2019/11/20

通学が必要ない大学院

「通学0日、ネットだけで学べる通信制大学院」という広告を見かけました。通っている大学の大学院です。ネットでの学習(研究)で修士号が取れるという「学際デザイン領域」という修士課程で、来年の4月に新しく開講されます。
 京都造形芸術大学の通信制大学院はこの「学際デザイン領域」以外にも研究領域があります。
美術・工芸領域とか環境デザイン領域とかですが、これらはスクーリング受講が必要。なので、スクーリングがないのは画期的? サイトによれば「私立大学として初めて、100%オンライン学習による修士課程が開設」とか。
 ここで取得できる修士号は「MFA(美術学修士)」で、今注目されているとの噂もありますが、どうなんだろう。サイトに載っている学習スケジュールを見る限りでは、修士論文は書かなくていいような感じ。
 便利に研究ができる時代になりました。




| | コメント (0)

2019/11/19

年賀はがきのネット通販

 気がつけば年末も近づき、お歳暮とか年賀状を手配しなくてはいけない時期になっています。お歳暮のことを思い出し、ネットで手配しました。さて年賀状を買わねば。悩むのは枚数です。年々、枚数が減ってきて余らせてしまうことになるので、枚数を絞ろうかと思っています。
 でも年賀状は買わねばならず郵政のサイトを探すと、どうも2つあるみたい。ひとつは「郵便.jp」、もうひとつは「郵便局のネットショップ」。おなじようなものかと思えるのですが、郵便.jpははがき、切手を売っているサイトです。「郵便局のネットショップ」は切手、はがきに加えギフト商品とか名産品をかいろいろ売っています。
 年賀はがきをクレジットカードで買うには「郵便局のネットショップ」です。「郵便.jp」では郵便局からお届けで、現金払い。これはネット販売では郵便局の売り上げを奪ってしまうので、作られたシステムなのでしょうか。去年はなかった気がします。
 ともあれ、年賀状買わねば。





 

| | コメント (0)

2019/11/18

オリンピックのマラソンコース

 札幌で行われるオリンピックのマラソンですが、今日の日経新聞にコースの具体案がでていました。ポイントは大通り公園を発着地として市内周辺を2周する案ということ。最近のオリンピックマラソンコース、世界選手権は周回型が主流とか。ロンドン、リオデジャネイロとも周回型。これに対して東京で予定されていたマラソンは周回型ではなく、東京の名所を巡る巡回型でした。周回型は警備がしやすい 。また観戦もしやすい、との理由で周回型が主流になっているとか。
 北海道マラソンのコースそのままに使わなかった。確かに北海道マラソンは折り返し地点があり、一部でランナーがすれ違う設定で、市民マラソンにはよくあるタイプのコースです。
 テレビ中継でみていると、周回型はつまらない。でも、運営側は楽でしょう。これを機に市民マラソンも周回型が増えるかもしれません。

| | コメント (0)

2019/11/17

リンガーハットのちゃんぽん

 先日、ちゃんぽんのリンガーハットが1500円の高級ちゃんぽんを提供するとニュースになっていました。

「長崎しっぽく浜勝 銀座本店」(東京・中央)は、11月13日、「銀ぶらちゃんぽん」(税別1500円)を発売する。1日限定30食で、ランチのみの提供となる(ITmediaビジネス)

 リンガーハットは大学をでて、会社に入りすぐに福岡に赴任したときの思い出の店です。当時、リンガーハットは東京には店舗がありませんでした。仕事を終え、一人暮らしの若者(=私)は夕飯にしばしばリンガーハットのちゃんぽんを食べました。記憶が曖昧ですが、ちゃんぽんは300円台でした。
 先日、日比谷シャンテにある「RingerHut PREMIUM」でちゃんぽんを食べました。この店、リンガーハットの高級店みたいで、ちゃんぽんが690円(税抜)です。でも、大盛(麺1.5倍、2倍)は無料です。久しぶりに食べたちゃんぽんは美味しい。多分、味が刷り込まれています。
 リンガーハット、またいこう。

 

Photo_20191116211501

| | コメント (0)

