« February 2005 | Main | April 2005 »

March 31, 2005

行列ができる中華料理の店

この街、自由が丘でいちばん多い食べ物屋さんは、多分イタリアン。最近はラーメン屋さんも増えつつあるが、その反面まっとうな中華料理屋は少ない。そんな中、おすすめなの店が「煌家」。席数が多くないせいもあるだろうが、休日の昼時には、まず待たないで入れることはない。
料理が美味しいことに加え、ボリュームがあることがこの店の人気の秘密だろう。この前久しぶりにいってみたが、地元の家族づれで賑わっていた。

IMG_2595

2種類あるランチは、1470円とちょっと高めだが、それ以上のボリュームあり。味にも満足。
また餃子(630円)も、ちょっと厚めの皮が、ぱりぱりに焼けていて、美味。

IMG_2597

夜は9時で終わってしまうのが、ちょっと残念。

煌家:目黒区自由が丘2-9-4


| | Comments (1) | TrackBack (7)

March 21, 2005

「蜂の家」の新作和菓子

和菓子が美味しい「蜂の家」は、季節を感じる新しいお菓子が店頭に並ぶので、要チェック。今日、のぞいてみたら、春の趣きのお菓子が2種。「いちご大福」と「桜きんつば」。

ichgodaifuku

いちご大福は、ボリューム感ある一品。おおきい苺がのぞいていて、口に含むと、餡の甘さと、苺の酸味の絡み合いが、微妙に調和している。
「桜きんつば」は、桜の葉がのって、きれいな色合い。(これは今晩のお楽しみ)

お土産にもよろこばれそうな、一品だ。

いちご大福:210円、桜きんつば:160円

| | Comments (150) | TrackBack (4)

March 19, 2005

気が利いたスティショナリーの店:six

最近は文房具屋がへっている。自由が丘には、かろうじて2店ほど残っているが、いくことはまれ。私も、ちょっとした筆記具とか、手帳とかを買うときは、東急ハンズとか、伊東屋にいってしまう。
今日、久しぶりに自由が丘のsixをのぞいてみた。相変わらず、ちょっとセンスのいい品が揃っている。この店は、いわゆるスティショナリー類に加え、財布、名刺入れ、カード、ちょっとアンティークな腕時計など、ちょっとしたセレクトショップの趣き。店内のほとんどの商品が、輸入物。決して広くない店舗だが、ほどよくセレクトされた品が並んでいる。店内は夕方ということもあり、若い人で賑わっていた。

なかなかいい名詞入れを手に入れた。それと、ちょっとおもしろいものを発見。中に仕切りがあるクリアファイル。これってなかなか使いやすいのでは、と思うのだが。

一部315円
file

ここは自由が丘には珍しい男でも楽しめる店。

six:目黒区自由が丘2−8−13

| | Comments (3) | TrackBack (0)

March 06, 2005

DOUGHNUT PLANTができたが

donut_plant2この3日に、自由が丘にDOUGHNUT PLANTが開店。国内では大手町、白金に続いて3店目とか。日本進出当初は、かなり話題で、大行列だったとか。このブームもさり、いまは大手町の店とが、平日はがらがらだったりするらしい。
自由な丘店は、この週末は混雑が予想されるとかで、整理券制。整理券を配って、9時、11時半、13時とか指定時間に買いにおいで、というわがままなシステム。訪れたお客さんが困ってた。なんとも、店の都合だけで運営されている。私は、たまたますぐ近くに住んでいるので、こんなわがままなことにも、なんとか対応できるが、自由が丘に遊びにきてる人はどうするんだろう。
記念にこの整理券制の告知の黒板をデジカメで撮ろうしたら「ダメ」と言われてしまった。なんともな、て感じ。かつて自由が丘にもあり、大行列だった「シナボン」の二の舞にならなければいいが。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

« February 2005 | Main | April 2005 »