30

インターネットの発展とニフティ

日経新聞「私の履歴書」の今月はソニー・ミュージックエンタテインメント元社長の丸山茂雄さんが執筆しています。その中で2005年にアーティストが自ら楽曲を配信し、リスナーがダウンロードして聴く配信サイトの「mF247」を立ち上げたことを書いています。まだiPhoneが登場する前でネットでの音楽配信は未知の領域の時代。しかし「私はネットの素人だった。音楽と違ってIT(情報技術)のことはわからない」(127日 日経新聞)という状況で、いくつか策はうったが行き詰まります。
インターネットが成長する道のりでは様々なサービス、ビジネスが立ち上げられました。今ではなくなったものも数限りない。しかし、後世からみればいまのビジネスが成功している芽がたくさんあることも確かです。
当時富士通が提供したパソコン通信のニフティサーブも当時は先進的なサービスでした。パソコン通信があるから今のSNSも誕生し、発展したのでしょう。

このブログを始めたのは17年前、2004年の7月です。当時、ブログという新しいメディアとして注目され、面白そうなので始めました。当時、ブログのサービスを提供しているプロバイダーは少なく、アカウントを持っていたニフティのココログをみつけ、日記みたいなブログをやり始めました。
ニフティは(記憶が定かではないのですが)、1993年頃に会員になりました。モデムがついている富士通のワープロ「オアシス」を購入したことから、パソコン通信というものが出来ることを知りました。モデムを使い電話回線経由で通信する(いまからみれば)原始的な方法です。面白く、熱中して電話料金が2万円を超え、女房に叱られました(笑)。
いくつかのフォーラムに入り、オフ会も参加しました。最近のSNS社会でもオフ会があるようですが、どんな感じなんだろう。パソコン通信時代のオフ会とは違っているのかな。

パソコン通信からインターネットに時代が移行し、パソコンをめぐる状況も変わりました。勤務していた会社の関連企業がプロバイダーをしていたので、そちらでeメールとかを使うようになり、一時的にニフティはご無沙汰になりました。いろんなツール、ガジェトも買いました。先日、整理していたら昔のKindleを発見。もう使えないのかな。

Kindle-first
いろんなこともありましたが、先述したように2004年にココログを始めいままでお世話になっています。この記事が6588件目です。ニフティとの付き合いはけっこう長いです。これからのニフティがどのように発展するのか。興味津々です。






| | | コメント (0)

2022/07/29

anan×Perfume

 Perfumeで悩んでいます。来月から始まるコンサートのチケットをぴあで申し込んで、抽選なのでどうせ当たらんだろうと思っていたら当選。人気のグループなのに。
 でもコンサートは東京は有明アリーナのこけら落としコンサートです。まだ発表はされていませんが、ライゾマティクスがビジュアル、CGを担当することは確実でしょう。映像面でのコンサート演出も見ものです。
 一昨日、ニューアルバム「PLASMA」が発売されました。これに合わせてのコンサートですが、プロモーションも展開されています。最新号の「anan(アンアン)」ではスペシャルエディションとしてPerfumeの表紙版を通常号と合わせて発売。通常号はKis-My-Ft2が表紙です。
 スペシャルエディションだけど、近くのナチュラルローソンで売ってました。
 子供ほどの娘さんのコンサートにいっていいものか(この言い方がオジさんだな)。その一方で加山雄三のコンサートは外れです。さて、コンサートどうしようか。

20220727-anan-perfume2






| | | コメント (0)

2022/07/28

小伝馬町で「さよならはるのひかり」

 久しぶりに小伝馬町へ。目的はRoonee 247 Fine Artsでの「臼井愛子 写真展 さよならはるのひかり」です。作家の臼井さんとは昨年参加していた金村修さんの写真のワークショップでご一緒していました。ただ臼井さんは北海道にお住まいなのでオンラインでの参加でした。
 なので、作家さんご本人とは初対面です。臼井さんは学校にお勤めの中、フィルムカメラで撮影されています。仕事は多忙を極めているようですが、作品に対する情熱はすごいです。今回展示されているのは、中判カメラで撮影したネガを焼き、そのプリントに絵具を塗り込む「雑巾がけ技法」を使った作品です。プリントは色、画面のしっとり感、奥深さなど通常のモノクロプリントと違う独特の風合いです。
 展示は31日(日)までです。お時間あるかたはぜひ。