2019/11/16

誠品書店とは、どんなとこ

 誠品書店にいってきました。日本橋にコレド室町テラスが9月にでき、ここに「誠品生活日本橋」ができ、ちょっと話題になっています。ここは台湾発のセレクトショップで、スペース展開は台湾流みたいです。
 核になっているのが誠品書店です。どれくらいの広さなんだろう。代官山の蔦屋よりは狭いかな。大規模書店という感じではありません。台湾流ですが、実際の運営は有隣堂書店がやっています。業務委託というのではなくライセンシーで運営しています。
 オープンして1ヶ月以上経ちますが、すごく話題になっている気配はありません。採算はどうなんだろう。気になります。成功してくれるといいのですが。


誠品書店のことをnoteに書きました。よろしければ、お読みください。

Photo_20191115215601

| | コメント (0)

2019/11/15

「ドリーミング村上春樹」をみる

 村上春樹を夢見て、とでも訳せばいいのか。村上春樹を巡る映画「ドリーミング村上春樹」をみました。この映画はデンマークで20年以上村上作品を翻訳しているメッテ・ホルム の姿を描いたドキュメンタリーです。
 村上作品は50言語以上に翻訳されていますが、英語の翻訳から他の言語に翻訳されることが多いそうです。しかし、メッテ・ホルムは日本語からデンマーク語に翻訳しています。このこともあり、村上春樹はアンデルセン文学賞を2016年に受賞しています。これに対し、村上の希望によりデンマークでメッテ・ホルムと対談しています。
 本作品はメッテ・ホルムが村上と対談するまでの日常を捉えています。来日し、村上作品に登場する場所を訪れる場面がいくつも登場します。また、「風の歌を聴け」の翻訳に悩みながら取り組む姿も細かに描かれています。
 人口560万人のデンマークと日本が、村上春樹作品を通してつながっている。そんな思いになる素敵な作品でした。

Dreaming



| | コメント (0)

2019/11/14

ジャパネットたかたの営業力

  通信販売は全盛です。アマゾン、楽天、ヨドバシカメラなどなど、ネットで買うことが当たり前になっています。でもネットを駆使できない人も少なくないはず。その人たちのニーズに応えるのがテレビショッピングではないでしょうか。
 テレビショッピング大手のジャパネットたかたの番組を時々みます。朝の9時半ころからテレ東の番組内でやってます。30分ほどずっとテレビショッピングです。登場する売り子さん(正式にはMC)のトークが面白く、時々みます。見てると、欲しい商品が出てきて、(半年前ですが)ケルヒャーの高圧洗浄機を買いました。それ以降は欲しいものも現れず、買っていません。
 購入時に会員登録したようで(よく覚えていない)、先日商品カタログが送られてきました。カタログにはたくさんの商品が載っています。いまは「利益還元祭」をやっています。ジャパネットたかたは祭りをよくやってます。家電まつり、エアコン祭り、そして利益還元祭です。テレビCMにはさだまさしと高橋みなみを起用しています。
 通販というビジネスは奥が深そうです。

Photo_20191114063401




| | コメント (0)

2019/11/13

アートスポーツの変貌

 ランニングシューズを買おうと、御徒町の「アートスポーツ」にいきました。店に入ってシューズはどこかなと店内をみると、1階にあります。前は2階だったのですが。さてシューズを選ぼうとすると、シューズの展示が違うことに気付きました。前はフルマラソンのタイム別に棚が作られそこにシューズが展示されていました。例えば「サブ4」とか「サブ3」とか、細かい区分けは覚えていないのですが、フルマラソンタイムに応じてシューズが置かれてました。
 でも、今の展示はそんなタイム別ではなく、ただズラッとシューズが置かれているだけです。それに個々の商品名、価格などが書かれた表示もありません。これは困った。長年アートスポーツのフルマラソンタイム順に並べられているシューズをみながら、どれを買うか決めていたのです。これじゃ、よく分かりません。
 アートスポーツ、どうしたんだろう。こんなことでは、シューズが買えないです。元のスタイルに戻してください。

| | コメント (0)

