2022/08/18

いまどきのコンサートチケット

 最近は音楽フェスが人気のようで、シニア世代には実感できないところがあるのだが、先日久しぶりに開催されたFUJI ROCK FESTIVALは盛況に終わったようです。音楽コンサートや演劇のチケットはもっぱらネットでの購入が主流。先日、ダフ屋が儲からなくなっていると記事に書きましたが、紙のチケットが発券されない電子チケットでのコンサートも増えています。
 今週末にあるPerfumeのコンサートも既に電子で発券されています。このコンサートだけかもしれませんが、事前に席はわからず、入場のチェックイン後に指定されるシステムです。
 今月末にある矢沢永吉のコンサートチケットを買ってしまったのですが、今時点で発券されていません。もちろん席も分かりません。このようなやり方が当たり前になったようです。
 チケットぴあというブースがあちこちにあって、その前を通りかかると行列が出来ていた、という時代はもう過去のものなんですね。こんなこといくつもあるのでしょうが、時代はここでも変わっています。

| | | コメント (0)

2022/08/17

円安と本の購入

 映画「エルヴィス」を先月みた後、アマゾンをみていたら「Elvis '68 Comeback: The Story Behind the Special」をみつけました。映画では詳しく描かれていますが、1968年12月にアメリカで放送されたエルヴィスのテレビスペシャルのプロデューサー・Steve Binderが書いた本です。もちろん英語で書かれた本なのですが、日本のアマゾンで販売されています。
 米国が原籍の本、CDなどは米アマゾンで買ったほうが安い、ということがあります。で、米国のアマゾンでこの本をチェックしてみると、支払金額は日本のアマゾンで買ったほうが安そうです。米アマゾンで支払金額を円で確認すると、トータルな支払は日本アマゾンより高い。
 これは円安のためです。なにせ1ドル130円を上回る為替レートです。いま、安いニッポンをいわれていますが、それを実感するアマゾンでの買い物。なんか、日本の衰退を感じます。

68-comeback-elvis





| | | コメント (0)

2022/08/16

すべてのエルヴィスのアルバム

 今日はエルヴィス・プレスリーの命日です。没後45年経ちました。例年は特に気にすることもないのですが、今年は映画「エルヴィス」の公開っもあり、聴いてみようと思い立ちます。
 エルヴィスのアルバムは膨大ですが、没後様々な編集ものや未発表音源を含むアルバムがでているためで、オリジナルアルバムは何枚あるのか。よく分からない(笑)。「The RCA Albums Collection by Elvis Presley」というボックスを持っています。オリジナルアルバムを紙ジャケ仕様でボックスに収めたものです。ディスクは全部で60枚ですが、アルバム未収録の音源をまとめたディスクが3枚あるので、オリジナルアルバムは57枚ということか。しかし、没後にリリースされた最後のライブアルバム「Elvis In Concert」は入っていません。
 ともかく、60枚もあるので、今日、全部聴くのは無理。お気に入りのアルバムを何枚か聴くことになりそうです。いまのナンバーワンは「GOOD TIMES」。このアルバムに収録「I Got a Feelin' in My Body」が「エルヴィス」で
効果的に使われていました。

The-rca-albums-collection-by-elvis-presl
Good-times

 

| | | コメント (0)

2022/08/15

ベジミートボール料理をつくる

 イケアのレストランでは定番のプラントボール。プラントベースのミートボール(のようなもの?)ですが、この冷凍をかなり前に買いました。「フヴドロル」という商品名で500グラムで699円です。冷凍庫にしまい込んでいて、気がつけば賞味期限切れが間近。慌てて料理に使いました。
 まずはプラントボールと茄子のトマト煮です。作り方は簡単です。プラントボールをフライパンで焦げ目をつけ、ここに茄子を加え炒め、カットトマト缶と水を加え煮込み、胡椒、トマトケチャップなど味を調えて完成です。
 プラントボールが残ったので、スパゲッティに。トマト煮と同じでプラントボールをトマト煮して、ここに茹でたスパゲッティを入れ、混ぜ合わせるだけ。簡単です。
 プラントボールはミートボールとほぼ変わらない食感です。きっとカロリーも控えめで、ヘルシーに違いないです。たまにはこんな料理もいいです。

Photo_20220815083601
Photo_20220815083602



| | | コメント (0)

