2019/12/12

小川和紙マラソンの魅力

 先週の日曜に、「小川和紙マラソン」にいってきました。ただ、走るためではなく撮影するためです。このマラソン大会にはかつて参加したことはないのですが、知っています。今年27回目ですから、私が走り始める前から開催されている歴史あるマラソン大会です。
 ハーフと10キロの大会があり、そのスタート時間を頭に入れていきました。ホームページとかよく見ていなかったのですが、現地にいって驚きました。ハーフ、10キロ、3キロ、2キロと4種目もあります。このうち2キロ以外は高校生以上が参加できます。2キロは小学4~6年は一人で、小学1~3年は親子で参加ができます。種目で無いのはフルマラソンくらいです。
 これらの種目が時間をずらしてスタートしますが、ゴールは同じ時間帯になったりします。10キロとハーフが同時にゴール時間になりますが、それぞれ道の反対側から来て、同じゴールに曲がって入っていくという技(?)が設定されています。
 運営側は大変かと思いますが、長年の経験からか滞りなく進行していました。runnnetの大会レポでも75点をこえる高評価です。いいマラソン大会です。来年は走ろうかな。

Photo_20191212100501

| | コメント (0)

2019/12/11

TOBICHIで買い物

 ほぼ日手帳を買おうとしたのですが、初めてこの手帳を買うので現物を見たい。当然ですよね。で、買おうとしているのが「day-free」で、ほぼ日手帳を揃えているロフトでも売っていません。現物を見て買えるのが、「TOBICHI」。
 ここはほぼ日が運営する場所。ウエブサイトによれば、<「店舗」であり「ギャラリー」であり「イベント会場」です>とあります。ともかく、ここに行けば買えると場所を調べると。なんと我が家の墓のすぐそばです。墓参りにいくとき、必ずこの「TOBICHI」の前を通っていくのですが、全然気がつきませんでした。なんか変な店があるなあ、という記憶。
 ウエブサイトには2014年8月にオープンとあります。割と最近だね。前はなにがあったのだろう。建物もちょっと変。後ろからみると、すごくスリムな建物です。
 かくて、「TOBICHI」でほぼ日手帳を買いました。その後、テンプレートとか路線図といったオプションも買いにいきました。墓参りは毎月行っているので、またのぞきます。

Tobichi2
Tobichi1

| | コメント (0)

2019/12/10

賃金と物価と安いニッポン

 今朝の日経新聞1面に興味深い記事がありました。<安いニッポン>なる連続記事の第1回 で「価格が映す日本の停滞 ディズニーやダイソーが世界最安値」という見出し。記事には、

世界6都市で展開するディズニーランドの入場券は日本が最安値で米カリフォルニア州の約半額。100円均一ショップ「ダイソー」のバンコクでの店頭価格は円換算で200円を超す(12月10日 日経新聞朝刊)

 

とあります。例えばディズニーランドの1日入場券は、「東京は7500円でカリフォルニア(1万3934円)の半額ほど。パリ(1万1365円)や上海(8824円)と比べても安さは群を抜く」とか。7500円でも高いなと思う庶民ですが、世界的にみれば安いのですね。
 また100円ショップのダイソーでは、「日本では『100円ショップ』として知られるが、同じ商品が米国では約162円、ブラジルでは215円、タイでは214円だ」です。
 この安さは為替レートが低く設定されすぎているとされてきた、と記事では指摘します。しかし、原因はそれだけではなさそうです。賃金が上がらず、消費意欲が高まらないこともある。

経済協力開発機構(OECD)などによると、1997年の実質賃金を100とすると、2018年の日本は90.1と減少が続く。海外は米国が116、英国は127.2など増加傾向にある。

 

 20年前と比べて賃金が下がっているという事実。東京に暮らしていると豊かそうな人がたくさんいるなと感じますが、実はそうでもない。日本はどうなっていくのか。心配してもしようがないか。

 

| | コメント (0)

2019/12/09

「旅と本と珈琲と」の閉店

 表参道で時間があったのでぶらぶらしていたら、「旅と本と珈琲と」を見かけました。思い出しました。HISがコーヒーが飲める本屋を開店するニュースをかなり前(笑)に見たのに、いってませんでした。
 入ってみると、告知が。