202207-1_20220728093101
202207-2_20220728093101






| | | コメント (0)

2022/07/27

日本の経済成長率は低いまま

 一昨日ですが、今年度の日本の経済成長率が下方修正されました。
<内閣府は25日、2022年度の実質成長率が2.0%になるとの試算をまとめた。1月に閣議決定した見通し(3.2%)を大幅に下方修正した。>(7月25日 日経新聞)
 実質成長率2.0%というのは低いのか、それなりなのか。
 今日の新聞ではIMFの経済成長率予測を報じています。
<国際通貨基金(IMF)は26日、世界経済の2022年の実質成長率見通しを3.2%に下方修正すると発表した。4月時点の前回見通しは3.6%だった。>
 ここも下方修正です。これは「歴史的なインフレとそれに対応する米欧の利上げ、中国のロックダウン(都市封鎖)が逆風となる。」とされています。
 下方修正したといっても3.6%→3.2%ですから、日本の2.0%より高いです。
 そして、来年(2023年度)の実質成長率は現時点で1.1%と予測されています。日本は、ほんとに成長しないなあ。





| | | コメント (0)

2022/07/26

島田陽子さん、亡くなる

 しばらくこの方の消息をきいていませんでした。女優の島田陽子さんが亡くなりました。女優・島田陽子との出会いは、高校生のとき。映画「初めての愛」をみました。東宝映画、監督は森谷司郎です。映画comから引用すると、
<“青春”そのものが、本来持っている光と影、やさしさ、ためらい。様々な角度から“青春”を掘りおこす。全編に流れる歌は、作詞、作曲小椋桂で自らが歌っている。脚本は「蒼ざめた日曜日」の井手俊郎、監督は脚本も執筆している同作の森谷司郎、撮影は「白鳥の歌なんか聞えない」の中井朝一がそれぞれ担当。>
 主演が昨年亡くなった岡田裕介と島田陽子。この映画をみたのは高校生のときです。ウィキペディアによれば、島田陽子にとっては最初の映画作品です。初々しい演技がいまでも心に蘇ります。
 1970年代の東宝映画、特に森谷司郎作品は心を動かされる作品がいくつもあるのですが、ほとんどがいまみることができません。残念です。
 ご冥福をお祈りします。


| | | コメント (0)

2022/07/25

ボクシングバンテージを買う

 スポーツクラブで格闘技系のKIMAXレッスンに参加しているのですが、マイボクシンググローブを持参してます。何年か前にクラブで斡旋してくれたものです。グローブを着けるのに軍手をしてからグローブを着けるのがルールになっています。レッスンではグローブと軍手は無料で貸し出されています。
 ボクシンググローブの着用には正式には(?)ボクシングバンテージを使用します。最近、これが欲しくなりネットで購入しました。着けるのは簡単なんですが、ちょっと問題が。バンテージを着けてグローブをはめるのは、いささかきつい。ボクシンググローブはWindyのものです。これはタイのブランドでムエタイ用に使うもの。ムエタイとボクシングのグローブが違うものなのかはよく分からない。
 先日、クラブのインストラクターさんに「グローブはMサイズとLサイズ、どちらを使っておられますか?」ってきかれました。グローブのサイズなど気にしたことはありませんでした。マイグローブをみるとMサイズです。ネットで調べるとグローブのサイズはM,Lのほか、オンスでも分かられている(このほうが本格派かな)。
 それにしてもバンテージをつけるとグローブの着脱に時間がかかります。レッスンの合間にグローブを外して、水分補給ということが時間的にできない。この問題、どうしようか。悩み中です。

Photo_20220725095701

| | | コメント (0)