2022/08/14

ダフ屋さんの今

 最近のコンサートチケットの買い方は、昔とは変わっています。基本はネットでぴあとかイープラスとかで、先行予約(抽選)などで早くから買うことを求められます。アーティストによってはファンクラブ先行予約なんてのもあります。
 昔はプレイガイドに朝早くから並んでかったものです。コンサート当日、会場の前には「券、買うよ」とか「おにいさん、いいチケットあるよ」と連呼しているお兄さん(なぜかお姉さんはいなかった)がいました。いわゆるダフ屋さんです。しかし、ダフ屋稼業も厳しいようです。
 一昨日の朝日新聞に、<「ダフ屋」稼業もコロナで苦境? 浅草の暴力団「解散」>という記事が。これによれば、
<東京・浅草を拠点とする暴力団「姉ケ崎会」が7月に組織の解散を他団体に通知していたことが、捜査関係者への取材でわかった。同会はプロ野球のチケットなどを転売する「ダフ屋」稼業を都内でほぼ独占していたとされるが、近年は思うような収入を得られていなかったことが背景の一つにあるとみられる。>(8月12日 朝日新聞)
 といいます。姉ケ崎会は、
都内ではダフ屋稼業を独占し、「ダフ屋と言えば姉ケ崎」とも呼ばれていた。十数年以上前は有名アイドルなどのコンサートやスポーツの試合などがあると、「アルバイトを雇ってはチケットを買い占めていた」(暴力団関係者)。>
 とされています。
 でも、電子チケットも増え、転売もできにくくなったのでしょう。コンサートのチケットを巡るビジネスも変わったようです。

202208

 

| | | コメント (0)

2022/08/13

下がらない燃料価格

 ずっと高いままですね、ガソリン価格。うちのクルマは軽油ですが、いつも入れている出光のセルフスタンドではこのところ(店頭表示価格)139円。でも、少し遠い出光のセルフでは132円です。うちからは3.5キロほどのところですが、リッター7円の価格差は小さくないんで、最近はわざわざそこにいってます。
 なぜ出光のセルフかといえば、[MYDO CARD]という出光のカードを持っているからです。かなり前、スタンドにいったとき勧誘されつくりました。このカードはアメリカンエキスプレスを選べるので、これにしました。カードを使うとガソリン価格が割引になります。ちなみに、いまは[apollostation card]になっています。
 先日、車内に放置していたレシートを整理しました。2016年のレシートでは軽油はリッター81円です。いまは出光のカードを使っても129円。約1.6倍、高くなりました。今さらながらクルマを持つことのコストを実感します。

1_20220813064701
202208-2

 


| | | コメント (0)

2022/08/12

東京オリンピックのレガシ―

 先日、NHKの番組(確か関東圏ローカル)で特集をしていて、東京オリンピック、パラリンピックに使われた大半の競技施設が赤字の見込みと報じられていました。今月Perfumeのコンサートでこけら落としとなる有明アリーナ以外は、どこも赤字予想です。
 競技施設の中で特に知られてないと思われるのが、海の森水上競技場にいってきました。ボート、カヌー競技の会場です。今年4月から施設としてオープンしています。今後、ボート競技を中心に活用されることを東京都は目論んでいるようです。
 ただ、NHKの番組で知ったのですが、ボート競技、トレーニングは前回のオリンピック(1964)の競技場である戸田漕艇場がいまでも拠点です。大学ボート部の合宿所、艇庫は戸田に集中していて、簡単に海の森水上競技場には移せないという事実があります。
 海の森水上競技場があるのは東京都江東区海の森。以前は住居がなかったのを2020年に海の森という住所をつけた場所です。埋立地なんですが、海の森水上競技場が出来なかったらどうするつもりだったのか。
 海の森水上競技場にいくには大変です。公式サイトでは<「国際展示場駅」から無料シャトルバス利用約15分 >とありますが、このバスは1時間に1本。ほとんどクルマでしか行けない。しかも最近住居表示がついたのでナビでは表示されず、スマホのGoogleマップで辿りつきました。
 建物には売店もなく、自販機が1台だけ。周辺はコンビニもありません。まあ、わざわざいく物好きもいないだろうけど。
 今月の20日、21日にはイベントがあります。SUP体験、親子カヌー体験はいいのですが、ノルディックウォーキング体験なんてのもある。人気なのかな。
 オリンピック競技場のレガシーとやら、どこまで維持されるのか。厳しそうです。

Dsc06136


Dsc06091







| | | コメント (0)

2022/08/11

暑さは続く

   相変わらず暑いです。昨日で東京の猛暑日は15日と最多記録を更に更新。これまでの記録は1875年の統計開始以来、歴代最多日数の13日を更新して、さらに新記録を重ねそうです。まだ、8月11日ですからね、あきれるしかない。
 コロナの新規感染者は昨日、
「 ANNの集計によりますと、全国で10日、新型コロナウイルスへの新たな感染者が初めて25万人を上回り、25万403人の感染が確認されました。過去最多を更新しています。」(8月10日 テレ朝ニュース)
 となっていますが、これさえ忘れそうな暑さです。
 暑さ指標には「暑さ指数」がこれも重要。
<暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。>(環境省のホームページより引用)
 過去データから「暑さ指数(WBGT)が28(厳重警戒)を超えると熱中症患者が著しく増加」するとのこと。今日、東京は午前9時の時点で29.4で厳重警戒レベル。午後には危険レベルマになる予想です。
 朝、6時台に走っていますが、ホントに暑い。今朝は気温が28度をこえ、湿度も高く、厳しい環境です。少しトレーニング量を減らしたほうがいいかも、と思う今日この頃です。