2019/11/12

SHIBUYA QWSというスペース

 いつも通り過ぎるだけの渋谷の街にいきました。目的は渋谷スクランブルスクエアで、15階にSHIBUYA QWS(渋谷キューズ)なるスペースがあり、ここでのイベントに参加するためです。「東京藝術学舎」で夜景を撮る講座に受講していて、講師の越中政人さんのアーティストトークをされるので、参加してきました。
 渋谷キューズは会員制のスペースで本来はするっと入れないのですが、今月オープンで今日までいくつかフリーのイベントをしています。越中さんの写真がこのスペースに展示されているため、アーティストトークは開催されました。
 越中さんは写真と動画で表現しているアーティストで、創作についていろいろ語ってくれとても刺激敵でした。
 また、渋谷キューズも面白いスペースです。簡単には会員にはなれなさそうなので、いい体験でした。

Photo_20191112090101

| | コメント (0)

2019/11/11

祝賀御列の儀、外苑前では

 昨日も書いたように、祝賀パレードの日は朝から外苑キャンパスでスクーリングでした。朝、9時過ぎに「青山一丁目」駅に降り立つと、おおくの警官がすでにいます。出口をでたところにあるファミマは休業です。飲み物が買えませんでした。キャンパスに向かう途中にはすでに警備ゾーンができ、いくつも足場が組まれ、テレビカメラが設置されています。一昨日、夜帰るときにはなかったので、夜中に設置したのかな。
 キャンパスは権田原交差点のところにあるので(明治記念館の反対側)、パレードが赤坂御所に入る前の最終コースに面しています。昼休みに校舎をでたら、門の前では観客の荷物検査をやっていて、中学生の女の子たちが日の丸の旗を渡していました。パレードまでまだ3時間もあるのに、すごい人の列です。
 学校の敷地内、門の外には救急車と消防のクルマが待機しています。トイレには消防署の人がいました。学校側が要請を受けて、貸していたのでしょう。
 でも、講義があって肝心のパレードは見られませんでした。ちょっと残念です。

 

Photo_20191111083901

| | コメント (0)

2019/11/10

祝賀パレードとスクーリング

 朝からテレビは「祝賀御列の儀」ことが報道されています。昨日、今日と大学のスクーリングです。校舎が信濃町と青山一丁目の間にあり、赤坂御所のすぐぞばという立地。目の前の道路がパレードのコースです。昨日からすでに警官が警戒モードで各所に立っています。例えば静岡県警とか各地からの警察官です。
 これまでスクーリングでは校舎周辺で撮影することも多かったのですが、今回のスクーリングは幸い(?)校舎内で行う内容で外には出ません。しかし、こんな時こそカメラを持ってパレードに行きたいです。今日は更に厳戒状態なんだろうな。スクーリングをサボろうか、なんて声が聞こえてきます。
 どれほどの人が集まるのか。すごく気になります。

| | コメント (0)

2019/11/09

ランニングはまだブームなのか

 いつものランニングも朝ラン(5時台)が寒くなってきたので、10時過ぎから走ることになってます。フルタイムで仕事をしていた頃ではできないことですが。
 ランニングで駒沢公園にいくと、多くの人が走っています。平日もランナーは少なくない。まだ、ランニングは流行っているのか。昨日、NHK首都圏ローカルの「首都圏ネタドリ!」でランニングの特集をやっていました。「スポーツの秋 首都圏ランナ ー最前線」でランナー事情が法事ラテいました。内容は厚底シューズ(NIKEですね)、それに対抗するASICSのこと。GPSランニングウオッチの利用者のこと(残念ながら撤退のEPSONのユーザーでした)。そして女性ランナーのランニングでのメイクアップのこと(資生堂が登場は当然か)。スタジオには青学の原監督まで登場し、ランニング談義が盛り上がっていました。
「週刊東洋経済」の先週号でASICSのことが取り上げられていて、その中ではアメリカではランニングブームはピークを過ぎた、とありました。日本はまだピークみたいですが、これからもブームは続くのか。とても興味深いです。

| | コメント (0)

2019/11/08

法定点検をしなくては

 クルマのディーラーから12ヶ月点検の案内がきているのを思い出しました。今月は点検の月でした。早いものでクルマを買ってから6年が経った。最近は遠出もしなくなり、どうしたものかという思いに駆られます。
 とはいえ、12ヶ月点検は法定点検なのでやらねばいけません。以前、コロナ(古いな)に乗ってときは罰則規定がない、ということで法定点検をやらないこともしばしば(苦笑)。今は真面目にやってます。
 さて、予約せねばとディーラーのホームページをみるとネットでもできることを発見。まだ試験的な導入で一部の店舗のみだけですが。試しにやってみましたが、12月まで予約が入っていてできない。混んでます。マツダのクルマ売れているからな。仕方ないので電話することにしますが、今月は無理だろうな。昔はこんなことはなかったのですが。
 マツダのクルマが売れすぎるのも、マニアとしては喜んでいいのか。ちょっと微妙です。

| | コメント (0)