2022/07/24

蜷川実花が花を撮る「瞬く光の庭」

 蜷川実花の個展が庭園美術館で開催されるというので、久しぶりに出かけてきました。<蜷川実花「瞬く光の庭」>
「コロナ禍の国内各地で昨年から今年にかけて撮影された、最新の植物の写真と映像をご覧いただきます。アール・デコ様式で装飾された当館の建築に、蜷川の作品を重ねることで、様々な時間の交差する場を出現させるものです。」(美術館の公式サイトより)
 とあるように、庭園美術館の建築と蜷川実花による美しい花、植物の写真が作り出す空間、そして窓からみえる景色が、独特の空間を生み出しています。アールデコ様式と蜷川の写真との相性の良さは、いささか意外です。
 また、新館のギャラリーでの動画は刺激的。複数のスクリーンに映し出される動画が重ね合わされ、魅惑的な空間が展開します。
 ところで、庭園美術館の新館って、いつできたんだろう。調べてみると2014年です。ひょっとしたら8年以上、このミュージアムにきていなかったのか(苦笑)。
 ともかく、写真ファンでなくても楽しめる展覧会です。

1202207
202207-2_20220724073201




 

 



| | | コメント (0)

2022/07/23

フランフランの扇風機

 街中でも扇風機を使っている人が増えました。携帯扇風機、卓上扇風機とかいわれているみたいですが、充電して持ち歩ける。家とかオフィスではUSBで使えるという商品。
 フランフランの扇風機を使っているのですが、この商品今は品切れです。このような商品は他にもたくさんあるようですが、フランフランは人気。販売予測を見誤ったのでしょうか。梅雨明けが早かったせいかもしれませんが、今時点で品切れは商売としては痛い。と言うか商機を逃しています。
 扇風機のオプションで「回転スタンド」を使っていました。この商品は給電しながら扇風機が回転するもの。デスクなので使うのには便利なもの。これが去年壊れて、補償期間は過ぎていたの買おうと思っているうちシーズンが終わってしまい、買い損ねました。
 そして今年。フランフランでは扇風機の本体は品切れですが、回転スタンドは売ってます。二子玉川の店舗で買ってきました。
 フランフランは企業としてはセブン&アイ・ホールディングスが株の半分を所有する会社でした。しかし、それも半分くらい売却。フランフランはセブン&アイ・ホールディングスにとっては魅力的な会社ではなかったということかでしょうか。
 自由が丘のフランフランは閉店してしまいました。いくつかのことからはフランフランは厳しいのではないかと推測しています。企業の運営は難しいですね。当たり前ですが。

Photo_20220723083401

| | | コメント (0)

2022/07/22

多様な表現「ゲハルト・リヒター展」

 ゲハルト・リヒターの個展「ゲハルト・リヒター展」(@東京国立近代美術館)は様々な表現手法での作品に、ときに戸惑い、時に驚き、時に感動する作品展です。ゲハルト・リヒターの個展は「日本では16年ぶり、東京では初めて、美術館で開催されます。」(公式サイトより)で、これは見逃せません。
 本展ではゲハルト・リヒターの
「フォト・ペインティングからカラーチャート、グレイペインティング、アブストラクト・ペインティング、オイル・オン・フォト、そして最新作のドローイングまで、リヒターがこれまで取り組んできた多種多様な作品を紹介。」(公式サイト)
 しています。単に抽象(アブストラクト)とくくっていたのでは、ゲハルト・リヒターの本質はなにも分からない、ということに作品をみながら気づきました。
 展示はいつもの出口側から入場し、入口側からでる逆回りになっています。平日ながら会場では若い人、特に女性の姿が目立ちました。
 近代美術館での展示の後は、豊田市美術館に巡回します。2つの美術館の展示でいくつかのパートでは作家本人が展示を決めているとのこと(音声ガイドで知りました)。豊田市美術館の展示もみたくなりました。
 必見の展覧会だと思います。

202207-1_20220720072401
202207-2_20220720072401



| | | コメント (0)