「HIS 旅と本と珈琲とOmotesandoは、2019年12月26日をもちまして渋谷本店営業所との統合にともない、閉店させていただくこととなりました」
 あらら。この「旅と本と珈琲と」が開店したのは4年前の10月です。本屋には(書籍フロア)には旅に関する本が置かれています。選書は幅允孝さんとのこと。
 閉店はHISの社内事情なのか、このような業態が受け入れなかったのか。書籍フロアは日曜夕刻ということもあってほぼ満席でした。なんとも残念な「旅と本と珈琲と」の閉店です。

Photo_20191209091001

| | コメント (0)

2019/12/08

セブンイレブンの閉店

 近所のセブンイレブンが閉店します。多分、開店から5年経っていません。この店ができる前、少し離れた場所にセブンイレブンがあり、そこが何故か閉店しました。しばらくしてオーナーが変わり、今のセブンイレブンが開店しました。
 セブンイレブンは10月に不採算店約1,000店舗を閉鎖または移転すると発表しています。この店も不採算店だったのか。裏通りでもなく、人通りがあるところに面している店です。規模がちょっと小さめだったのが、マイナスだったのか。閉店の理由はもちろんわかりません。
 営業時間の短縮問題に端を発し、コンビニエンスストアの経営が注目されています。人手不足も深刻のようです。閉店する店は、日本人店員は見かけたことはありませんでした。
 ともかく、駅からの道にコンビニがなくなってしまいました。ちょっと不便ですが、これもしようがないということで、必要なら回り道します。買い物も大変な時代になりつつあります。

| | コメント (0)

2019/12/07

今年のカー・オブ・ザ・イヤーは

 昨日、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が発表され、トヨタのRAV4に決まりました。このニュースをネットでみてちょっと意外でした。RAV4というクルマはトヨタ車の中でも印象が薄い。でも直近の販売台数をみると車種別では13,14位あたりにランクインして、売れてます。
 受賞したRAV4は5代目ですが、4代目は日本で販売されていません。そのせいで印象がうすかったのかも。でも世界的には売れていて世界戦略車とか。
 改めてRAV4のウエブサイトをみると、トヨタらしいゴツゴツしたデザインのクルマです。マツダの魂動デザインとは対極にあります。このデザイン好きな人が好きな人もいる、とわかっていてトヨタはつくっている感があります。さすが、王者の仕事です。
「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は10年振りの受賞というトヨタ。なかなか面白いクルマをつくっています。


| | コメント (0)

2019/12/06

アートへ投資する

 時々、アートのオークションに参加しています。時々、作品を落札してしまい、困ったことになります。保管場所に困るのですが、落札前に考えろ、ということですよね。
 最近、アートへの投資が注目されているのか。日経新聞に<資産形成、趣味と融和>なる記事が載っていました。銀行での超低金利の時代、試行錯誤する投資家をレポートしています。アートへ投資しているとある投資家のことです。
「約2000万円を現代アートに投資している。休日は画廊巡りが趣味で、年2~3回は海外の大規模な展示会に参加して購入する」(12月3日 日経新聞)
 かなりの投資額です。
買うのは20~40代の若手作家の作品が中心だ。現在保有する70点の作品のうち1割は、購入時から10倍以上の値上がりをした」
 リターンはかなりいい。
 現代アートは評価が定まっていないアーティストが多いので、投資対象としては魅力的かもしれません。でも、流動性はどうなんでしょうか。値上がりしても、売れるのか。例えば株のように売りたいときに売れるのか。投資としては、ここが重要なポイントです。
 アートの本質は、投資にはそぐわない。いろいろ難しいなと思います。

| | コメント (0)

2019/12/05

拡大するほぼ日手帳ワールド

 ほぼ日手帳を買おうとしたとき、その種類の多さにまず戸惑います。公式サイトでは膨大なほぼ日手帳の情報が載っていて、どれから読んだらいいのやら。しばらく彷徨い、day-free を発見して、これにしました。
 ほぼ日手帳は本体とカバーの組み合わせです。カバーは99種類あります。これは迷いますよ。店でみて買おうと思っても、ロフトにいかないと現物がみられない。さらにday-freeはロフトでも売っていません。基本はほぼ日の通販で買うということが、よさそう。
 2020年版で19年目というほぼ日手帳ですが、手帳以外にオリジナルな文房具もあります。はんこ、付箋からサコッシュまであります。ほぼ日の世界が広がっています。欲しくなるものもいくつかあります。あまり踏み込まない方が良さそうです(笑)。