Photo_20220811095001









| | | コメント (0)

2022/08/10

歌姫、オリビア・ニュートン=ジョン

 今日の日経新聞・春秋に、
「誰しも初めて買ったレコードの記憶は鮮明だろう。ザ・ビートルズ、井上陽水、松田聖子……。それぞれに思い出がある中で、きのう訃報が伝えられたこの歌手という方もいるはずだ。オリビア・ニュートン・ジョンさんが73歳で亡くなった。」(8月10日 日経新聞)
 初めて買ったレコードはオリビアではなかったけど、新譜がでると必ず買っていました。
 1978年にはコンサートにいきました。会場はいまはなき横浜文化体育館でした。同じ年の夏には親にお金をだしてもらって語学研修とやらでサンタモニカにいっていました。この研修を同じく参加していた何人かとさぼり、ロサンゼルスにいきました。UCLAのそばにあった大きな映画館で「グリース」をみました。可愛いオリビアでした。
 昨年秋アルバム「フィジカル」40周年の「Physical [Deluxe Edition]」がリリースされました。オリジナルアルバムに加えてコンサート映像が収録されたアルバムで改めてオリビアの歌を聴き、実はとても上手いシンガーということに気づきました。1970年代、80年代の日本ではアイドル扱いだったので、じっくり歌を聴いていなかったのでしょう。偉大なシンガーでした。
「レコードとカセットテープの時代から動画配信の現代まで、長く愛された歌姫だった。」(日経新聞)

Olivia-newtonjohn


| | | コメント (0)

2022/08/09

Apple Musicの空間オーディオ

 先頃ネットでみかけた<矢沢永吉が全楽曲サブスク解禁。Apple Musicで空間オーディオ楽曲配信>に「空間オーディオ」に引っかかりました。これは何だ? Appleサイトには、
「ただ映画やビデオを観るだけでも、空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングで映画館さながらのサウンドを体感できます。まるで全方位から音に包み込まれるかのような感覚です。」(Apple公式サイトより)
 とあります。これだけではよくわからないのですが、空間オーディオはドルビーアトモス(Dolby Atmos)の技術を使ったオーディオサービスということがネットを検索してわかりました。空間オーディオを楽しむためのデバイスはAppleのサイトにアップされています。iPhoneとかiPadでAirPodsなどAppleのイヤフォンを使えば楽しめるとのこと。
 iPhoneは使っているけどイヤフォンはソニーだよ。で、いくつかうちのオーディオで試してみました。いちばん音がよかったのが液晶ディスプレイにセットしているサウンドバー・ソニーのHT-X8500です。この製品はドルビーアトモスに対応しているので、iPhoneからブルートゥース 接続で音響を再生できます。
 それにしても「空間オーディオ」という名称はAppleがつけたのかな。オーディオを聴く環境も変化していて、付いていけません。

Yazawa



 

| | | コメント (0)

2022/08/08

映画「ELVIS」のサントラは2種類

 公式ホームページには大ヒットとある映画「エルヴィス」ですが、確かにそうかも(エルヴィスマニアは信じられないところがありますが)。でも今日(8月8日)でも例えばTOHOシネマ日比谷では3回の上映です。7月1日上映開始ですから、1ヶ月以上のロングランです。シネコン全盛の時代には不人気の作品はすぐに上映を打ち切られので、ヒットかな。
 映画のサントラ盤<ELVIS (Original Motion Picture Soundtrack)>も人気でアマゾンでは一時品切れでした。このサントラ盤ですがCDとダウンロードヴァージョンと内容が違います。CDは全22曲収録ですが、ダウンロードヴァージョンは37曲です。Apple MusicではCD発売前から公開されていたのですが、CDを買って曲数の違いに気づきました。
 これまではダウンロード版はCDでのボーナストラックがなく、これを含めて聴きたいのであればCDを買っていたのですが、この「常識」が通用しないということ。更に、CDは2200円に対し、ダウンロードは1800円ほどです。ダウンロードがずっとお得です。ただ、ダウンロード版をCDにするにはちょっと手間がかかりました。ダウンロード版37曲は1枚の音楽用CD-Rには収まらず、2枚組に。
 もう、CDという物質を所有して音楽を聴く時代ではないのかも。年寄りはついていけません。