2019/11/07

直久のラーメン

「うまい」「安い」「早い」といえば吉野家のキャッチフレーズです。公式サイトには<吉野家文化とは>というページがあり、ここにも書かれています。吉野家と同じくこの「うまい」「安い」「早い」を掲げるのがラーメンの直久です。
創業当時よりずっと変わらず、 「うまい」「安い」「早い」 の三つの「い志」を、直久はお客様 とのお約束としてまいりました>
 久しぶりに直久でラーメンを食べました。メニューでいちばん安いのは「純鶏らーめん(醤油・塩)」で620円。一番人気という「こく旨らーめん(醤油・塩 )」は830円です。安いかな。
 かつて数寄屋橋の東芝ビルにあった店によくいきました。その頃は確かに安かったです。普通の醤油ラーメンが500円以下だったと記憶しています。時が経ち、直久も変わりました。メニューも高級化しました。ラーメン屋も変わらないと、生き残れないのです。

Photo_20191107084001

| | コメント (0)

2019/11/06

岩田さんの本

 週プレの糸井重里さんのインタビュー記事で知った『岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。』(ほぼ日刊イトイ新聞)を読みました。任天堂の社長をつとめ、惜しくも55歳で早逝した岩田聡さんの発言をまとめた本です。岩田さんの言葉はほぼ日刊イトイ新聞と任天堂のサイトで読むことができます。しかし「ウェブサイトのテキストというのは、宿命的にたくさんのことばに埋もれていくものですし、いつの間にか二度と探せなくなったりもします」と本書の<はじめに>に書かれているとおり、一冊の本に編まれてこそ出会える言葉があります。
 任天堂という個性豊かな企業のトップをつとめた岩田さんの発言は、どれも面白く、刺激的で、示唆に富んでいます。すごいなあ、と思うことがしばしばです。折に触れ、読み返すべき素敵な一冊だと思います。

Photo_20191106071501

| | コメント (0)

2019/11/05

EPSONランニングウオッチから撤退

 以前からほぼ確定と思われていたEPSONランニングウオッチの撤退が公式サイトにアナウンスされていました。

長年にわたりご愛顧いただいておりましたWristableGPSおよびPULSENSE商品は、当社在庫を持って販売終了いたします。
つきましては製品ページを2020年1月にクローズさせていただきます。

 国産のGPSランニングウオッチとして発売されたのが2012年の秋です。ブロガーとして皇居で体験ランイベントに招待されました。その当時は出来もいまいちで購入しませんでした。しかしその後進化し、購入。現行モデル(最後のモデル)を使っていますが、ソフトとの連携も問題なく、ランニング記録に活用しています。
 発売されてから僅か7年での撤退。儲かっていなかったのか。ランニングウオッチのマーケットは縮小しているかもしれません。いまやスマホで出来てしまいます。
 しばらくは使い続けますが、この後どうするか。ガーミンしかないのか。悩ましい問題です。

| | コメント (0)

2019/11/04

英語の検定試験

 英語の民間試験が延期されたことは、世間的には良かったと思う人が多いようです。この問題の本質がよく理解できてはいないのですが、予定されていた民間試験を改めてみると、こんなにいくつも英語検定試験があることが新たな発見でした(笑)。当初の8つの試験からTOEICが参加を取り下げ、結果7つの試験が予定されていました。
 この試験の中で目立つのは日本英語検定協会の試験が3種類あること。英検(新型)、TEAP、TEAP CBTの各試験はどう違うのか。サイトをみてもすぐには理解が出来ません。昔は英検と言えば、ひとつしかなかったです(笑)。
 既に多くの人が指摘しているはずですが、受験生はなぜ民間試験を受けなければいけないのか。2024年度には英語だけでなく、国語、数学も民間試験を活用する方針だとか。
 日本の大学入試改革は、下手をすると大きく迷走し、大変なのは受験生だけ、ということにならないといいのですが。
 





| | コメント (0)