Photo_20191205083601

| | コメント (0)

2019/12/04

学籍の更新

 時の経つのは早いもので、大学に入りはや8ヶ月ほどが過ぎました。先日、大学から「学籍更新手続のご案内」という書面が送られてきました。来年の4月から学習を継続するか否か、の手続きををする必要があります。来年度も引き続き学習を継続する希望であれば手続きは不要とのこと。ただ、休学、退学の希望者は手続きが必要です。この手続き締め切りは1月25日。継続の場合、2月の下旬に次年度授業料が口座引き落としになります。
 武蔵美のとき、更新の手続きあったかな。あったはずだが覚えていません。それにしても1月下旬までには継続の意思を決めなければいけない。ふつうに考えれば継続なんだろうけど、迷います。いくつかの講座で知り合った先輩たちは、5、6年前に入学した人も何人もいます。平均的には何年くらいで卒業するんだろう。 
 自分のことなんだから、自分できめないと。年内には決まらないだろうな、きっと。

| | コメント (0)

2019/12/03

目黒駅の田舎そば

 この店はいつからあるのだろう。目黒駅にほど近い立ち食いそば屋。店名は「立ち食いそば 田舎」です。富士そばなど椅子がある立ち食いそば屋(?)が増えている昨今、街にある立ち食いそば屋は貴重な存在になりつつあります。
 恵比寿の写真美術館にいった帰るり、久しぶりにここでそばを食べました。天ぷらそば380円也。安くもなく、高くもない値段です。夜、8時前にはいったのですが、店内(店内と言っても、立ち食いですからカウンターだけです)は薄暗い。天ぷらそばが闇に沈んでいます。
 なんとも味わい深い立ち食いそば屋です。ずっと営業して欲しいです。

1_20191202210601
2_20191202210901

| | コメント (0)

2019/12/02

来年の手帳

 手帳を買いました。はじめて、「ほぼ日手帳」にしました。「ほぼ日手帳」は売れているらしい。アマゾンでも売れ筋の一位で、人気の手帳です。そもそもどんな手帳なのか分からずサイトをみていたら、「月間ノート手帳day-free」というのが新しくでることで、これにしました。
 ほぼ日手帳は、一日1ページの手帳がスタンダードタイプとか。でも、ほぼリタイアの身にとって、一日1ページは書くことがなく、ずっと空欄になってしまいます。「月間ノート手帳day-free」は「月間カレンダー」と「方眼ノート」だけなのでいいだろうと。
 ということで12月からカレンダーがあるので、ぼちぼち使い始めてます。まあ、書くことはほとんどないのですが。to doなことはグーグルカレンダーで管理しているので、手帳との併用をどうするか、はいつも迷います。
 まずは、新しい手帳をどう使うかです。

| | コメント (0)

2019/12/01

相鉄線の都心乗り入れ

 昨日、相鉄線がJRとの相互運転が開始されました。海老名から横浜を結ぶ相鉄線が西谷駅から分岐し、武蔵小杉などを経て新宿方面へ直通でいけます。昔を知るものにとっては、大きな変化です。
 もう30年近く前に、海老名市に住んでいました。最寄り駅は海老名駅のとなりのかしわ台に住んでいました。この頃は東京にでるのは、横浜にいってそこから東海道線とか東横線に乗り換えるしかありませんでした。新宿にいくには、海老名から小田急です。これが海老名から新宿まで1本でいける。これは便利でしょう。
 ちょっと遅れているけど、2022年には東急線ともつながります。これまで地味だった相鉄線ですが、そろそろ都心でも注目されそうです。

| | コメント (0)

2019/11/30

クルマの定期点検

 愛車の1年点検(正しくは法定12ヶ月点検)をやりました。法定なのでやらねばいけません。でも罰則規定はない。なので受けない人もいるだろうな。
 ディラーさんにクルマを持っていって、サービスの人に受付してもらいました。マツダでは何回かの点検をパッケージにしたものがあります(パックでメンテ、だったかな)。最初は入っていたのですが、買い換えしたいなというあわい希望があって、最近は入っていません。サービスの人に
「なんでは入っていいないんでしったけ?」ときかれました。なにせ、マツダ歴20年以上なので、サービスさんともなんとなく顔見知り。
「いや、MAZDA3に買い換えようとしたのですが……」
「CX-30ですか?」
 そうなんだよ。これも魅力的なので、迷います。
 ということで、パックでメンテ、とやらに入りました。しばらく、いまのクルマに乗りそうです(苦笑)。

| | コメント (0)