Elvis-original-motion-picture-soundtrack



| | | コメント (0)

2022/08/07

ランニング市場でのアシックス

 ランニングシューズではNIKEの厚底が市場を席巻していますが、日本のアシックスも反撃しているようです。先日、日経新聞にアシックスの広田康人社長のインタビュー記事が掲載されていました。
 コロナ禍でランニング人口は増えているそうです。
「人々の健康志向が高まった一方で集団スポーツがしづらくなった。ランニングは人との距離をあけながらできるスポーツということで世界的に人気が出た」(8月4日 日経新聞)
 コロナ禍後も「「国内では過去に大きなブームが2度訪れたが、いずれも一段落した後もランニング人口は減らなかった。今回も減らないと思う」と広田社長はいいます。そして、
「コロナ禍後は中止していた大会も再開され、シューズを新調するモチベーションが生まれて商機となる。」
 とビジネスは拡大していきそうです。
 ランニングシューズの動向で重要な厚底へのアシックスの策は。
「我々は挑戦者の立場。ナイキに対抗して出した厚底シューズ『メタスピード』シリーズは6月に新モデルを出した。『頂上から攻めよ』という創業者の精神にのっとり、トップランナーのシェアを高めたい」
 とアシックスの厚底『メタスピード』に注力すると言います。
 でもなあ、メタスピード高いし。普段のトレーニングには使うにはもったいない。ずっとアシックスを履いているので、頑張って欲しいです。





 





| | | コメント (0)

2022/08/06

コンデジの終焉

 小型デジタルカメラがなくなりつつあります。今日の日経新聞の記事「小型デジカメ開発停止 パナHD、低価格モデル対象 ニコンはミラーレスに集中」(8月6日 日経新聞)によれば、
<カメラ大手が小型デジタルカメラの開発を相次ぎ停止する。パナソニックホールディングス(HD)は「LUMIX」ブランドの低価格機種の開発を停止した。ニコンも「COOLPIX」ブランドの小型デジカメの新規開発を取りやめた。>
 と小型デジタルカメラ(コンデジ)は新商品が望めない状況になっています。
「カメラ映像機器工業会(CIPA)によると2008年の世界出荷台数は1億1007万台に達した。」というマーケットが「21年の世界出荷台数は301万台と08年比で97%減の水準にまで落ち込んだ。」とコンデジの生産台数は激減しています。
 パナソニック、ニコンだけでなく、
<富士フイルムも1998年から展開してきた小型カメラのブランド「FinePix」の廃止を決め、既に生産を止めた。新商品も開発しないという。>や、<キヤノンは「IXY」の新商品を2017年以降は出していない。>という状況。ソニーは、<19年から「Cyber-shot」ブランドで小型デジカメの新商品は発売していない。>とこれも新商品は期待薄。
 ソニー「Cyber-shot」のRX100VIIをサブカメラとして使っています。2年半程前に買い、いいカメラなので毎日使っています。でも後継の新機種はないのかもしれません。
 コンデジが終わるのは、まもなくのようです。

Dscrx100m7














| | | コメント (0)

2022/08/05

NTTの電話サービス

 少し前ですがNTTから封筒での案内がきました。開封してみると<2024年以降の固定電話でのご案内>というパンフレットが同封されています。これを読むと、
「2024年以降の固定電話について、基本料金は現状通り、通話料金は全国一律に変わります」
 というのが要点です。
 遠距離通話は料金が高い、ということが刷り込まれていたのですが(実際の料金も高い)、これが全国一律になるということ。でも、いま固定電話で遠距離には電話をかけないです。これは固定電話の設備がIP網に変わることによるものです。
 これにともない、パンフレットには<2024年1月に終了するサービス>が載っています。サービスはいくつもあるのですが、知らないものも多いです。例えば、
「ナンバー・アナウンス」:「136」をダイヤルすると、着信した呼の日時と電話番号を5件まで案内するサービス
「トーキー案内」:録音再生装置を電話網に接続し、電話回線を介した情報案内を実現するサービス
「114(お話し中調べ)」:相手方の電話番号がお話中か受話器外しか等を調べるサービス
 など。
 NTTも古い時代のサービスを引きずっていたのです。時代は変わっています。

202207-ntt



| | | コメント (0)