2019/11/03

イッセー尾形の一人芝居「妄ソー劇場・すぺしゃる」

 イッセー尾形の一人芝居をみてきました。6月に練馬でみて、今年2回目。こんどは有楽町の朝日ホールというわりと大きな劇場です。イッセーはドラマ、映画での俳優業に活動の主軸を移していますが、時々思い出したように一人芝居をやります。そのテーマはずっと取り組んでいる文豪シリーズです。古今東西の文豪による作品をモチーフにイッセーが自由な発想で一人芝居に仕立てています。
 かつて森田さんとの二人三脚でつくっていた一人芝居とは自由度が違います。森田さんとの一人芝居はアドリブにみえても、ほとんどが台本通り演じていたようですが、一連の文豪シリーズはアドリブだらけです。イッセーも芝居をしながら、演技を固めていく感じです。これも、面白い。
 今回演じてくれたのは「妄ソー劇場・すぺしゃる」の演目は、「坑夫」「道草」「謝罪記者会見」「605号室」「雪子の冒険 満州編」「没落貴族」の6演目です。
 たまにしかみることができなくなったイッセー尾形の一人芝居ですが、相変わらず楽しかったです。またやってください。

20191115_yurakucho_asahi 20191115_yurakucho_asahi_ura

| | コメント (0)

2019/11/02

マラソンは札幌で

 オリンピックのマラソンのチケットは抽選に外れていました。マラソン、競歩は札幌で開催が決まりました。札幌決定に至った事情は今後、マスコミが報道してくれるでしょうが、気候を考慮すれば、良い選択でしょう。関係者は大変でしょうが。
 そもそも論ですが、オリンピックを真夏の東京でやることに無理があるのは誰もが認めること。ラグビーワールドカップのように10月、11月にやればいいのに、と思ってます。
 ともあれ、マラソン、競歩の選手たちは調整が大変でしょう。気温30度以上にもなりうるという条件でトレーニングをしてきたでしょうから、トレーニングメニューを変更する必要があるでしょう。
 オリンピックの華とも言われるマラソン。その競技が東京でなく、札幌で実施される。これは東京オリンピックではないかも。歴史に残るであろう今回の決定ではあります。

| | コメント (0)

2019/11/01

雇用保険の過小給付

 厚生労働省から「大切なお知らせです」と書かれた封筒がきました。中身は厚生労働省が「毎月勤労統計調査」で不適切な調査をしていたため、雇用保険が少なく給付されていたかもしれない、という問題の通知でした。該当者にあたる可能性があるとのことで、提出する書類がはいっています。
 この不適切な調査は、平成16年(2004年)から行われていた可能性があるとのこと。確かに9年前に会社をやめて、雇用保険(失業保険)を1年近くだったかもらっていました。これが対象です。
 封筒には銀行口座を届ける書類があります。要はこれを提出しろということ。少なく給付されていたとしても僅かでしょう。対象者はどれほどいるのか。膨大な人数かも。
 厚生労働省も大変です。

Photo_20191101053901

| | コメント (0)

2019/10/31

今年の文化功労者

 一昨日、文化勲章の受賞者とあわせて文化功労者が発表になっていました。掲載されている新聞を斜め読みしていたら、なんと宮本茂さんが受賞されています。粋な選考(選考と言っていいのか)です。ゲームファンではないけど、宮本さんの名前は知っています。今年の6月に任天堂の株主総会に参加して、株主からの質疑にユニークな答えをされていました。きっとゲームファンは宮本さんの話をきくだけで、感激するんでしょう。ゲーム機の次世代コントローラーについて熱く語っていたのが印象に残っています。
 写真家の田沼武能さんも文化功労者に。写真分野では初の授与とのこと。写真というのは世間的にはまだまだ位置が高くないのでしょうか。
 文化功労者の選考基準(?)もちょっと変わっているのかもしれません。
 

| | コメント (0)