2022/07/21

「エルヴィス」を再びみる

「エルヴィス」をまたみてきました。女房がトム・ハンクスのファンでみたいというので、劇場に。渋谷の映画館でみたのですが、なんと上映前に完売です。封切りから20日が経って、まだこの状況は驚きです。
 前回みたときには(エルヴィスのマニアだからいいだろう)と予習なしにみたのですが、この映画の奥深さ、特に音楽、楽曲についての深さがわかり、勉強し直して(笑)、みにいきました。サントラのディスクはまだ発売されていないのですが、Apple Musicでは聴けるので予習しました。
 楽曲での深さは、例えば映画の冒頭に流れる「Cotton Candy Land」。この曲はエルヴィスの映画「It Happened at the World's Fair」(邦題『ヤング・ヤング・パレード』)の挿入歌です。エルヴィスがつまらないハリウッド映画を量産していた時代の作品で、その挿入歌をこの映画に使うことが新鮮。そして歌うのはスティーヴィー・ニックス&クリス・アイザック。スティービーのしゃがれ声ボーカルが最高だ。
 これを機会に、エルヴィスのミュージックに触れる人が増えるといい。そんな楽しみも与えてくれる「エルヴィス」のヒットです。

It-happened-at-the-worlds-fair

| | | コメント (0)

2022/07/20

「国民の僕」をみる

 Netflixで配信されている「国民の僕」を見終わりました。ウクライナのゼレンスキー大統領が、大統領になる前に主演したドラマで、大統領になったきっかけとも言われています。ゼレンスキー自らがプロデュースした作品で全3シーズン、49話と全体ではかなりの長さです。
 ゼレンスキーが大統領を演じ、様々な苦難を経て、ウクライナを国として成功させる物語。ドラマとしてはコミカルな味付けをされながら、シリアスなウクライナの国の実態が描かれている秀作だと思います。
 しかし、いまこのドラマを素直に楽しんでいいのか。躊躇するものがあります。終わりが見通せないロシアのウクライナ侵攻に、心が痛む「国民の僕」です。

| | | コメント (0)

2022/07/19

株主優待券の扱い方

 先月、株を持っているサンリオから株主優待券が送られてきました。その中にサンリオピューロランドの入場券がありました。サンリオピューロランドは昨年だったか株主デーがありいきました。オジさんがしばしばいくところではありません。子供もいかないので無駄になることが明白。
 で、金券ショップに売りにいきました。新橋のニュー新橋ビルには何軒もの金券ショップがあります。売ろうとしたら(封筒が)「未開封のものだけ」と言われました。なんでだろう。身元確認のためか。それなら身分証明書で確認すればよいのに。
 以前未開封の状態ではない優待券を買ってくれたところをみつけ、そこで無事売却しました。
 買取金額は安いです。メルカリにもたくさん出品されている価格の3分の2くらい。これからはメルカリにだした方がいいみたです。

202207

| | | コメント (0)

2022/07/18

CM動画をつくってみた


 知人の女優・桃井八重さんが【罪時々罰】(7/20(水)〜 7/24(日))に出演します。リアルはもちろん、ネット配信のありますので、ぜひ。詳細は以下を。

 公演で<出演キャストCM枠動画>というのがあって、本来は主催者が動画を撮影するCMがあり、動画は公演中に劇場で流されるとのこと。
これに参加するのにそのままではつまんないので、女優の桃井さんにうちのキッチンスタジオにきてもらい、撮影して完パケを主催者にお渡しすることにしてもらいました。動画は以下からご覧ください。
https://youtu.be/GCEH06xn5oU

  桃井さんとは以前創業スクールでご一緒させていただきました。女優、セミナー講師、ECサイトでのお花屋さんなど多才な活躍をされています。今回の舞台も楽しみです。

| | | コメント (0)