2022/08/04

東京の猛暑日記録

 昨日も東京都心は最高気温36.1度で猛暑日でした。これで今年猛暑日は13日となり、過去最多の記録と並んだそうです。これまでの最多記録は1995年と2010年の13日です。
 1995年は暑かったです。この時代にはクールビズなんてありませんでした。クールビズは「2005年(平成17年)4月に行われた環境省の一般公募によって選ばれたものである。」(ウィキペディアによる)。
 当時は営業の仕事していたので暑い夏でもネクタイをして、スーツの上着は(とても暑くて着られないので)手に持って外回りをしていました。上着が汗でびっしょりになった記憶があります。ひどかった。
 2010年は夏に仕事でトラブルがあって、身体を壊しました。たぶん、暑さのせいです。
 今日はまだ8月4日です。猛暑はまだまだ続きそうで、猛暑日の新記録達成は確実でしょう。もういい加減にして欲しいと思っているのは、私だけか。高齢者には厳しい夏です。

| | | コメント (0)

2022/08/03

「ベイビー・ブローカー」が織りなす物語

 是枝裕和監督の「ベイビー・ブローカー」をやっとみてきました。是枝監督の最新作で、なおかつ韓国制作の映画です。公開当初は是枝監督もメディアに登場し、話題になっていたようですが、意外と注目されていない気がします。東京地区では今週末で公開を終了する館が多いみたいです。
 この映画は、
<「パラサイト 半地下の家族」の名優ソン・ガンホを主演に初めて手がけた韓国映画。子どもを育てられない人が匿名で赤ちゃんを置いていく「赤ちゃんポスト(ベイビー・ボックス)」を介して出会った人々が織り成す物語を、オリジナル脚本で描く。>(映画comより引用)
 で監督、脚本、編集を是枝裕和が手がけています。
 いい映画です。作品からは様々なメッセージが投げられていますが、それをどう解釈するかは見る側の自由。結論はひとつではないし、結論はないかもしれません。
 是枝裕和が日本語で書いた脚本を韓国語に翻訳し、これを韓国の俳優、スタッフらでの制作は、簡単なことではなかったはずです。しかし、素晴らしい作品に仕上がっています。俳優もソン・ガンホしか知らないのですが、どの人も好演です。撮影も確実に物語を伝えています。いい映画をみました。



| | | コメント (0)

2022/08/02

10キロ走るのもつらい

 ここのところ何回もかいている気がしますが、猛暑がひどい。
<今日2日(火)は西日本、東日本の広い範囲が太平洋高気圧に覆われ、夏空が広がります。各地で35℃以上の猛暑日となり、内陸部では40℃に達する所がある見込みです。>(ウェザーニューズより)
20220802

 朝5時頃起きたら、すでに気温は29度になってます。というか夜中もずっと高い気温のままだったのでしょう。

20220802_20220802084201

 気温、何度までならジョグしていいのか。個人差があるでしょうが、環境省の「運動に関する指針」では、28度から31度だと<警戒>で、「熱中症の危険が増すので、積極的に休憩をとり適宜、水分・塩分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休憩をとる。」とされています。
 また「暑さ指数」も重要。ジョグ開始時にはチェックしていなかったのですが、8時の時点では29.8。これは<厳重警戒(激しい運動は中止)>です。
 今日も東京では35度越えの予報です。厳しいな。


| | | コメント (0)

2022/08/01

ジャズファーストのライブ

 細かなことは覚えていないのですが、ブログつながりで知り合いになった方がミュージシャンをしています。元々は会社勤めをされていたのですが今は「トマソンズ」というユニットで活動されています。
「トマソンズ」のライブが横浜のジャズファーストで<トマソンズの夏>として開催されました。正直言ってジャスは苦手です。でも、ライブはいいですね。特に小さなスペースでのライブは演奏が迫ってくる感があり、楽しいです。
 ほぼ音痴のオジさんは楽器ができる人が羨ましい。いいなあ。


トマソンズ

20220731

 

 

| | | コメント (0)

2022/07/31

汗が滴るTシャツ

 暑いですね。一時、戻り梅雨みたいな気候だったけど、最近は夏真っ盛り。まだ7月なんだけど、各地で猛暑日予想です。
「7月最終日となる明日31日(日)は近畿から関東、東北南部で危険な暑さが予想されます。東京都心をはじめ広い範囲で35℃以上の猛暑日となり、38℃前後まで上がる所もある見込みです。」(ウェザーニュースより)
 早朝ランでも暑い。気温は4時台でも既に29度近い。そんな中、走り終えてTシャツを絞ると汗が滴り落ちます。9キロを7分をこえるペースなので、ハードなランではないんですが。
 これで今月はなんとか220キロを達成。これが限界かも。これ以上走ると、昼間疲れてスポーツクラブのレッスンをサボろうとする。真夏はあと1ヶ月以上あります。今年の長期予報も平年より高めです。おまけにコロナの新規感染者が爆発的に増えている。
 ちょっとサボってもいいかな、と思うこの頃です。

202207-runlog






| | | コメント (0)