2019/11/29

スペースマーケットの上場

 レンタルスペース仲介サイト・スペースマーケットのホストミーティング「スペースマーケットコネクト拡大版」 にいってきました。ホストというのはレンタルスペースを貸しているオーナーのことです。4年前に感謝祭があって、毎年この時期に開催されています。
 スペースマーケットの社長さんのプレゼンで初めて知ったのですが、この会社がマザーズに上場します。来月12月20日です。会社が設立されたのが2014年1月なので、それから6年ほどでの上場です。 
 うちのスペースを登録したのが4年前の10月。その時はサイトに登録されていたスペースは1000件くらいでした。それが今は12,000件です。スペースレンタルというマーケットが急拡大しているのが分かります。
 上場の株を買おうかな。ちょっと迷っています。

Photo_20191129082901

| | コメント (0)

2019/11/28

映画を撮りました

 映画を撮っていて、一昨日クランクアップしました。クランクアップとか言うとなんかプロみたいですが、趣味とも言えない自主映画です。去年も1本撮っていて、なんとか年1本は撮りたいと、今年もなんとかしようと撮りました。
 映画は1人では撮れないので、ここが大変。プロだと助監督とかスタッフがいていろいろやってくれるでしょうが、わが映画にはそんな人はいません。監督兼雑用係です。俳優さん、カメラマンさんの日程調整もやらねばいけません。俳優さんはアマチュアですが、お忙しい。仕事とか、家庭とかのことがあり、プロより日程調整が大変かも。
 10分ほどの短い映画ですが、それでも調整して撮影まではなかなかすんなりといきません。やっとスケジュールが確定して撮り終えました。これから編集です。試写会どうしようか。まだまだやることはたくさんあります。

| | コメント (0)

2019/11/27

ランニングシューズのこと

 先週末の「目黒シティラン」を走るのに、久しぶりだったのでランニングシューズを買いました。2年前にフルを走ったときに履いたミズノのWAVE AERO WIDEが欲しかったのですが、ミズノの公式サイトで(希望のサイズが)売り切れ。神保町のショップにいってみたのですが、ここも売り切れ。
 仕方なくアシックスのショップにいき、店員さんに相談して、GELFEATHERGLIDE4wideを購入しました(ちなみに、原宿のアシックスショップは観光の人たちで混雑していて、買うのが大変)。足が幅広なので、ワイドタイプを選ばねばならず、選択肢は多くありません。久しぶりの新しいシューズは、良いです。アシックスはさすがよく出来ています。
 ランニングシューズは考えが古いのか、店で買わないと気が済まない。ネットのほうが自由に買えるのは分かっているのですが。ヨドバシカメラの通販サイトをみたら、ART SPORTSが大きくフューチャーされています。ヨドバシカメラの傘下になったので、買えるようになったの。ここをみていたら品切れだったWAVE AERO WIDEがありました。いやいや。
 ランニングシューズも通販で、ということですか。

| | コメント (0)

2019/11/25

目黒シティラン完走

 地元目黒のマラソン大会「目黒シティラン」を無事完走しました。故障とかあって約2年振りのマラソン大会です。この「目黒シティラン」は4回目にして初の出場。大阪マラソンにでたり、故障で出られなかったりして、やっと走ることができました。
 練習は距離だけは月150キロほどは走っていたのですが、だらだら走る中身のないランニングでした。2週間前からキロ5分半くらいで走るトレーニングをやりましたが、まさしく泥縄。24年前にジョギングを始めてから初の10キロマラソンが、確か55分くらいのタイムでした。このタイムを上回るどころか、1時間以上かかることも覚悟してました。
 結果、ネットタイムで53分50秒。なんとか55分を切りました。10キロのゴールが遠かったです。でも、楽しく走れました。
 これを機会に来年はマラソン大会にでてみようかと思い始めました。頑張ります。

Photo_20191124201001

| | コメント (0)