2022/07/17

スタジオレッスンでネット予約の効用

 コロナの感染が拡大していますね。昨日(7月16日)は「16日の新型コロナウイルスの新規感染者は全国でおよそ11万600人となり、1日あたりで過去最多となった。これまで最も多かったのは2月1日の10万4484人」(7月16日 日経新聞)と最高の新規感染者数を記録。
 国は経済の影響を考え、早急に行動制限は行わないようです。思えばコロナの感染が始まり、最初の緊急事態宣言がだされて、各所で営業自粛がありました。スポーツクラブの休業になりましたが、その後対象から除外され、最近は平常に営業しています。
 スポーツクラブでのコロナ禍以後の変化として、スタジオレッスンのネット予約化があります。以前はレッスン開始前に並ぶといういま思えば原始的なルールでしたが、いまは完全にネット予約になっています。予約をしていなければレッスンに参加できないという厳しい制度です。
 この予約も大変なんですが、効用もあります。先日予約のサイトをみていて「利用履歴」というページを発見しました。過去に利用したスタジオレッスンが一覧でみられる内容です。まあ、振り返る必要もないのですが、時系列でみるとレッスン参加への頻度もわかり、多少は参考になります。もう、以前のような整列待ちルールには戻れないのです。なんとなく寂しい。

202207-studio-lesson-log




| | | コメント (0)

2022/07/16

介護保険料がよくわからない

 介護保険料の通知が区役所から送られてきました。65歳になった時点から介護保険料の支払い方が変わりました。そもそも介護保険料とは、
「介護保険を運営していくために40歳以上の健康保険加入者の国民が支払う義務のある保険料のこと」です。65歳以上の人は自動的に第一号被保険者となり、保険料の徴収は原則として自治体が年金から天引きれます。
 しかし私は年金を受給していないので、介護保険料を支払う必要があります。送られてきたのは月ごとの保険料の納付書です。昨年度の保険料と比べて半分くらいの金額です。所得が減ったせいですね。喜んでいいのか・・・・・・。
 介護保険料は死ぬまで保険料を払わねばいけないもの。介護という言葉にたじろぎながら、どうやって保険料を手当しようか、悩みます。

2020_20220715212001

 





| | | コメント (0)

2022/07/15

これは梅雨ではなかろうか

 短い梅雨が明け、真夏になったと思ったら、また梅雨のような天気。これを戻り梅雨というのだそうですが、単に梅雨明け宣言が早かっただけでは、と疑う今日この頃。
 朝ランは戻り梅雨に戸惑います。スマホでウエザーニュース、Yahoo!天気、iPhoneアプリの天気予報の3つを前日みて、翌朝の天気はどれも雨。でも、朝起きると雨は降っていない。今日もそうでした。で、予定を変更してランニング。
 突然雨が降り出すこともあるので、近くの駒沢公園のジョギングコースを中心に走りました。朝、5時台にもランナーは多いです。案の定途中から雨。いつも行き交うピーター・バラカンさんは雨の中、お散歩です。
 今月は今日までで106キロ。雨で走った日が少なく、距離も少なめです。でもなあ、まだ7月15日。夏本番はこれからなんですよね。

202207-half-log

| | | コメント (0)

2022/07/14

東京マラソンのメダルフレーム

 市民マラソンの完走記念にメダルをくれることになったのはいつからか。東京マラソンがその先駆けかもしれません。今年の3月、東京マラソンをなんとか完走し、ゴール地点でもらいました。紙の完走証はネットにアップされるので、もらえません。自分ちのプリンターで印刷するのも少し寂しい。
 メダルをもらった時は嬉しいのですが、しばらくするとどこかへしまい込んだままになってしまうのはいつものこと。東京マラソンの公式サイトでメダルフレームをみつけ、ちょっと高いけど(なんと19,000円)買ってしまいました。注文したのが4月下旬、やっと先日到着しました。
 メダルとアスリートビブスが入ります。立派なフレームです。高いからな。
 紐で吊すタイプなので、場所が限られます。どこか飾るところをみつけないと、また死蔵になってしまいそう。
 また片付けしていて、2008年のメダルをみつけました。棚の片隅に放置されていました。これもどこかでちゃんと保存しなくては。

2022-2_20220714084201
2008


 

| | | コメント (0)