2022/07/30

インターネットの発展とニフティ

日経新聞「私の履歴書」の今月はソニー・ミュージックエンタテインメント元社長の丸山茂雄さんが執筆しています。その中で2005年にアーティストが自ら楽曲を配信し、リスナーがダウンロードして聴く配信サイトの「mF247」を立ち上げたことを書いています。まだiPhoneが登場する前でネットでの音楽配信は未知の領域の時代。しかし「私はネットの素人だった。音楽と違ってIT(情報技術)のことはわからない」(127日 日経新聞)という状況で、いくつか策はうったが行き詰まります。
インターネットが成長する道のりでは様々なサービス、ビジネスが立ち上げられました。今ではなくなったものも数限りない。しかし、後世からみればいまのビジネスが成功している芽がたくさんあることも確かです。
当時富士通が提供したパソコン通信のニフティサーブも当時は先進的なサービスでした。パソコン通信があるから今のSNSも誕生し、発展したのでしょう。

このブログを始めたのは17年前、2004年の7月です。当時、ブログという新しいメディアとして注目され、面白そうなので始めました。当時、ブログのサービスを提供しているプロバイダーは少なく、アカウントを持っていたニフティのココログをみつけ、日記みたいなブログをやり始めました。
ニフティは(記憶が定かではないのですが)、1993年頃に会員になりました。モデムがついている富士通のワープロ「オアシス」を購入したことから、パソコン通信というものが出来ることを知りました。モデムを使い電話回線経由で通信する(いまからみれば)原始的な方法です。面白く、熱中して電話料金が2万円を超え、女房に叱られました(笑)。
いくつかのフォーラムに入り、オフ会も参加しました。最近のSNS社会でもオフ会があるようですが、どんな感じなんだろう。パソコン通信時代のオフ会とは違っているのかな。

パソコン通信からインターネットに時代が移行し、パソコンをめぐる状況も変わりました。勤務していた会社の関連企業がプロバイダーをしていたので、そちらでeメールとかを使うようになり、一時的にニフティはご無沙汰になりました。いろんなツール、ガジェトも買いました。先日、整理していたら昔のKindleを発見。もう使えないのかな。

Kindle-first
いろんなこともありましたが、先述したように2004年にココログを始めいままでお世話になっています。この記事が6588件目です。ニフティとの付き合いはけっこう長いです。これからのニフティがどのように発展するのか。興味津々です。






| | | コメント (0)

2022/07/29

anan×Perfume

 Perfumeで悩んでいます。来月から始まるコンサートのチケットをぴあで申し込んで、抽選なのでどうせ当たらんだろうと思っていたら当選。人気のグループなのに。
 でもコンサートは東京は有明アリーナのこけら落としコンサートです。まだ発表はされていませんが、ライゾマティクスがビジュアル、CGを担当することは確実でしょう。映像面でのコンサート演出も見ものです。
 一昨日、ニューアルバム「PLASMA」が発売されました。これに合わせてのコンサートですが、プロモーションも展開されています。最新号の「anan(アンアン)」ではスペシャルエディションとしてPerfumeの表紙版を通常号と合わせて発売。通常号はKis-My-Ft2が表紙です。
 スペシャルエディションだけど、近くのナチュラルローソンで売ってました。
 子供ほどの娘さんのコンサートにいっていいものか(この言い方がオジさんだな)。その一方で加山雄三のコンサートは外れです。さて、コンサートどうしようか。

20220727-anan-perfume2






| | | コメント (0)

2022/07/28

小伝馬町で「さよならはるのひかり」

 久しぶりに小伝馬町へ。目的はRoonee 247 Fine Artsでの「臼井愛子 写真展 さよならはるのひかり」です。作家の臼井さんとは昨年参加していた金村修さんの写真のワークショップでご一緒していました。ただ臼井さんは北海道にお住まいなのでオンラインでの参加でした。
 なので、作家さんご本人とは初対面です。臼井さんは学校にお勤めの中、フィルムカメラで撮影されています。仕事は多忙を極めているようですが、作品に対する情熱はすごいです。今回展示されているのは、中判カメラで撮影したネガを焼き、そのプリントに絵具を塗り込む「雑巾がけ技法」を使った作品です。プリントは色、画面のしっとり感、奥深さなど通常のモノクロプリントと違う独特の風合いです。
 展示は31日(日)までです。お時間あるかたはぜひ。


202207-1_20220728093101
202207-2_20220728093101






| | | コメント (0)