2019/11/24

ランナーズのオリジナルカレンダー

 もうすぐ年末ですねえ。定期購読している「ランナーズ」1月号にオリジナルカレンダーが同梱されて送られてきました。カレンダーは定期購読の特典です。パラパラとめくっていい写真が並んでいます。こんなの撮れたらいいなと思いながら見入ってしまいます。去年はこんな見方はしなかったな。
 ランナーズダイアリーも付いてます。1月号恒例の付録です。このダイアリー、活用したことがありません。いつも途中で挫折します。来年こそ、なんとかしようなんて思いますが、難しそう。
 そしてこの号で2年間の定期購読が終了です。自動継続なので、ここままだと延長されます。迷いましたが、継続。来年こそは少しまともに走って、大会にでよう。いまは、そう思ってますが、どうなることやら。
 明日は久しぶりのマラソン大会です。

Photo_20191123214801

| | コメント (0)

2019/11/23

渋谷パルコとNintendo TOKYO

 昨日、渋谷パルコがリニューアルオープンしました。ネットの報道によれば、開店前から2,500人の行列ができたとか。かつて、セゾンの頃、パルコは渋谷の文化を牽引していました。ファッションビルではありながら、文化を発信する先端的な存在でした。パルコ劇場には何回かいきました。何を見たんだろう。覚えていない(笑)。新生渋谷パルコにもパルコ劇場はあります。こけら落としは来年らしいけど。
 この渋谷パルコには国内初の任天堂初フィシャルショップ「Nintendo TOKYO」が入っています。任天堂のオフィシャルショップはニューヨークにはありました。今年、6月の任天堂株主総会での質疑応答の時間に、「日本にもオフィシャルショップをつくらないのか」と質問があり、そのとき初めて「渋谷パルコにオフィシャルショップをつくります」と社長さんだったか、答えていました。尋ねなければ、分からなかったオフィシャルショップの出店。いつ、公式に発表したんだろう。
 久しぶりにパルコにいってみようかな。まあ、おじさんには似合わない場所だろうけど。

| | コメント (0)

2019/11/22

今年のボジョレーヌーボー

 なぜか習慣になってしまったボジョレーヌーボーを今年も買ってきました。巷では盛り上がいるのか。FMでは#ボジョパがたくさんインスタ投稿されるだろうって言ってましたが、検索したら5000件ほどでそれほどでもない。新聞折り込みチラシも入ってましたが、扱いが地味です。それに大手のイオンがチラシすらありません。かつては大騒ぎしてボジョレーを飲んだものですが、いまそんなことは少なそう。
 サントリーのサイトに「ボジョパ」特集ページができていて、そこに「ボジョパの楽しみ方」というのがあります。ここのトップは「おひとりボジョパ」です。ひとりでも飲みきりサイズのハーフボトルのボジョレーがあります。おひとりさまがメインのお客さんなのでしょうか。
 イオンにいったら、500円を切るボジョレーがありました。そこまで安いとお味はどうなの。ということで980円のものを買ってみました。ペットボトルです。まあ、ほどほどです。ワインマニアだったらこんな安物は飲まないだろうな、と思いつつグラスを傾けた夜でした。

 

Photo_20191122071101


 
 

| | コメント (0)

2019/11/21

おうちで深夜食堂の料理家

Photo_20191121091201

「深夜食堂」のファンは多いのでは、と思っています。私はNetflixで動画をみるだけなのでですが、オリジナルのコミックから読んでいる熱心なファンも少なくないでしょう。先月から新シリーズが配信されています。また『おうちで深夜食堂』と題されたレシピ本が今月発売されています。
 これにあわせて「おうちで深夜食堂 ~今日は私がマスター~」が昨日あり、参加してました。この本でレシピを作り調理を担当した小堀紀美代さん、坂田阿希子さん、重信初江さんの3人の料理家のトークショーです。
 料理家さんのトークショーは盛り上がりに欠け、いまひとつ面白くなかったのですが、今回はすごく楽しめました。MCの女性(編集担任の人)の進行もよかったこともありますし、3人が揃って登壇したことで話か盛り上がりました。3人がそれぞれ個性が明確に違い、でもすれ違うことなく、料理を作るという目的があり、トークが愉快でした。ちなみに3人は同い年(申年生まれ)です。
『おうちで深夜食堂』の料理を作ってみよう。


| | コメント (0)