2022/07/13

ニコンが一眼レフカメラ開発から撤退

 昨日、メディアで報じられているニコンが一眼レフカメラ開発から撤退というニュース。
「ニコンが一眼レフカメラの開発から撤退したことがわかった。1959年から60年以上にわたって一眼レフを手掛けプロの支持を集めてきたが、人工知能(AI)や画像処理技術を導入し市場で主流になりつつあるミラーレスカメラの開発に集中する。」(7月12日 日経新聞)
 この報道が事実かはわかりませんが(ニコンは現状報道を認めていません)、ニコンの置かれた状況を示し、あり得るだろうと思います。私の知るところでもニコンのカメラから他社に乗り換えをした人が何人もいます。
「ニコンはもうダメだ」という声もききます。しかし、これはどうなのか。ニコンの業績は回復しています。2021年3月期には売上高約4500億円で、約340億円の赤字(営業損失)でした。しかし、2022年3月期では売上高5396億円、営業利益は499億円に回復しています。
 ニコンでの売上でカメラ事業は3分の1です。すぐにニコンのカメラ事業がダメになる(撤退する)可能性は極めて低いとみるのが妥当でしょうか。
 イメージセンサーを内製できない課題はありますが、これはニコンにはどうしようもないこと。今後の課題は、ミラーレスカメラので主戦場が動画に移っている現状に、どのような策で対応していくか、でしょう。
 かつての日本光学工業がカメラをつくり続けるか。まだ、わかりません。

| | | コメント (0)

2022/07/12

ロージナ茶房の味わい

 先日、国立の画廊へいったときロージナ茶房によりました。作家・山口瞳が常連で『行きつけの店』にも登場している店。何十年振りだろう。店へ入ると、「お好きな席へどうぞ」と。ゆるやかな接客がいい。席について店内を思わず見渡します。「こんな店だったかな」、まあ以前の記憶もほぼないですが。
 昼飯どきだったのランチメニューがあり、そこからシーフードグラタンを注文しました。外食でグラタン食べるなんて久しぶり(サイゼリヤにいけばいいのか)。
 ほどなく供されたシーフードグラタンはボリューム満点です。熱々、とろっとしていて美味しい。
 国立に住んでいたら、山口瞳のように通い詰めたのに。そんな素敵なロージナ茶房です。

1_20220712082401 Photo_20220712082401     

| | | コメント (0)

2022/07/11

羽田空港の賑わいはまだ遠い

 連日、新型コロナ感染が拡大しています。昨日の東京都は9000人、全国では5万人。あっという間に増えています。第7波でしょうか。
 羽田空港の第3ターミナル(国際線)にいってきました。ここは、撮影で一昨年から時々通っています。2020年3月、初めての緊急事態宣言が出る前日は、ほんと人がいませんでした。店はいくつか営業していました。
 それから何度か足を運んでいますが、状況は変わらない、というか悪化していました。閉店した店もあります。Hello Kitty Japanは早々と店を閉めました。閉店はしないでもずっと休業の店はいくつもあります。
 そして今は、海外への何便かは運航しているので、ターミナルの出発ロビーには人がいました。でも少ないです。この夏休みは海外旅行も増えているようです。
「2022年夏休みは海外旅行が前年の約22倍に」(トラベルWatch)
 エイチ・アイ・エスの発表です。
 さて、夏休みには羽田空港が賑わうといいのですが。

202207-3
202207-2
202207-1

| | | コメント (0)

2022/07/10

金春の羽根餃子

 羽田空港にいった帰り、京急蒲田を通ったので、途中下車して「金春本店」に久しぶりにいきました(「金春新館」もあるのを調べていて知りました)。蒲田といえばなぜか羽根付き餃子で、「金春本館」も有名店のひとつ。
 13時頃、ランチ時なので混雑かなと思っていたら、そうでもなかった。前来たときは、昼間から宴会状態の人たちがいたのですが、そんなグループもいません。
 いくつかあるランチメニューから<五目炒飯と羽根付き餃子6個>を。スープ、お新香それにサービスで杏仁豆腐がついて750円なので、安いと思います。羽根付き餃子はパリッとして食感がいいです。餃子なので昼からビールを飲んでしまいました。
 蒲田にいくのも久しぶり。相変わらず雑駁な感じが変わっていませんでした。

20220707

| | | コメント (0)

«映画「エルヴィス」と興行成績