2022/07/27

日本の経済成長率は低いまま

 一昨日ですが、今年度の日本の経済成長率が下方修正されました。
<内閣府は25日、2022年度の実質成長率が2.0%になるとの試算をまとめた。1月に閣議決定した見通し(3.2%)を大幅に下方修正した。>(7月25日 日経新聞)
 実質成長率2.0%というのは低いのか、それなりなのか。
 今日の新聞ではIMFの経済成長率予測を報じています。
<国際通貨基金(IMF)は26日、世界経済の2022年の実質成長率見通しを3.2%に下方修正すると発表した。4月時点の前回見通しは3.6%だった。>
 ここも下方修正です。これは「歴史的なインフレとそれに対応する米欧の利上げ、中国のロックダウン(都市封鎖)が逆風となる。」とされています。
 下方修正したといっても3.6%→3.2%ですから、日本の2.0%より高いです。
 そして、来年(2023年度)の実質成長率は現時点で1.1%と予測されています。日本は、ほんとに成長しないなあ。





| | | コメント (0)

2022/07/26

島田陽子さん、亡くなる

 しばらくこの方の消息をきいていませんでした。女優の島田陽子さんが亡くなりました。女優・島田陽子との出会いは、高校生のとき。映画「初めての愛」をみました。東宝映画、監督は森谷司郎です。映画comから引用すると、
<“青春”そのものが、本来持っている光と影、やさしさ、ためらい。様々な角度から“青春”を掘りおこす。全編に流れる歌は、作詞、作曲小椋桂で自らが歌っている。脚本は「蒼ざめた日曜日」の井手俊郎、監督は脚本も執筆している同作の森谷司郎、撮影は「白鳥の歌なんか聞えない」の中井朝一がそれぞれ担当。>
 主演が昨年亡くなった岡田裕介と島田陽子。この映画をみたのは高校生のときです。ウィキペディアによれば、島田陽子にとっては最初の映画作品です。初々しい演技がいまでも心に蘇ります。
 1970年代の東宝映画、特に森谷司郎作品は心を動かされる作品がいくつもあるのですが、ほとんどがいまみることができません。残念です。
 ご冥福をお祈りします。


| | | コメント (0)

2022/07/25

ボクシングバンテージを買う

 スポーツクラブで格闘技系のKIMAXレッスンに参加しているのですが、マイボクシンググローブを持参してます。何年か前にクラブで斡旋してくれたものです。グローブを着けるのに軍手をしてからグローブを着けるのがルールになっています。レッスンではグローブと軍手は無料で貸し出されています。
 ボクシンググローブの着用には正式には(?)ボクシングバンテージを使用します。最近、これが欲しくなりネットで購入しました。着けるのは簡単なんですが、ちょっと問題が。バンテージを着けてグローブをはめるのは、いささかきつい。ボクシンググローブはWindyのものです。これはタイのブランドでムエタイ用に使うもの。ムエタイとボクシングのグローブが違うものなのかはよく分からない。
 先日、クラブのインストラクターさんに「グローブはMサイズとLサイズ、どちらを使っておられますか?」ってきかれました。グローブのサイズなど気にしたことはありませんでした。マイグローブをみるとMサイズです。ネットで調べるとグローブのサイズはM,Lのほか、オンスでも分かられている(このほうが本格派かな)。
 それにしてもバンテージをつけるとグローブの着脱に時間がかかります。レッスンの合間にグローブを外して、水分補給ということが時間的にできない。この問題、どうしようか。悩み中です。

Photo_20220725095701

| | | コメント (0)

2022/07/24

蜷川実花が花を撮る「瞬く光の庭」

 蜷川実花の個展が庭園美術館で開催されるというので、久しぶりに出かけてきました。<蜷川実花「瞬く光の庭」>
「コロナ禍の国内各地で昨年から今年にかけて撮影された、最新の植物の写真と映像をご覧いただきます。アール・デコ様式で装飾された当館の建築に、蜷川の作品を重ねることで、様々な時間の交差する場を出現させるものです。」(美術館の公式サイトより)
 とあるように、庭園美術館の建築と蜷川実花による美しい花、植物の写真が作り出す空間、そして窓からみえる景色が、独特の空間を生み出しています。アールデコ様式と蜷川の写真との相性の良さは、いささか意外です。
 また、新館のギャラリーでの動画は刺激的。複数のスクリーンに映し出される動画が重ね合わされ、魅惑的な空間が展開します。
 ところで、庭園美術館の新館って、いつできたんだろう。調べてみると2014年です。ひょっとしたら8年以上、このミュージアムにきていなかったのか(苦笑)。
 ともかく、写真ファンでなくても楽しめる展覧会です。

1202207
202207-2_20220724073201




 

 



| | | コメント (0)