2019/10/30

アマゾンPrime Nowの縮小

 最短2時間で届くというのが売りのアマゾンPrime Now。うちもサービス対象エリアですが、このサービスが10月末で終了です。1回も使わないうちに終わってしまいました。アプリには「重要なお知らせ」があり、サービス対象外とされています。
 今後は東京10区(板橋区、中野区、北区、豊島区、文京区、荒川区、足立区、新宿区、練馬区、杉並区)に限定してサービスを継続するとのこと。なぜ、この10区なのか、と突っ込みたくなります。マーケット需要というより、アマゾンの都合ではないかと。
 1回も使ったことがなかったですが、配送コストに見合う売上がなかったということなんでしょう。うちから3キロほどのところに配送拠点があります(以前は伊藤園が使っていた)。ここも撤退かな。
 アマゾンでもうまくいかないこともあるんです。いま、配送は難しい。

| | コメント (0)

2019/10/29

キヤノンの業績

 キヤノンの業績予測が発表になっていました。12月連結の本決算の予測です。日経新聞の見出しは、「キヤノン純利益45%減、今期3回目下方修正」とちょっと衝撃的(この会社の株、持ってるし)。
 以前の予想から下方修正した理由は、「スマートフォンの高機能化を背景にデジカメの需要減少が止まらず、デジカメを手がけるイメージングシステム事業の減収幅が広がる」とデジカメが売れなくなっているのが大きな原因。
 インスタグラムの広がりでデジカメが復活しているときいたのは、気のせいか。やはり売れなくなっているのか。とは言ってもキヤノンの場合、「小型軽量のミラーレスカメラは好調」とかで、不振なのは一眼レフ。もはや、大きな一眼レフを使うのはプロか、マニアのみというとでしょうか。時代はレンズ交換式のカメラもミラーレスに向かっています。キヤノンはここが少し遅れ気味。さて今後、どうするか気になるところです。





| | コメント (0)

2019/10/28

箱根駅伝の予選会

 一昨日、テレビをつけたら箱根駅伝予選会の中継で、結果発表の場面でした。箱根湯本はシード校10校と予選会で選抜された10校が出場できます。予選会のルールはというと、各校10人から12人が同時にスタート。ハーフマラソンの距離を走って各校上位10人の合計タイム順(タイムが少ない順)で決まります。
 結果発表をみていたら、筑波大学が6位に入り26年ぶりに箱根駅伝出場です。国立大学が箱根駅伝に出るのは異例でしょう。

国立ゆえの障壁も越えた。大学からの強化費は「0円」。弘山監督は就任2年目からクラウドファンディングで年間約300万円の強化費を集めた(日刊スポーツ)

 

 強化費がなし、とは大変。
 一方、山梨学院大学が予選会では17位と敗退。なんと33年間連続出場で途切れました。留学生方式の元祖ですが、いまやこの方法では勝てないということです。予選会の結果を見るとかつての常連校が敗退しています。専修大、東京農大、亜細亜大など。
 いまや正月の国民的な行事となった箱根駅伝ですが、その顔ぶれは変わっています。

| | コメント (0)

2019/10/27

MAZDAのMX30

 モーターショーでのお目当てはマツダのEVです。開催直前に発表されたマツダ初の電気自動車MX-30。ひたすら内燃機関の開発にこだわってきたMAZDAが初めて量産EVをお披露目です。
 プレス向けの発表会の映像をみて、クルマのデザインで少し驚きました。これまでの魂動デザインとは異なるスタイルです。柔らかなデザインと言えばいいのでしょうか。マツダの傑作、ベリーサに通じるしなやかさがあります。
 マツダマニアにとっては、このMX-30はたまらないはず。観音開き(マツダに言わせるとフリースタイルドア)、そして発電用とはいえ、ロータリーエンジン搭載。マツダ最後のロータリーエンジン車RX-8は観音開きドアです。
 既に欧州では受注を開始しているMX-30。日本はいつから買えるの? なんとも悩ましいマツダの電気自動車です。


Mx30

| | コメント (0)

2019/10/26

東京モーターショーとビッグサイト

 東京モーターショーを見に、ビックサイトへ。2年前の前回は(確か)評判も芳しくなかったのでいかなかったので4年振り。写真を撮りたかったので、人数限定のプレビューデーを奮発しました。会場に着いたのが11時過ぎでしたが、そんなに混んでません。
 東京モーターショーは前回の入場者が771,200人。全盛期、1991年には2,018,500 人に比べると半分以下で長期低落です。今回の出展者も海外メーカーは少なく、メルセデスが出てますが、アウディ、BMWの姿はありません。
 またいってからわかったのですが、今回は会場が分散しています。ビックサイト会場と青海会場に分かれています。青海会場は正確に言えばビッグサイトの展示棟です。オリンピック時期にビッグサイトを使うので代替として作られた仮展示場です。ビッグサイトからはゆりかもめに乗って移動しなくてはいけません(無料シャトルバスが運行されていますが)。
 ビッグサイトにも南展示場という新しいスペースが出来ていました。今年増築された展示場です。ここもちょっと離れています。
 クルマをみる以外に、いろいろ発見があった東京モーターショーでした。