2019/11/20

通学が必要ない大学院

「通学0日、ネットだけで学べる通信制大学院」という広告を見かけました。通っている大学の大学院です。ネットでの学習(研究)で修士号が取れるという「学際デザイン領域」という修士課程で、来年の4月に新しく開講されます。
 京都造形芸術大学の通信制大学院はこの「学際デザイン領域」以外にも研究領域があります。
美術・工芸領域とか環境デザイン領域とかですが、これらはスクーリング受講が必要。なので、スクーリングがないのは画期的? サイトによれば「私立大学として初めて、100%オンライン学習による修士課程が開設」とか。
 ここで取得できる修士号は「MFA(美術学修士)」で、今注目されているとの噂もありますが、どうなんだろう。サイトに載っている学習スケジュールを見る限りでは、修士論文は書かなくていいような感じ。
 便利に研究ができる時代になりました。




| | コメント (0)

2019/11/19

年賀はがきのネット通販

 気がつけば年末も近づき、お歳暮とか年賀状を手配しなくてはいけない時期になっています。お歳暮のことを思い出し、ネットで手配しました。さて年賀状を買わねば。悩むのは枚数です。年々、枚数が減ってきて余らせてしまうことになるので、枚数を絞ろうかと思っています。
 でも年賀状は買わねばならず郵政のサイトを探すと、どうも2つあるみたい。ひとつは「郵便.jp」、もうひとつは「郵便局のネットショップ」。おなじようなものかと思えるのですが、郵便.jpははがき、切手を売っているサイトです。「郵便局のネットショップ」は切手、はがきに加えギフト商品とか名産品をかいろいろ売っています。
 年賀はがきをクレジットカードで買うには「郵便局のネットショップ」です。「郵便.jp」では郵便局からお届けで、現金払い。これはネット販売では郵便局の売り上げを奪ってしまうので、作られたシステムなのでしょうか。去年はなかった気がします。
 ともあれ、年賀状買わねば。





 

| | コメント (0)

2019/11/18

オリンピックのマラソンコース

 札幌で行われるオリンピックのマラソンですが、今日の日経新聞にコースの具体案がでていました。ポイントは大通り公園を発着地として市内周辺を2周する案ということ。最近のオリンピックマラソンコース、世界選手権は周回型が主流とか。ロンドン、リオデジャネイロとも周回型。これに対して東京で予定されていたマラソンは周回型ではなく、東京の名所を巡る巡回型でした。周回型は警備がしやすい 。また観戦もしやすい、との理由で周回型が主流になっているとか。
 北海道マラソンのコースそのままに使わなかった。確かに北海道マラソンは折り返し地点があり、一部でランナーがすれ違う設定で、市民マラソンにはよくあるタイプのコースです。
 テレビ中継でみていると、周回型はつまらない。でも、運営側は楽でしょう。これを機に市民マラソンも周回型が増えるかもしれません。

| | コメント (0)

2019/11/17

リンガーハットのちゃんぽん

 先日、ちゃんぽんのリンガーハットが1500円の高級ちゃんぽんを提供するとニュースになっていました。

「長崎しっぽく浜勝 銀座本店」(東京・中央)は、11月13日、「銀ぶらちゃんぽん」(税別1500円)を発売する。1日限定30食で、ランチのみの提供となる(ITmediaビジネス)

 リンガーハットは大学をでて、会社に入りすぐに福岡に赴任したときの思い出の店です。当時、リンガーハットは東京には店舗がありませんでした。仕事を終え、一人暮らしの若者(=私)は夕飯にしばしばリンガーハットのちゃんぽんを食べました。記憶が曖昧ですが、ちゃんぽんは300円台でした。
 先日、日比谷シャンテにある「RingerHut PREMIUM」でちゃんぽんを食べました。この店、リンガーハットの高級店みたいで、ちゃんぽんが690円(税抜)です。でも、大盛(麺1.5倍、2倍)は無料です。久しぶりに食べたちゃんぽんは美味しい。多分、味が刷り込まれています。
 リンガーハット、またいこう。

 

Photo_20191116211501

| | コメント (0)

2019/11/16

誠品書店とは、どんなとこ

 誠品書店にいってきました。日本橋にコレド室町テラスが9月にでき、ここに「誠品生活日本橋」ができ、ちょっと話題になっています。ここは台湾発のセレクトショップで、スペース展開は台湾流みたいです。
 核になっているのが誠品書店です。どれくらいの広さなんだろう。代官山の蔦屋よりは狭いかな。大規模書店という感じではありません。台湾流ですが、実際の運営は有隣堂書店がやっています。業務委託というのではなくライセンシーで運営しています。
 オープンして1ヶ月以上経ちますが、すごく話題になっている気配はありません。採算はどうなんだろう。気になります。成功してくれるといいのですが。