2022/07/23

フランフランの扇風機

 街中でも扇風機を使っている人が増えました。携帯扇風機、卓上扇風機とかいわれているみたいですが、充電して持ち歩ける。家とかオフィスではUSBで使えるという商品。
 フランフランの扇風機を使っているのですが、この商品今は品切れです。このような商品は他にもたくさんあるようですが、フランフランは人気。販売予測を見誤ったのでしょうか。梅雨明けが早かったせいかもしれませんが、今時点で品切れは商売としては痛い。と言うか商機を逃しています。
 扇風機のオプションで「回転スタンド」を使っていました。この商品は給電しながら扇風機が回転するもの。デスクなので使うのには便利なもの。これが去年壊れて、補償期間は過ぎていたの買おうと思っているうちシーズンが終わってしまい、買い損ねました。
 そして今年。フランフランでは扇風機の本体は品切れですが、回転スタンドは売ってます。二子玉川の店舗で買ってきました。
 フランフランは企業としてはセブン&アイ・ホールディングスが株の半分を所有する会社でした。しかし、それも半分くらい売却。フランフランはセブン&アイ・ホールディングスにとっては魅力的な会社ではなかったということかでしょうか。
 自由が丘のフランフランは閉店してしまいました。いくつかのことからはフランフランは厳しいのではないかと推測しています。企業の運営は難しいですね。当たり前ですが。

Photo_20220723083401

| | | コメント (0)

2022/07/22

多様な表現「ゲハルト・リヒター展」

 ゲハルト・リヒターの個展「ゲハルト・リヒター展」(@東京国立近代美術館)は様々な表現手法での作品に、ときに戸惑い、時に驚き、時に感動する作品展です。ゲハルト・リヒターの個展は「日本では16年ぶり、東京では初めて、美術館で開催されます。」(公式サイトより)で、これは見逃せません。
 本展ではゲハルト・リヒターの
「フォト・ペインティングからカラーチャート、グレイペインティング、アブストラクト・ペインティング、オイル・オン・フォト、そして最新作のドローイングまで、リヒターがこれまで取り組んできた多種多様な作品を紹介。」(公式サイト)
 しています。単に抽象(アブストラクト)とくくっていたのでは、ゲハルト・リヒターの本質はなにも分からない、ということに作品をみながら気づきました。
 展示はいつもの出口側から入場し、入口側からでる逆回りになっています。平日ながら会場では若い人、特に女性の姿が目立ちました。
 近代美術館での展示の後は、豊田市美術館に巡回します。2つの美術館の展示でいくつかのパートでは作家本人が展示を決めているとのこと(音声ガイドで知りました)。豊田市美術館の展示もみたくなりました。
 必見の展覧会だと思います。

202207-1_20220720072401
202207-2_20220720072401



| | | コメント (0)

2022/07/21

「エルヴィス」を再びみる

「エルヴィス」をまたみてきました。女房がトム・ハンクスのファンでみたいというので、劇場に。渋谷の映画館でみたのですが、なんと上映前に完売です。封切りから20日が経って、まだこの状況は驚きです。
 前回みたときには(エルヴィスのマニアだからいいだろう)と予習なしにみたのですが、この映画の奥深さ、特に音楽、楽曲についての深さがわかり、勉強し直して(笑)、みにいきました。サントラのディスクはまだ発売されていないのですが、Apple Musicでは聴けるので予習しました。
 楽曲での深さは、例えば映画の冒頭に流れる「Cotton Candy Land」。この曲はエルヴィスの映画「It Happened at the World's Fair」(邦題『ヤング・ヤング・パレード』)の挿入歌です。エルヴィスがつまらないハリウッド映画を量産していた時代の作品で、その挿入歌をこの映画に使うことが新鮮。そして歌うのはスティーヴィー・ニックス&クリス・アイザック。スティービーのしゃがれ声ボーカルが最高だ。
 これを機会に、エルヴィスのミュージックに触れる人が増えるといい。そんな楽しみも与えてくれる「エルヴィス」のヒットです。

It-happened-at-the-worlds-fair

| | | コメント (0)

2022/07/20

「国民の僕」をみる

 Netflixで配信されている「国民の僕」を見終わりました。ウクライナのゼレンスキー大統領が、大統領になる前に主演したドラマで、大統領になったきっかけとも言われています。ゼレンスキー自らがプロデュースした作品で全3シーズン、49話と全体ではかなりの長さです。
 ゼレンスキーが大統領を演じ、様々な苦難を経て、ウクライナを国として成功させる物語。ドラマとしてはコミカルな味付けをされながら、シリアスなウクライナの国の実態が描かれている秀作だと思います。
 しかし、いまこのドラマを素直に楽しんでいいのか。躊躇するものがあります。終わりが見通せないロシアのウクライナ侵攻に、心が痛む「国民の僕」です。

| | | コメント (0)

«株主優待券の扱い方