Photo_20191026072101

| | コメント (0)

2019/10/25

森山大道とゴールデン街

 スナップショットの達人である森山大道に『新宿』という写真集があります。モノクロで新宿を捉えた写真集です。増補版の『ニュー新宿』は750ページを超える重たい写真集です。
 先日行ったゴールデン街で、撮影が終わったあと先生含め、何人かでぶらっと入ったバー。この店の壁、天井に大きな写真がはられています。店の方にうかがうと、なんと森山大道のオリジナルプリント。写真展に出した作品をそのままはっているとか。
 この日はいらっしゃらなかったのですが、店のママさんが森山大道とお友達とのこと。森山大道も店によく来ていたとか。ゴールデン街を撮影した後だったので、ほんと奇遇というか、驚きでした。
 またいってみます。森山大道さんに会えないかな。

Photo_20191025083301

| | コメント (0)

2019/10/24

ゴールデン街にいく

 久しぶりに新宿のディープな場所に入り込みました。夜景を撮影する、という目的の講座に参加していて、昨日は新宿の街で撮影。都庁に集合して、いくつかのスポットで撮影しました。歌舞伎町を経由してゴールデン街が最終地点です。もともと新宿で飲む機会があまり多くなく、ゴールデン街なんて何十年振りか。
 驚いたのは外国人がすごく多いこと。噂にはきいてましたが、どの店も外人さんで賑わってます。ラグビーのせいかもしれないけれど、ほんとに目立ちます。撮影を終え、入った店にもトルコ人のグループが来ていました。
 かつての暗いイメージからは想像できないゴールデン街の姿。東京、新宿はどんどん変わっています。

Photo_20191024093001

 

| | コメント (2)

2019/10/23

電子辞書のレンタル

 最近、シェアがはやっています。カーシェアリングとか。シェアとレンタルはどう違うのか、なんて思ったりします。先日、映画を撮るので小道具に電子辞書が必要になりました。話の都合上、電子辞書がないと場面が作れません。脚本書いたときは(脚本講座の課題で書いたので)映画にするなんで考えていなかったので、小道具まで頭が回っていませんでした。
 それで映画にする前にネットでしらべると、電子辞書のレンタルがあるのを見つけました。これで映画を撮ることを決めました(笑)。でも電子辞書をレンタルする需要があるなんて、かなり意外です。
 どんな条件のレンタルかと言えば、 料金は14泊15日で約3,000円です。送料は貸出時、返送時ともに無料。これは安いのか高いのか。よくわからないのですが、ともかく必要なので借りました。
 所有するより借りる、ということが広がりつつあります。買うより借りろ、ということですか。



Photo_20191022210101

 

| | コメント (0)

2019/10/22

広告ばかりの冊子だが

 ヨドバシカメラから時々、冊子が届きます。「ザ・ポイントネットワーク」という130ページほどの冊子です。ヨドバシカメラのクレジットカードを持っているためでしょう。全ページ広告のような冊子で、商品情報だけしか載っていません。フリーペーパーでも記事があるのに、記事はまったくありません。
 しょせん、広告の冊子と思いながらもパラパラとめくっていくと結構熱心にみてしまいます(笑)。こんな商品があるのか、という興味です。どれにも金額が入っているので(価格は変動するのですが、あえて載せている)、「欲しいけど高いな」と思ったりします。
 ソニーのコンデジ、スナップ写真撮りには良さそう、なんて危ない思想が頭をよぎる。エプソンがランニングウオッチから撤退なので、次はどうしよう。やっぱりガーミンか。最近のガーミンは音楽を入れられるランニングウオッチがあるんです。これはいいな。でも高い。
 などなど、物欲を刺激するヨドバシカメラの冊子です。

Photo_20191022072701

| | コメント (0)

«インスタグラムのいいね数