誠品書店のことをnoteに書きました。よろしければ、お読みください。

Photo_20191115215601

| | コメント (0)

2019/11/15

「ドリーミング村上春樹」をみる

 村上春樹を夢見て、とでも訳せばいいのか。村上春樹を巡る映画「ドリーミング村上春樹」をみました。この映画はデンマークで20年以上村上作品を翻訳しているメッテ・ホルム の姿を描いたドキュメンタリーです。
 村上作品は50言語以上に翻訳されていますが、英語の翻訳から他の言語に翻訳されることが多いそうです。しかし、メッテ・ホルムは日本語からデンマーク語に翻訳しています。このこともあり、村上春樹はアンデルセン文学賞を2016年に受賞しています。これに対し、村上の希望によりデンマークでメッテ・ホルムと対談しています。
 本作品はメッテ・ホルムが村上と対談するまでの日常を捉えています。来日し、村上作品に登場する場所を訪れる場面がいくつも登場します。また、「風の歌を聴け」の翻訳に悩みながら取り組む姿も細かに描かれています。
 人口560万人のデンマークと日本が、村上春樹作品を通してつながっている。そんな思いになる素敵な作品でした。

Dreaming



| | コメント (0)

2019/11/14

ジャパネットたかたの営業力

  通信販売は全盛です。アマゾン、楽天、ヨドバシカメラなどなど、ネットで買うことが当たり前になっています。でもネットを駆使できない人も少なくないはず。その人たちのニーズに応えるのがテレビショッピングではないでしょうか。
 テレビショッピング大手のジャパネットたかたの番組を時々みます。朝の9時半ころからテレ東の番組内でやってます。30分ほどずっとテレビショッピングです。登場する売り子さん(正式にはMC)のトークが面白く、時々みます。見てると、欲しい商品が出てきて、(半年前ですが)ケルヒャーの高圧洗浄機を買いました。それ以降は欲しいものも現れず、買っていません。
 購入時に会員登録したようで(よく覚えていない)、先日商品カタログが送られてきました。カタログにはたくさんの商品が載っています。いまは「利益還元祭」をやっています。ジャパネットたかたは祭りをよくやってます。家電まつり、エアコン祭り、そして利益還元祭です。テレビCMにはさだまさしと高橋みなみを起用しています。
 通販というビジネスは奥が深そうです。

Photo_20191114063401




| | コメント (0)

2019/11/13

アートスポーツの変貌

 ランニングシューズを買おうと、御徒町の「アートスポーツ」にいきました。店に入ってシューズはどこかなと店内をみると、1階にあります。前は2階だったのですが。さてシューズを選ぼうとすると、シューズの展示が違うことに気付きました。前はフルマラソンのタイム別に棚が作られそこにシューズが展示されていました。例えば「サブ4」とか「サブ3」とか、細かい区分けは覚えていないのですが、フルマラソンタイムに応じてシューズが置かれてました。
 でも、今の展示はそんなタイム別ではなく、ただズラッとシューズが置かれているだけです。それに個々の商品名、価格などが書かれた表示もありません。これは困った。長年アートスポーツのフルマラソンタイム順に並べられているシューズをみながら、どれを買うか決めていたのです。これじゃ、よく分かりません。
 アートスポーツ、どうしたんだろう。こんなことでは、シューズが買えないです。元のスタイルに戻してください。

| | コメント (0)

2019/11/12

SHIBUYA QWSというスペース

 いつも通り過ぎるだけの渋谷の街にいきました。目的は渋谷スクランブルスクエアで、15階にSHIBUYA QWS(渋谷キューズ)なるスペースがあり、ここでのイベントに参加するためです。「東京藝術学舎」で夜景を撮る講座に受講していて、講師の越中政人さんのアーティストトークをされるので、参加してきました。
 渋谷キューズは会員制のスペースで本来はするっと入れないのですが、今月オープンで今日までいくつかフリーのイベントをしています。越中さんの写真がこのスペースに展示されているため、アーティストトークは開催されました。
 越中さんは写真と動画で表現しているアーティストで、創作についていろいろ語ってくれとても刺激敵でした。
 また、渋谷キューズも面白いスペースです。簡単には会員にはなれなさそうなので、いい体験でした。

Photo_20191112090101

| | コメント (0)

«祝賀御列の儀、外苑前では